« 蓮華寺池公園の藤2016 | トップページ | 藤枝おんぱく2016 第1弾:カクタスハウスでディナー »

2016年4月24日 (日)

[映] ゾンビ・マックス/怒りのデス・ゾンビ

 この邦題は、明らかに「マッドマックス/怒りのデス・ロード」を意識したと思われる。だいたい、何も「マックス」じゃないし、デス・ゾンビってなんだよ、そもそも死人じゃん。原題は"Wyrmwood"で、作品中でのセリフによると、聖書に出てくる星(?)の名前で、それが地球に落ちてきて破滅が始まるという不吉な流れ星とのことらしい。ま、それを邦題にしてもわからんけどね。

Wyrmwood
 オーストラリア。妻娘と暮らす男バリーは、夜中に突然自宅でゾンビの襲撃に遭う。同じ頃、バリーの妹ブルックは、友人といるときに友人が突然ゾンビ化。バリーにすぐ逃げるよう電話するが、その後、武装した男たちに連れ去られる。家族とともに車で逃走したバリーだったが、途中で娘と妻がゾンビ化。一人でさまよっているところでベニーと出会う。二人は、ブルックを探すが…

 バリー役にジェイ・ギャラガー。ブルック役にビアンカ・ブレイディ。ベニー役にレオン・バーチル。バリーたちが立ち寄った家にいたフランク役にキース・アジウス。

 いろいろなゾンビ映画があるが、昼間はノロいのに夜になると動きが速いゾンビってのは初めてじゃないか? しかも、吐く息が燃料になるとか、ゾンビを操れるとか、なかなか斬新なアイデアかもしれない。

 妻子を失ったバリーは失意のどん底で自殺を考えるが失敗。思い直して妹ブルックを探しに向かう。一方ブルックは、友達がゾンビ化し、なんとか逃げたものの、武装した男たちに連れ去られる。ゾンビたちと一緒に監禁され、拘束される。怪しげな科学者のような男が、ゾンビから採取した血液をブルックに注射。その後、ブルックから何かを取り出そうとするが、その前に反撃して逃げ出したブルックには、ゾンビを操る力が!! A型Rh-の人は感染しないそうで、そういう人たちの血液から免疫を作ろうとしてたんだろうか? 詳しいことはわからないが、とにかくそれが原因で、ゾンビを意のままに操ることができるようになってしまったブルックって、もはや敵なし!?

 絶対なさそうな展開だけど、やる気満々で闘うバリーたちのコスチュームは、まさにマッドマックス。ゾンビ版マッドマックス=ゾンビ・マックスってタイトルも、悪くない気がしてきた!? 特別オススメはしないが、お暇な方はどうぞ。

|

« 蓮華寺池公園の藤2016 | トップページ | 藤枝おんぱく2016 第1弾:カクタスハウスでディナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63530446

この記事へのトラックバック一覧です: [映] ゾンビ・マックス/怒りのデス・ゾンビ:

« 蓮華寺池公園の藤2016 | トップページ | 藤枝おんぱく2016 第1弾:カクタスハウスでディナー »