« [映] サンドラの週末 | トップページ | 料理教室「梅雨をのりきる おうち薬膳メニュー」 »

2016年5月28日 (土)

[映] フレンチアルプスで起きたこと

 フレンチアルプスへ、スキー旅行にやってきた一家を淡々と描くちょっと変わった作品。原題は"Force Majeure"、フランス語で「不可抗力」という意味らしい。なるほど。

Force_majeure
 休暇を楽しむためにフレンチアルプスにやってきたトマスとエバ夫婦と子供たち。スキーを存分に楽しんだ彼らは、テラスで昼食。だがそのとき、人工的に起こした雪崩が、予想外に大きくなって目前に迫ってきた! 突然の事に、子供を見捨てて我先にとその場を逃げ出したトマス。幸いにも大事には至らず全員無事だったが、それ以降、家族の間におかしな空気が漂い始める…

 トマス役にヨハネス・バー・クンケ。エバ役にリーサ・ローヴェン・コングスリ。友人マッツ役にクリストファー・ヒヴュ(ゲーム・オブ・スローンズのトアマンド)。

 スキー旅行を楽しんでいた一家は、とても仲よさそうだ。みんなで滑り、みんなで昼寝。最高の休暇だろう。だが、そんな一家を雪崩が襲う。まさにポスターのこのシーンだ。

 最初は遠くの山で人工的に起こした雪崩が起こり、のんきに携帯で撮影しながら鑑賞。だが、次第に大きくなり、目前に迫る。周りの人たちも逃げ始める。さてそんな時、どうするか。こういう時って、本性が出るね。

 この写真でわかるように、トマスは手すり側、隣に幼い息子が座っている。この状態で、息子をほったらかしにして自分だけ逃げる父親ってどうよ。その後、大事には至らず、何食わぬ顔でトマスは戻ってきて、何事もなかったかのように食事を続ける一家。私がエバだったら、その時点で夫を責め立てて喧嘩になっていると思うが、エバは何も言わない。

 だがこれをきっかけに、空気が変わる。夫婦の関係が気まずくなり、子供たちもおかしな気配を感じ始める。そんな様子が延々と描かれているのだが、展開がまったく予測不能で、最後まで目が離せなかった。

 なんだかちょっとヘンチクリンなお話だが、こういうことってあるかもねと思えた。最後のシーンはどういう意味があるのかよくわからないが、でも最終的にはなんだか丸く収まったみたいなので、よかったよかった。頑張れトマス!

|

« [映] サンドラの週末 | トップページ | 料理教室「梅雨をのりきる おうち薬膳メニュー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63697129

この記事へのトラックバック一覧です: [映] フレンチアルプスで起きたこと:

« [映] サンドラの週末 | トップページ | 料理教室「梅雨をのりきる おうち薬膳メニュー」 »