« [映] 嗤う分身 | トップページ | [映] 7デイズ »

2015年12月28日 (月)

[映] 天才スピヴェット

 フランス、カナダ製作ということで、実はあまり期待していなかったのだが、「アメリ」の監督ということで独特の映像がとてもよかった。

The_young_and_prodigious_ts_spivet
 モンタナ州の牧場に生まれ育った10歳の少年T.S.。牧場を営む父、昆虫学者の母、思春期の姉、そして双子の弟レイトンと、大自然に囲まれて暮らしていた彼は、研究好き。毎日、周りの様々なものを研究してのびのびと暮らしていたが、あるとき弟を事故で失う。
 そんなある日、T.S.にスミソニアン博物館から電話が。彼の発明が、ベアード賞を受賞したので授賞式に来てほしいという。一度は断ったものの、授賞式に出席するため、ワシントンDCを目指して旅立つ。

 T.S.役にカイル・キャトレット(フォロイングのジョーイ)。母役にヘレナ・ボナム・カーター。父役にカラム・キース・レニー(バトルスター・ギャラクティカのレオーベン)。スミソニアン博物館の副館長ジブセン役にジュディ・デイヴィス。

 T.S.は天才だ。だが、彼の住む田舎では、誰もそのことに気づいていない。母は昆虫学者らしいが、父は牧場を営む男。科学とは無縁だ。姉は少し歳が離れているようなので、T.S.の一番の親友は双子の弟レイトン。いつも一緒に遊んでいた二人だが、事故で亡くなってしまう。それ以来、孤独を感じていたらしい。その辺はさらりと触れるのみなのだが、重要なカギだと言うことがあとでわかる。

 誰にも相談せず、一人でワシントンDC行きを決行したT.S.。10歳の少年が、誰にも相談せずに一人で遠出ってちょっと普通では考えられないけれど、強い意志で計画したことらしい。とても子供とは思えない頭脳と行動力だが、後に明かされる心の内はまだまだ少年だ。

 ちょっと変わった一家、その中でひときわ個性的な少年T.S.。彼の冒険と心の内がコミカルに、ほのぼのと、そしてちょっと切なく描かれている。

|

« [映] 嗤う分身 | トップページ | [映] 7デイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/62955258

この記事へのトラックバック一覧です: [映] 天才スピヴェット:

« [映] 嗤う分身 | トップページ | [映] 7デイズ »