« [映] コンフェッション ~ある振付師の過ち~ | トップページ | お盆に東京帰省2016 ~大妖怪展 with 伯母~ »

2016年8月 9日 (火)

[映] かけがえのない人

 「きみに読む物語」、「ロンゲスト・ライド」の原作者ニコラス・スパークスによる小説の映画化。切ないラブストーリーを書く人ね。高校時代の恋人と20年ぶりに再会というラブストーリー。

The_best_of_me
 石油採掘技師ドーソンは、事故にあうが奇跡的に助かる。その直後、恩師タックの訃報が届き、遺品整理のためにタックの家へ。同じく連絡を受けてやってきたアマンダと21年ぶりの再会。高校時代、恋人同士だったが、あることをきっかけに破局していた2人。再会で想いが再燃するが…

 現在のドーソン役にジェームズ・マースデン。21年前のドーソン役にルーク・ブレイシー。現在のアマンダ役にミシェル・モナハン。21年前のアマンダ役にリアナ・リベラト。タック役にジェラルド・マクレイニー(デッドウッドのジョージ・ハースト、ジェリコのジョンストン・グリーン、サウスランドのヒックスなど)。アマンダの父役にジョン・テニー(ブルックリン・サウスのドノヴァン、ブラザーズ&シスターズのサイモン・クレイグ、クローザーMajor Crimesのフリッツ、スキャンダルのアンドリュー・ニコルズなど)。

 21年ぶりに再会した2人。かつては恋人同士で、将来のことも話し合った仲。再会した2人の恋と、過去の恋が同時進行で描かれている。彼らがなぜ破局したのか。そしてなぜ再会することになったのか。

 奇跡的に助かったドーソンは、何か意味があるのではと考える。その直後、かつての恋人と再会。このために助かったのかと思う。ある意味そうかもしれない。だがもっと他の意味があったとわかる結末は切ない。

 最後がなんだかあっけない気もするが、素敵なストーリー。ただね… 現在のドーソンと、過去のドーソンが、どう見ても同一人物とは思えないのよね… 年取って縮んだ???

|

« [映] コンフェッション ~ある振付師の過ち~ | トップページ | お盆に東京帰省2016 ~大妖怪展 with 伯母~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/64036350

この記事へのトラックバック一覧です: [映] かけがえのない人:

« [映] コンフェッション ~ある振付師の過ち~ | トップページ | お盆に東京帰省2016 ~大妖怪展 with 伯母~ »