« [映] シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア | トップページ | [映] 007 スペクター »

2015年12月 5日 (土)

[映] マップ・トゥ・ザ・スターズ

 ハリウッドに有名人のお宅見学にやってきた少女の物語かと思いきや、この少女ちょっと訳あり。ハリウッドセレブたちの裏の顔を描いた作品。

Maps_to_the_stars
 フロリダから単身やってきた少女アガサ。リムジンに乗り込み、運転手ジェロームにセレブの屋敷巡りをしてもらう。なんと、ネットでキャリー・フィッシャーと親しくなったというアガサ、キャリーのコネで、有名女優ハヴァナの個人秘書として働き始めるが…

 アガサ役にミア・ワシコウスカ。ハヴァナ役にジュリアン・ムーア。ハヴァナのセラピスト、スタッフォード役にジョン・キューザック。その妻クリスティーナ役にオリヴィア・ウィリアムズ(ドールハウスのデウィット)。彼らの息子で人気子役ベンジー役にエヴァン・バード。運転手ジェローム役にロバート・パティンソン。故人で有名女優、ハヴァナの母でもあったクラリス・タガート役にサラ・ガドン(ハッピー・タウンのジョージア)。キャリー・フィッシャーが本人役で登場。

 アガサは、顔や体に火傷の痕がある。体の傷は隠しているが、顔は隠しきれていないが、あまり気にしている様子はない。単身でLAへやってきた彼女は、スターの屋敷巡りをした後、コネを使って女優ハヴァナに近づく。一見、普通の女性だし、ハリウッドにあこがれてきたように見える。

 ハヴァナは、かつて人気女優だったようだが、今は落ち目。母クラリス・タガートの伝記映画を作ると知り、なんとしても母の役を得たい。だが、相手にされず。どうやら子供の頃、母との関係で何かあったらしく、彼女の亡霊に悩まされている。

 そんなハヴァナのセラピストがスタッフォード。とはいえ、かなり怪しげなセラピストだ。彼の息子は人気子役ベンジー。生意気なくそガキだ。

 アガサがハリウッドにやってきた目的が次第にわかってくるのだが、だが実は最後までよくわからない。華やかな世界の裏、ドロドロした部分を描いているが、アガサが何を考え、何をしたかったのかがわからなかった。


|

« [映] シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア | トップページ | [映] 007 スペクター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/62810356

この記事へのトラックバック一覧です: [映] マップ・トゥ・ザ・スターズ:

« [映] シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア | トップページ | [映] 007 スペクター »