« [映] セッション | トップページ | [ド] HERO 野望の代償 »

2016年3月26日 (土)

[映] バットマン v スーパーマン ジャスティスの誕生

 バットマンとスーパーマンがなんで闘わなきゃならないの… という疑問が、見て解けた。なるほどね。でも闘わなくてもよかった気はする… なんで「VS」じゃなくて「V」なのかなと思っていたのだが、もしかしてスーパーマンの頭文字Sと合わせて「VS」?

Batman_v_superman_dawn_of_justice
 スーパーマンが地球を守るために闘ったことで、甚大な被害を受けた街。その様子を目の当たりにしていたバットマンことブルース・ウェインは、スーパーマンを脅威に感じていた。そんな彼との闘いを想定し、唯一の弱点であるクリプトナイトを使った武器を密かに開発。
 レックス・ルーサーは、クリプトナイトを密輸し、武器の開発を目論むが失敗。クラーク・ケントの母マーサを誘拐し、彼を意のままに操ろうとするが…

 ブルース・ウェイン役にベン・アフレック。執事のアルフレッド役にジェレミー・アイアンズ(ボルジア家のロドリーゴ・ボルジアなど)。父トーマス・ウェイン役にジェフリー・ディーン・モーガン(グレイズ・アナトミーのデニー、スーパーナチュラルのジョン・ウィンチェスター、エクスタントのJDリクターなど)。クラーク・ケント役にヘンリー・カヴィル。ロイス・レイン役にエイミー・アダムス。レックス・ルーサー役にジェシー・アイゼンバーグ。母マーサ・ケント役にダイアン・レイン、父ジョナサン・ケント役にケヴィン・コスナー。編集長のペリー・ホワイト役にローレンス・フィッシュバーン。フィンチ議員役にホリー・ハンター。ダイアナ・プリンスことワンダー・ウーマン役にガル・ガドット。ゾッド将軍役にマイケル・シャノン(ボードウォーク・エンパイアのネルソン・ヴァン・オルデン)。スワンウィック将軍役にハリー・レニックス(ドールハウスのボイド、ブラックリストのハロルド・クーパーなど)。

 ベン・アフレックのバットマンってどうなんだろうと思っていたのだが、意外と悪くないかも。イメージとは違うけど。

 バットマンの世界と、スーパーマンの世界がつながるってちょっと不思議。それぞれの世界観があるわけで、お互いが、相手の事をどう思っているかが描かれているって面白い。それにどちらの母親もマーサとは知らなんだ。

 途中のストーリーは、それぞれの視点で周りが描かれているので、ちょっと複雑。レックスが騒動の発端だと思うが、彼の行動がすべて唐突な気がした。

 後半、2人のバトルはさすがに壮絶。ってか、あんなに街を破壊されちゃったら確かに迷惑だわ。

 結末はあんなだけど、信じてるよ。

|

« [映] セッション | トップページ | [ド] HERO 野望の代償 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63398144

この記事へのトラックバック一覧です: [映] バットマン v スーパーマン ジャスティスの誕生:

« [映] セッション | トップページ | [ド] HERO 野望の代償 »