« [映] アデライン、100年目の恋 | トップページ | [映] ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー »

2016年8月 1日 (月)

[映] ファンタスティック・フォー

 マーベル・コミックのファンタスティック・フォー、新たなメンバーでのリブート作品。今回は、彼らが能力を身につけるまでを描いている。

Fantastic_four
 天才少年リードは、物質転送装置を発明。7年後、彼の能力を知ったストーム博士はリードに奨学金を出し、研究所へ呼ぶ。そこでは研究員ビクターと博士の養女スーたちが転送装置開発をしていた。博士の息子ジョニーも加わり、4人は転送装置を完成させるが、NASAに手柄を横取りされると知り、先に自らを転送して実績を作ろうと計画するが…

 リード役にマイルズ・テラー。スー役にケイト・マーラ(ハウス・オブ・カードのゾーイ・バーンズ)。ジョニー役にマイケル・B・ジョーダン。リードの親友ベン役にジェイミー・ベル。ビクター役にトビー・ケベル。ストーム博士役にレグ・E・キャシー(アウトキャストのガイルズ保安官)。

 前のキャストも好きだったので、なんでわざわざ新キャストで作り直すかなーと思っていたのだが、なるほど、もっと若い人が必要だったのね…

 小学生にして転送装置のアイデアを実行に移すリードはまさに天才少年だが、周りからは全く理解されず。唯一手伝ってくれたのは親友となったベン。彼の実家は廃品置き場なので材料を調達するのに好都合。

 そんな彼らが高校生となり、転送装置を完成させる。それを見たストーム博士がリードをスカウト。博士たちが手がけていた転送装置の開発に加わることに。さらに博士の息子ジョニーも加わってついに装置は完成するが、人での実験はNASAに任せるという流れに。自分たちが一番乗りしようと考えていた彼らは、先に行っちゃえ~と見切り発車して失敗。

 それにしても、彼らが転送した先は、どこなのだろう?? 異次元と言っているが、どこなのか、なぜ奇妙なエネルギーがあるのか、謎は多い。

 4人がパワーを身につけ、チームとなって終了だが、続編はできるのかな~? せっかくのキャストなので、何か作って欲しい気もするが、となると以前のキャストの作品との違いを何か出さないとね。

|

« [映] アデライン、100年目の恋 | トップページ | [映] ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/63999209

この記事へのトラックバック一覧です: [映] ファンタスティック・フォー:

« [映] アデライン、100年目の恋 | トップページ | [映] ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー »