« [ド] ラッシュアワー | トップページ | 北イタリア料理 リストランテ「イルチェントロ」 »

2016年7月23日 (土)

[映] ベルファスト71

 1971年、紛争が激化していたアイルランドを舞台にしたサバイバルサスペンス。原題はズバリ "'71"。

71
 1971年。新人のイギリス人兵士ゲイリーは、初任務でベルファストへ。そこでは、イギリスからの分離独立を目指すカトリック系と、イギリスとの連合維持を望むプロテスタント系住民たちが、激しく対立している場所。治安維持のために駆り出されたゲイリーたちだったが、すぐに暴動が始まり、目の前で同僚が射殺されてしまう。すぐに犯人を追いかけるゲイリーだったが、逆に過激派から追われ、1人街中をさまようことに…

 ゲイリー役にジャック・オコンネル。アイルランド兵の上官ブラウニング役にショーン・ハリス(ボルジア家のミケロット)。

 ゲイリーは新米兵士で、訓練を終え、初任務でベルファストへ。どうやら両親は他界しているらしく、幼い弟が施設にいる。何も知らずにベルファストへ行ったものの、すぐに暴動に巻き込まれ、少年に銃を奪われる。直後、隣に立っていた同僚が射殺される。犯人を追うが、逆に銃で追われ、街中を逃げ回るゲイリー。土地勘もないので、この時点ですっかり迷ったはず。

 夜になり、プロテスタント系の少年に声をかけられ、バーへ。そこではプロテスタント系の男たちが爆弾を作っていた。IRAに仕返しをしようと目論んでいる。だが、持ち運ぶ際に誤爆させてしまう。偶然、近くを離れて外に出ていたゲイリーは助かるが、男たちの中に兵士もいたことから、目撃した情報を他言されることを恐れたアイルランド兵たちからも追われるハメに。

 誰にも頼れない中、全く知らない土地で、怪我を負いながら必死で逃げるゲイリー。住民がお互いを殺し合うアイルランド。子供も巻き込まれる。カトリックとプロテスタントという宗派の違いこそあれ、キリスト教徒同士が、殺し合うなんて。結末に釈然としない思いを残す。今は平和になったのだろうか。中東にも平和が訪れることを祈る。

|

« [ド] ラッシュアワー | トップページ | 北イタリア料理 リストランテ「イルチェントロ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63955048

この記事へのトラックバック一覧です: [映] ベルファスト71:

« [ド] ラッシュアワー | トップページ | 北イタリア料理 リストランテ「イルチェントロ」 »