« [映] めぐり逢わせのお弁当 | トップページ | [映] フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争 »

2016年6月25日 (土)

[映] 幸せになるための5秒間

 ひょんなことで出会った4人の物語。ほっこりできるイギリスのコメディだ。原題は"A long way down"。

A_long_way_down
 テレビの人気司会者マーティンは、スキャンダルが原因で仕事も家庭も失う。絶望した彼は、大晦日の夜、飛び降り自殺をするべく高層ビルの屋上へ。なかなか飛び降りられずにいると、次の順番を待つ女性モーリンが現れる。順番を譲り合っていると、若い女性ジェスと、青年JJも同じ目的でやってくる。結局、その日の自殺は諦めた4人には奇妙な絆が。そして、バレンタインデーまでの6週間は、自殺しないという誓約書を交わす。

 マーティン役にピアース・ブロスナン。モーリン役にトニ・コレット。ジェス役にイモージェン・プーツ(「禁断の関係」のプルー)。JJ役にアーロン・ポール(ブレイキング・バッドのジェシー・ピンクマン)。ジェスの父役にサム・ニール。マーティンの後釜キャスター、ペニー役にロザムンド・パイク。

 同じ場所で、同じ日、同じ時刻に自殺しようとして知り合った4人。なかなか無い出会いのパターンだ。それぞれに理由はある。マーティンはスキャンダルで全て失ったことによる絶望。モーリンは、障害のある息子の世話に疲れたのだろうか、孤独から。ジェスは恋人にふられたから。JJは脳腫瘍(後にウソとわかるが)。

 その場は思いとどまった4人には不思議な絆が生まれる。なぜかマスコミに知られてしまった4人は、インタビューを受けたりするが、騒動はなかなかおさらまらず。思い立って国外のリゾート地へ旅行へ行ってみるが…

 彼らのやっていることを冷静に見ると、何やってんだかと言う気もする。だが、どんなきっかけであれ、彼らには絆がうまれた。悩みを打ち明けあい、励ましあう。何かの時には駆けつけてくれる仲間。こういう存在は、生きていくうえでとても心強い。

 飛び降り自殺をすると、飛び降りた瞬間、後悔するらしい。その5秒間。そこを踏みとどまれば、生きる希望が見つかるかもしれない。飛ぶ前に、その時間を得られた4人。短い人生、大切に生きなきゃね。

|

« [映] めぐり逢わせのお弁当 | トップページ | [映] フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63827762

この記事へのトラックバック一覧です: [映] 幸せになるための5秒間:

« [映] めぐり逢わせのお弁当 | トップページ | [映] フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争 »