« [映] イントゥ・ザ・ウッズ | トップページ | [映] ワイルド・ギャンブル »

2016年5月20日 (金)

[映] オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

 仕事を終え、車に乗り込んだ男はハイウェイへ。そこで運転しながら電話で会話する様子を86分延々と描くという、異色の作品。原題は"Locke"、主人公の名前だ。

Locke
 建設現場で働く男ロック。車に乗り込んだ彼は、ハイウェイへ。翌日の仕事をすっぽかし、自宅で待っている家族の元へも戻らず、ある場所へ向かっていた…

 ロック役にトム・ハーディ。顔が出るのは彼のみで、後は電話の相手である妻子、愛人、仕事仲間なので声のみの出演。愛人ベッサンの声役にオリヴィア・コールマン(ドクターWhoのローズのママ、セレブになりたくてのサイモンのママなど)。妻カトリーナ役にルース・ウィルソン。職場の同僚ドナルの声役にアンドリュー・スコット、ガレスの声役にベン・ダニエルズ。

 ほぼトム・ハーディの一人芝居だ。冒頭でビル建設中の現場が少し出てくるが、それ以外は運転席の彼の姿がほとんど。映像はほとんど変化ないが、切れ間なく電話をするロックの会話を聞いていると、彼の状況が次第にわかってくる。

 妻子があり、仕事も順調な彼は、かつて出張中に一度過ちを犯し、相手が妊娠。その相手が出産間近で入院。彼女の元へ向かっているのだ。家族を失う覚悟で妻に告白し、仕事も失う覚悟で同僚に任せて、愛人の元へ向かう男。

 その道中の様子しか描かれていないので、あとは想像するしかない。幸せな家庭がありながらなぜ浮気したのか。愛する妻子が自宅で待っているにもかかわらず、愛人を気遣って病院へ向かう彼は、何を思うのか。突然浮気の告白を受けた妻のショックは計り知れないし、突然大きな仕事を任された同僚だって困るだろう。そのショックや動揺の様子は、電話の声から想像するのみ。でも不思議と引き込まれる。

 でも、めっちゃ低予算のムービーだなぁ…

|

« [映] イントゥ・ザ・ウッズ | トップページ | [映] ワイルド・ギャンブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63659594

この記事へのトラックバック一覧です: [映] オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分:

« [映] イントゥ・ザ・ウッズ | トップページ | [映] ワイルド・ギャンブル »