« [映] X-MEN:アポカリプス | トップページ | [映] ヴィジット »

2016年8月21日 (日)

[ド] 11/22/63

 なんだこのタイトルは? なんて読むんだろう? と思っていたら、「イチイチ・ニイニイ・ロクサン」と読めばいいらしい。原題の表記は"11.22.63"。ケネディ暗殺の日だ。スティーブン・キング原作の小説を、JJエイブラムズ制作総指揮でドラマ化。

11_22_63
 作家志望の高校の教師ジェイクは、ある日、なじみのダイナーで、店主アルの具合が悪いことに気づく。アルから頼み事をされたジェイクは、ダイナーのクローゼットに入ってビックリ。そこは1960年だった…
 クローゼットから60年のある日に行くことができると気づいたアルは、ケネディ暗殺を阻止すべく、何年も調査をしていたが、志半ばで病に。あとを引き継いで欲しいといわれ、渋々始めたジェイクだったが…

 ジェイク役にジェームズ・フランコ。アル役にクリス・クーパー。ジェイクが知り合う美女セイディ役にサラ・ガドン(ハッピー・タウンのジョージア)。過去の事件に関わる重要人物フランク役にジョッシュ・ディアメル(ラスベガスのダニー・マッコイ、バトル・クリークのミルト・チェンバレン)。

 ジェイクは作家志望らしいが、高校の国語の教師で生計を立てている。妻とは別居していたようだが離婚。ジェイクは社会人クラスも担当していて、生徒ハリーが、幼少期に悲惨な経験をしていたことを知る。父フランクが家族を殺し、ハリーも怪我を負ったらしい。それがどうやら1960年。まずはそれを阻止しようとするのかな?

 ダイナーの店主アルから不思議な話を聞かされ、暗殺阻止を引き継いでくれと言われる。そんな~、なんでオレ?ってのが正直なところだろう。だがアルはすぐに他界。ジェイクは決意する。

 クローゼットから別の世界へってのはナルニア国物語みたいだが、こちらは過去。しかも、そこに居る間はそこの時間で生活できるが、一度戻ると次に行ったときにはすべてリセットされているらしい。そして、そこにはなぜか、彼がその時代の人間でないことを知る者がいる。戻ってくると、現代では2分しか経っていない。

 過去でアルが今まで調査したことを手がかりに、オズワルドについて調べ始めるジェイクだったが、何かしようとすると必ず何かが起こり、変えることを阻もうとする。

 彼が行ったのは60年。暗殺は63年。3年もその時代に居なければならないって、難しそうだが…

 今年始まった作品で全8話。って書いてあるのだが、スターチャンネルのサイトを見ると9話となっているね…

|

« [映] X-MEN:アポカリプス | トップページ | [映] ヴィジット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/64091185

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] 11/22/63:

« [映] X-MEN:アポカリプス | トップページ | [映] ヴィジット »