« [映] ジゴロ・イン・ニューヨーク | トップページ | カフェ&キッチンバー 「マンジャ・ピエーノ」 »

2015年10月12日 (月)

[映] マイ・インターン

 若き社長の下に70歳の男性がインターンとしてやってくるということで、先日の「インターンシップ」とちょっと似ている設定かと思ったが、やっぱり違うね。

The_intern
 長年勤めた会社を定年退職した後、悠々自適の生活を送っていたベン。だが、やりたいことをやりつくしてしまった彼は、人との関わりを求めて、とある会社のシニアインターンに応募。そして、若き女性社長ジュールズの下で働くことになるが…

 ベン役にロバート・デニーロ。ジュールズ役にアン・ハサウェイ。ジュールズの部下役にアンドリュー・ラネルズ(「New Normal」のブライアン)、アダム・ディヴァイン(モダン・ファミリーのアンディ)。マッサージ師役にレネ・ルッソ。ジュールズの夫マット役にアンダーズ・ホーム。

 「インターンシップ」も、インターンにはどう考えてもちょっと年の行ったおじさんたちがインターンとして働いて、年の功を発揮するというお話だが、そちらとの一番の違いは、ベンは、お金に困っているわけではないと言うこと。仕事を得るために必死なわけではないのだ。仕事は定年まで勤め上げ、それなりの年収もあったようで、家もあり、金には不自由していない。ただぼんやりしているのはもったいないし、少しでも人の役に立てばいい、社会との関わりを持ちたいという、いわば道楽的な動機。何を言われても動じないし、自分にできることをする。かつては要職だったからと言って、変なプライドから威張り散らすようなこともなく、ベンは本当に紳士だ。

 この年代のおじ様方って、人にやってもらうことに慣れていて、気が利かない人も多いが、彼は実に周りをよく見ているし、どんなささいな仕事でも文句ひとつ言わずにやる。若い同僚たちの相談相手にもなる。彼のアドヴァイスは実に的確だ。

 そんなベンと、若き経営者ジュールズとの心温まるふれあいがほほえましい。こんな素敵なおじ様だったら私もお近づきになりたい。ベンがこの会社のインターンに応募した本当の動機も感動的だ。ちょっと笑えて、ちょっと切なくなる、素敵な作品。

|

« [映] ジゴロ・イン・ニューヨーク | トップページ | カフェ&キッチンバー 「マンジャ・ピエーノ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/62460448

この記事へのトラックバック一覧です: [映] マイ・インターン:

« [映] ジゴロ・イン・ニューヨーク | トップページ | カフェ&キッチンバー 「マンジャ・ピエーノ」 »