« [映] タイム・チェイサー | トップページ | [映] 嗤う分身 »

2015年12月26日 (土)

[映] エクソダス: 神と王

 モーゼの十戒。壮大。長いが見応えある。

Exodus_gods_and_kings
 古代エジプト。セティ王の息子ラムセスと、兄弟同然に育った養子モーゼ。立派な青年に成長した彼は、王からも信頼されていた。奴隷として働くヘブライ人の様子を視察に行ったモーゼは、そこでヌンという男から、モーゼがヘブライ人であるという話を聞かされる。
 セティ王が亡くなり、即位したラムセスは、モーゼの噂を聞き、彼を国外に追放。モーゼは放浪の末、ある村にたどり着き、家庭を持つが、彼の前に神が現れ…

 モーゼ役にクリスチャン・ベール。ラムセス役にジョエル・エドガートン。セティ王役にジョン・タトゥーロ。モーゼの仲間になるジョシュア役にアーロン・ポール(ブレイキング・バッドのジェシー)。セティの妻役にシガニー・ウィーヴァー。ヌン役にベン・キングズレー。巫女役にインディラ・ヴァルマ(ROMEのニオベなど)。

 ストーリー展開はだいたいわかっているのだが、やっぱり壮大。立派に成長したモーゼとは対照的に、甘やかされておバカに育ったラムセス。それでも、兄弟同然ということで、モーゼに情があり苦悩するラムセスだが、巫女から聞いた、「この戦で自分を救った者が民を率いる」という占いが頭から離れない彼は、いつか自分が蹴落とされると考えている。つまりは信じていないということだろう。

 追放されたモーゼは苦難を乗り越え、自分の本当の同胞であるヘブライ人を救うために立ち上がる。

 占い師の言うことは信じないのに、神のお告げは信じるんだ、って感じもあるが… クリスチャン・ベール格好いいから、まぁいいか。

|

« [映] タイム・チェイサー | トップページ | [映] 嗤う分身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/62943070

この記事へのトラックバック一覧です: [映] エクソダス: 神と王:

« [映] タイム・チェイサー | トップページ | [映] 嗤う分身 »