« [映] グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~ | トップページ | [映] カリフォルニア・ダウン »

2016年7月 2日 (土)

[映] はじまりのうた

 恋人に裏切られたシンガーソングライターの女性と、落ちぶれた音楽プロデューサーが出会い、素敵なアルバムを完成させるまでを描いた作品。ゲリラライブのような屋外演奏が素敵。

Begin_again
 かつては名プロデューサーだったものの、今やすっかり飲んだくれて落ちぶれた男ダン。仕事のパートナーから見放された彼は、偶然入ったライブハウスで、アマチュアシンガーソングライター、グレタの歌声を受けて感動。彼女の曲をプロデュースしたいと猛アタックするが、全く興味がないグレタ。彼女は共に音楽をやってきた恋人に裏切られ、イギリスへ帰ろうと考えていた…

 グレタ役にキーラ・ナイトレー。ダン役にマーク・ラファロ。グレタの旧友で音楽仲間スティーヴ役にジェームズ・コーデン。ダンの娘ヴァイオレット役にヘイリー・スタインフェルド。ダンの妻ミリアム役にキャサリン・キーナー。ダンのビジネスパートナー、ソール役にヤシーン・ベイ(モス・デフ)。グレタの元恋人デイヴ役にアダム・レヴィーン。どうも歌がうまいと思ったら、マルーン5のヴォーカルなのね! そしてデイヴが契約した会社のCEO役にロブ・モロー(たどりつけばアラスカのジョエル・フライシュマン)。

 ダンは、音楽プロダクションをパートナーと共に立ち上げた男らしいが、今や見る影もなく、飲んだくれて怠惰な生活を送っている。妻子もいるが、家を出て一人暮らし。娘とはたまに会うだけ。でも、かつては名プロデューサーだったのだろう、グレタの素朴な歌とギターを聞いて、すぐにピアノやストリングスなどの演出を頭の中で展開。これは素晴らしい曲になると直感する。

 グレタは、恋人デイヴと共に音楽を作っていたが、デイヴの曲が映画?の挿入曲となってヒットしたことをきっかけに、二人でNYへ。契約して本格的にCDを作り始めたデイヴに対して、することがないグレタは、次第に孤独を感じるように。その挙げ句、デイヴは会社の若い女性と浮気。家を飛び出し、旧友スティーヴのアパートに転がり込む。もうNYにいる意味はないと感じたグレタは帰国を考えるが、スティーヴが出演しているライブハウスに無理矢理連れて行かれ、自作の曲を歌うよう仕向けられ… それをダンが聞く。

 二人が出会い、アルバムを作ることになるが、スタジオを借りるお金はない… ということで、NYのいろいろな名所でライブ演奏したものを録音することに。このゲリラライブのシーンがとても楽しい。あるときは屋上で、あるときは路地裏で、あるときは地下鉄のホームでと、本当にそこいら中で勝手に演奏。警官に追われて機材持って逃げるシーンも楽しい。ベーシストが使っているベースがヘフナーのバイオリンベースってのも超うれしい。

 恋人に連れられてやってきたNYで、ひとりぼっちになってしまったグレタは、このアルバム制作で、たくさんの同志に恵まれる。仲間ってすばらしい。共通の目的を持った素敵な仲間。彼らの作り出す音楽はとても心地よい。音楽っていいね。私もゲリラライブやってみたい。

|

« [映] グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~ | トップページ | [映] カリフォルニア・ダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63860130

この記事へのトラックバック一覧です: [映] はじまりのうた:

« [映] グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~ | トップページ | [映] カリフォルニア・ダウン »