« [映] アドレナリン | トップページ | [映] チャイルド44 森に消えた子供たち »

2016年7月17日 (日)

[ド] クワンティコ/FBIアカデミーの真実

 Dlifeで始まったドラマ。クワンティコとは、FBI捜査官を養成するFBIアカデミーのある場所。そこで研修を終えたばかりの新米捜査官に、テロリストの容疑がかかるというストーリー。

Quantico
 母親には内緒で、FBIアカデミーのあるクワンティコへ向かったアレックス・パリッシュ。仲間と共に過酷な訓練に耐え、FBI捜査官となった彼女は、警備任務で爆破テロに巻き込まれてしまう。さらになぜかテロの首謀者の容疑がかかってしまい…

 アレックス役にプリヤンカ・チョープラー。同期のメンバー、ライアン・ブース役にジェイク・マクラフリン(ビリーブのテイト)。シェルビー役にジョアンナ・ブラッディ。サイモン役にテイト・エリントン。アカデミーの次長ミランダ役にアーンジャニュー・エリス(メンタリストのハイタワー)。教官オコナー役にジョッシュ・ホプキンス(ペッパー・デニスのバブコック、プライベート・プラクティスのDr.バーンズなど)。#1でアレックスを取り調べするFBI捜査官ヒメネス役にアンソニー・ルイヴィヴァー(サード・ウォッチのカルロス・ニエト、サウスランドのルセロなど)。

 クワンティコ→FBIアカデミーというのは、映画や海外ドラマ好きにはよく知られた事実。ドラマにもよく取り上げられるが、このアカデミーでの研修自体を描いたものはあまり多くないかもしれない。

 アレックスは、母親には内緒でアカデミー入りする。その理由はすぐにわかる。亡くなった父についての真相を知るために入ったらしい。同期のライアンとちょっと親しくなるが、彼もただの研修生ではないことがわかる。研修中にハプニングもある。

 研修を終えたアレックスは、警備任務で爆破テロに巻き込まれる。だが、なぜかテロの首謀者と疑われる。さらに研修仲間の中に仲間がいると思われ、研修中のできごとを思い出すよう言われる。そこで研修当時を思い出すという形で、現在と過去が交互に描かれている。#1だけでもかなり盛りだくさんで見応えあった。

 アレックスはどうやらハメられたらしい。真犯人は別にいるはず。怪しい人物は確かにいる。研修時代を思い出しながら、犯人を突き止め、自らの潔白を証明するというストーリーになるようだ。

 シーズン1が22話。今年シーズン2を放送する予定らしい。楽しみだ。

|

« [映] アドレナリン | トップページ | [映] チャイルド44 森に消えた子供たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63929027

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] クワンティコ/FBIアカデミーの真実:

« [映] アドレナリン | トップページ | [映] チャイルド44 森に消えた子供たち »