« [映] ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠 | トップページ | [映] フレンチアルプスで起きたこと »

2016年5月28日 (土)

[映] サンドラの週末

 工場労働者の職場復帰をかける闘い。

Deux_jours_une_nuit
 夫と共働きで子供2人を育てている女性サンドラ。工場で働いていた彼女は、体調不良で仕事を休職していたが、復帰しようとしたところ解雇されてしまった。会社はサンドラの復帰か、ボーナスの支給かの選択を迫り、みなはボーナスの支給を選んだという。その際、主任からの圧力があったという話を聞き、再投票を求めたサンドラは、週末に同僚を説得して回るが…

 サンドラ役にマリアン・コティヤール。夫マニュ役にファブリツィオ・ロンジョーネ。サンドラと親しい同僚ジュリエット役にカトリーヌ・サレ。

 週末っていうと、普通は楽しい想像をするもんだ。タイトルからはそんなイメージを持っていたのだが、全然違うね、工場労働者サンドラの職場復帰のための奮闘を描いた作品だ。

 サンドラがなぜ休職していたのかはよくわからない。体調不良のようだが、それが何かの病によるものなのか、精神的なものなのか、はっきりとは語られていないが、どうも精神的にもろく、薬に頼っているらしい。突然の解雇を言い渡され、ショックで泣いてしまう。泣かないように薬を飲むが、薬の量は次第に増える。

 夫の給料だけでは生活できないらしい。ちょっと広い家に引っ越したことが原因らしいが、生活レベルを維持したいので公営住宅には戻りたくない夫。なんとしても妻に職場復帰してもらいたい。

 友人の説得でなんとか再投票の実施にこぎ着けるが、同僚を説得するのは容易ではない。みなそれぞれ生活が苦しく、ボーナスが欲しい。それを諦めてサンドラを復職させることにうまみがないと考える同僚も多い。弱気のサンドラは、説得して回ることを躊躇するが、応援してくれる同僚もいたりして、励まされることで次第に自信をつけていく。

 人ごとではないなと、見ながら思った。快く復帰を受け入れてくれた職場に感謝。

|

« [映] ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠 | トップページ | [映] フレンチアルプスで起きたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63695356

この記事へのトラックバック一覧です: [映] サンドラの週末:

« [映] ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠 | トップページ | [映] フレンチアルプスで起きたこと »