« [映] 名もなき塀の中の王 | トップページ | [映] ロンゲスト・ライド »

2016年7月30日 (土)

[映] ラブ&マーシー 終わらないメロディー

 ビーチボーイズの中心的存在、ブライアン・ウィルソンの伝記映画。全編を通してビーチボーイズの音楽が流れる。

Love_and_mercy
 1960年代カリフォルニアで一世を風靡したビーチボーイズ。だが、ツアー中にパニック発作を起こしたブライアンは、スタジオにこもって新たな曲作りに専念すると宣言。ツアーに出かける他のメンバーたちとの間に溝が生じ始める。
 1980年代、自動車販売店で働くメリンダと知り合い、つきあい始めるブライアンだったが、彼には重大な問題があった…

 60年代のブライアン役にポール・ダノ。80年代のブライアン役にジョン・キューザック。メリンダ役にエリザベス・バンクス。80年代のブライアンの主治医ユージーン役にポール・ジアマッティ。

 60年代のポール・ダノも、80年代のジョン・キューザックも、ブライアン・ウィルソンには全く似ていないと思うのだが、どちらも熱演なのでまぁいいか。彼の苦悩を描いた作品だ。

 人気絶頂の彼らだったが、同じ事をずっと続けていくことに疑問を感じ始めたブライアン。ツアーに出かけることが負担になってきたこともあり、スタジオにこもることを宣言。創作活動に励む。だが、全力で作ったアルバムがヒットせず。ドラッグの影響もあり、次第に精神を病むように。

 一転、80年代のブライアンは、ちょっと変わったおじさんだ。メリンダと出会い、つきあい始めるが、彼の傍らにはいつもユージンがいて見張っている。行動も制限されていて、大量の薬を飲まされていることも知り… という展開。そうか、そんなことがあったのか…

 ビーチボーイズの音楽制作過程も見られて興味深い。夏、ビーチボーイズの季節だね。

|

« [映] 名もなき塀の中の王 | トップページ | [映] ロンゲスト・ライド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63987333

この記事へのトラックバック一覧です: [映] ラブ&マーシー 終わらないメロディー:

« [映] 名もなき塀の中の王 | トップページ | [映] ロンゲスト・ライド »