« [ド] HERO 野望の代償 | トップページ | ブランジェリ モザイク (パン屋) »

2016年3月26日 (土)

[ド] ボニー&クライド/俺たちに明日はない

 67年の映画「俺たちに明日はない」のドラマ版。ミニシリーズで、前後編の2話だ。元作品を見たのはずいぶんと昔なので、あまり覚えていないのだが、ちょっと雰囲気は違うのかも。

Bonnieclyde
 1930年代アメリカ。農場で生まれ育ったクライドは、兄と共に悪さをして育つ。9歳で熱病にかかって以来、未来が断片的に見えるようになったクライド。大人になったクライドは、潜り込んだ結婚パーティで、花嫁ボニーに一目惚れ。一方、夫に邪険にされていたボニーも、クライドに惹かれ、2人は強盗をするように。

 クライド役にエミール・ハーシュ。ボニー役にホリデイ・グレンジャー(ボルジア家のルクレシア)。クライドの兄バック役にレイン・ギャリソン。その妻ブランチ役にサラ・ハイランド(モダン・ファミリーのヘイリー)。新聞記者レイン役にエリザベス・リーザー(グレイズ・アナトミーのレベカ)。クライドの母役にデイル・ディッキー(マイ・ネーム・イズ・アールの売春婦パティ)。ボニーの母役にホリー・ハンター。クライドたちを追う男フランク・ヘイマー役にウィリアム・ハート。

 ボニー&クライドって、フェイ・ダナウェイとウォーレン・ベイティのイメージが定着しているので、彼らを見ると若いなと思う。まぁ、こういうことするんだから、若さがないとね。

 元作品の詳細を覚えていないのだが、このドラマの作りは、単に2人が出会って強盗をするというだけにとどまらず、クライドが未来の断片を見ることができるということで、ちょっとミステリアスな雰囲気になっている。

 彼は、自分の末路についてなんとなく感じるモノがあり、何度もやめようと考えるが、そのたびにボニーに引き留められる。ボニーはただ単に注目を浴びたいだけで、深く考えていない気がする。

 そもそも、盗みに入るたびに失敗して刑務所送りになっているクライド。向いていないんだと思うが、なんで全うに働こうと考えないのか。と、ついつい母親目線… 

 リメイクする必要があったのか、ちょっと疑問。

|

« [ド] HERO 野望の代償 | トップページ | ブランジェリ モザイク (パン屋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] ボニー&クライド/俺たちに明日はない:

« [ド] HERO 野望の代償 | トップページ | ブランジェリ モザイク (パン屋) »