« [映] ミュータント・タートルズ | トップページ | [ド] マイノリティ・レポート »

2015年11月26日 (木)

[映] シークレット・パーティ

 キアヌが出ているから見たのだが…

Generation_um
 ヴァイオレットとミア、2人の美女の運転手ジョンは、安アパートに従弟と暮らす孤独な男。ある日、街中でパフォーマンス中の集団が撮影に使用していたビデオカメラを持ち逃げ。それを使い、身近なものを撮影し始めた彼は、ヴァイオレットとミアに密着取材!?

 ジョン役にキアヌ・リーヴス。ヴァイオレット役にボヤナ・ノヴァコヴィッチ、ミア役にアデレイド・クレメンス。ジョン行きつけのダイナーのウェイトレス、リリー役にサリタ・チョウドリー(HOMELANDのミラ・ベレンソン)。ポン引き(?)チャールズ役にダニエル・サンジャタ(グレイズ・アナトミーの看護師イーライ)。

 まず何が見せたいのか、何を言いたいのか、全くわからず。孤独な中年男と、2人のコールガールの物語なのだが、何かがあるわけでも何もなく、彼らの日常がただ描かれている。

 2人がコールガールというのは、WOWOW番組表のあらすじには書いてあるが、実際には最後の最後までわからない。なんとなくそんな感じではあるが、はっきり描かれているのはかなり後の方だ。

 ジョンがかなり孤独な中年男だということ、彼がなぜかビデオカメラを盗んで、撮影にはまること、2人を撮影し始めること、2人にはそれぞれ事情があってこういう仕事をしているということが、だらだらと描かれている。意味ありげだったダイナーのウェイトレス、リリーとは何も起こらず。ジョンの過去にも全く触れられていない。

 最後まで睡魔との闘いだった。

|

« [映] ミュータント・タートルズ | トップページ | [ド] マイノリティ・レポート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/62752981

この記事へのトラックバック一覧です: [映] シークレット・パーティ:

« [映] ミュータント・タートルズ | トップページ | [ド] マイノリティ・レポート »