« 第88回アカデミー賞授賞式2016 | トップページ | [ド] スーパーガール »

2016年3月 4日 (金)

[映] マネー・ショート

 アカデミー賞で脚色賞を受賞した話題作、さっそく見てきた。予想はしていたが、金融関係の話ということで、難しい業界用語が飛び交う。大半の人は頭に?連発だと思うのだが、わかりやすいように、ところどころに登場人物とは関係ない人たちが、カメラ目線で用語解説をしてくれている。なかなか面白い作風だ。

The_big_short
 住宅ローン債権の金融商品がもてはやされていた2005年、アメリカ。ちょっと変わった金融トレーダー、マイケルは、格付けの高い不動産抵当証券を調査していて、サブプライムローンが将来破綻するであろうことを見抜く。そこで、CDSと呼ばれる金融商品を大量に空売りして儲けようと目論む。
 マイケルの行動に気づいた若き銀行家ジャレッドは、ヘッジファンド・トレーダーのマークに、CDSに投資するよう持ちかける。
 個人投資家の青年2人組チャーリーとジェイミーは、偶然にもそのことをいち早く知り、投資を考え始める。アドバイスをもらうため、ご近所さんの元金融マン、ベンに話を聞くことに。

 マイケル役にクリスチャン・ベール。ジャレッド役にライアン・ゴズリング。マーク役にスティーヴ・カレル。彼の奥さん役にマリサ・トメイ。マークの部下役にヘイミッシュ・リンクレイター(クレイジー・ワンのアンドリュー)。チャーリー役にジョン・マガロ、ジェイミー役にフィン・ウィットロック(アメリカン・ホラー・ストーリー4のダンディ)。ベン役にブラッド・ピット。アホなモーゲージブローカー役にマックス・グリーンフィールド(ヴェロニカ・マーズのレオ)。格付け会社の女性役にメリッサ・レオ。用語説明役に本人役でマーゴット・ロビー(パンナムのローラ)、セリーナ・ゴメス。

 とにかく話が難しい。実際に起こった出来事だし、サブプライムローンが破綻したことは知っているが、それを予測して儲けた人がいたとは。原題は"The Big Short"。デカくて小さいってどういうこと!?と思ったら、「Short」というのは「空売り」のことだそう。なるほどね。となると、邦題がちょっとおかしな事になって来やしないかい?

 映画のチラシによると、「空売り」というのは、証券会社から株を借りて売却、株が下がったところで買い戻して利益を得ることを言うらしい。マイケルは、サブプライムローンの破綻をいち早く予測し、株が暴落するすると踏んで空売りして儲けようとしたのだ。このチラシ、とてもありがたい。

 マイケルは過去の出来事から、引きこもり気味のちょっと変わった男だが、トレーダーとしての才能は抜群。マークは、不正が許せない正義感で、場の空気に関係なく正しいと思うことを言う。ジャレッドはやり手の若手銀行家。ベンはかつて金融界で働いていたが、そういうことに嫌気がさして、郊外に引っ越してオーガニックにこだわった暮らしをしている。そして、偶然この動きに気づいた投資家の青年2人組。それぞれ個性的だ。

 実際の出来事ということで興味深いが、内容が難しくてついていくのに精一杯で、爽快感はなかったなぁ。お腹いっぱいな感じ。儲けたのに、浮かぬ表情のマークが印象的。失業した人、家を失った人が大勢出たんだから、当然だよね。

|

« 第88回アカデミー賞授賞式2016 | トップページ | [ド] スーパーガール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63297946

この記事へのトラックバック一覧です: [映] マネー・ショート:

« 第88回アカデミー賞授賞式2016 | トップページ | [ド] スーパーガール »