« [ド] アウトランダー2 | トップページ | [映] ゼロの未来 »

2016年6月11日 (土)

[映] リアル刑事(デカ)ごっこ in LA

 冴えない男たちが、警官のコスプレをしたところモテモテでいい思いをしたことから、勝手に警官として活動をしてしまい… というコメディ。それでいいんか??ってな気もするが、なかなか面白い。原題は"Let's Be Cops"。

Lets_be_cops
 オハイオからLAに出てきて数年のライアンとジャスティン。30歳までに成功しなければ、田舎へ戻ろうと約束していた2人は30歳目前にして、パッとせず。そんなある日、大学の同窓会へ出席した2人は、仮面パーティを仮装パーティと勘違いし、警官のコスチュームで参上。周りはみな仕事で成功しているのを目の当たりにして落ち込んだ2人だったが、帰り道、警官と間違えられ、ちょっとしたヒーロー気分を味わう。それに味を占めたライアンは、中古のパトカーを手に入れ、本格的に警官として活動しようと言いだし…

 ライアン役にジェイク・ジョンソン(「New Girl」のニック)。ジャスティン役にデイモン・ウェイアンズ・ジュニア(「New Girl」のコーチ)。本物の警官シーガーズ役にロブ・リグル。ジャスティンにお熱のウェイトレス、ジョジー役にニーナ・ドブレフ(ヴァンパイア・ダイアリーズのエレナ)。街のチンピラ、モッシ役にジェームズ・ダーシー。モッシと関わりのある男ブローリン役にアンディ・ガルシア。

 ライアンは、元フットボール選手で将来を有望視されていた男らしいが、怪我で挫折。その後、定職につかずにふらふらしているらしい。ジャスティンはゲームの開発者で、才能はあるようだが、どうも押しが弱く、社内での立場は弱い。そんな2人が、ひょんなことから勝手に警官としての活動を開始。だが調子に乗って街のギャングを怒らせてしまい… という展開だ。

 ちゃらんぽらんだったライアンが、警官の扮装をして周りから尊敬されるようになると、急にやる気を出してしまうというのは興味深い。警官に憧れるのはわかるし、なりたいのならば正攻法でいけばいいと思うのだが、とりあえず格好つけていい思いをしたいだけなライアンは、安易な方法を選ぶ。それが次第に本気モードに。案外向いてるのかもしれないなと思って見ていたので、この結末は納得。ちょっと不安だが。

 対して、特に警官に憧れているわけでも、やりたい訳でもないが、なんだかやめられなくなってしまったジャスティン。これをきっかけに自分に自信を持てるようになって、仕事にもいかせたのだから、結果オーライ?

 そんなことやっちゃってーと危なっかしい感じが楽しかった。

|

« [ド] アウトランダー2 | トップページ | [映] ゼロの未来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63762315

この記事へのトラックバック一覧です: [映] リアル刑事(デカ)ごっこ in LA:

« [ド] アウトランダー2 | トップページ | [映] ゼロの未来 »