« [映] ペーパーボーイ 真夏の引力 | トップページ | [映] 42 ~世界を変えた男~ »

2015年11月11日 (水)

[映] オン・ザ・ロード

 うーん、これまた面白さがわからず。作家志望の青年の自由奔放な日々を描いたロードムービー。こちらも小説の映画化らしい。見ながらずっと頭の中でウィリー・ネルソンの「♪On the road again」が流れていたが、全く関係なかった。

On_the_road
 1947年、ニューヨーク。父親を亡くした、作家志望の青年サル。自由奔放に生きている青年ディーンと知り合い、彼に感化されて北米大陸を放浪する旅に出るが…

 サル役にサム・ライリー。ディーン役にギャレット・ヘドランド。彼の若い妻メリールー役にクリステン・スチュワート。次の妻カミール役にキルステン・ダンスト。友人夫妻役にエイミー・アダムス、ヴィゴ・モーテンセン。友人の彼女役にエリザベス・モス(ホワイトハウスのゾーイ、MAD MENのペギー、トップ・オブ・ザ・レイクのロビンなど)。

 サルは、ディーンと共に放浪の旅に出ることで、作品を書き上げる。彼にとっては意味のあるひとときだったと言えよう。だが、ディーンはどうか。

 女にだらしなく、次々と別の女性とつき合って、子供まで作るが働く気は全くなく、落ち着く気もない。いつも遊んでいたい、言わばお子ちゃまである。2人の違いが、最後のシーンではっきりするのだが、それを見せるための作品なの??

 製作総指揮はコッポラで、豪華キャストではあるが… 私には面白さがわからなかった。

|

« [映] ペーパーボーイ 真夏の引力 | トップページ | [映] 42 ~世界を変えた男~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/62656665

この記事へのトラックバック一覧です: [映] オン・ザ・ロード:

« [映] ペーパーボーイ 真夏の引力 | トップページ | [映] 42 ~世界を変えた男~ »