« [ド] アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件 | トップページ | 映画のあとは中華「ロンフーダイニング」 »

2016年9月22日 (木)

[映] ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years

 ビートルズのドキュメンタリー映画。初めてムビチケなる前売り券を購入、事前に座席をしていての鑑賞。東宝系での上映となっているが、一番近い静岡東宝会館は昔ながらの映画館で座席指定ができないため、ららぽーと磐田へ。

 何年ぶりだろう、ららぽーと。さすがにシネプレとは違って規模が大きいし、お客も多い。

Img_4524
 あちこちにポスターがあってうれしいなぁ。チラシが手に入らなかったのが残念だけど、パンフ買っちゃうもんね。

Img_4540
Thebeatleseightdaysaweek
 このタイトル、ビートルズファンならみんな知っている曲のタイトルなのだが、週に8日働くほど多忙だったツアー時代のビートルズを表現するのにぴったりだ。当時の映像と、メンバーたちのインタビュー映像、当時ファンだった著名人たちのインタビューなどで構成されていて、最後にシェイ・スタジアムコンサートの映像が。

 これはもう、ファン必見という作品だと思う。デビューするなりヒットを飛ばしてアメリカに進出したころの彼らは本当にもう無邪気で、ツアーを楽しんでいる。曲を作り、アルバムを作り、コンサートで演奏して、映画も作る。毎日が新鮮で、クリエイティブな日々だったのだろう。

 そういう生活が続き、次第にツアーの時間が増え、ファンの行動も常軌を逸するようになってくると、警備も厳重になり、自由が利かなくなる。演奏を聴いている人はおらず、自分たちの演奏も聞こえない。音楽を聴かせるのではなく、単なる見世物となっている状況に我慢も限界になり… という様子が、彼らの表情でよくわかる。日本に来たのもそんな頃だろう。

 当時はこんな風だったと語るメンバーたちの言葉はとても貴重。今だからこそ言える事なのだろう。楽屋での様子、ホテルでの様子、スタジオでの様子など、貴重な映像もたくさんあったし、彼らの一番輝いていた時代を見られた気がする。

 当時、コンサートを見に行ったという有名人のインタビューも興味深い。少女時代、ジョンに夢中だったというシガニー・ウィーバー。彼らの曲を聴いて夢中になったというウーピー・ゴールドバーグは、白人とか黒人とかそういうことではなく、「ビートルズ」が好きだったと語る。お金がないのにお母さんがこっそりチケット代を工面してコンサートに連れて行ってくれた話など、泣けてくる。アメリカ南部では、まだ人種隔離政策で白人とそれ以外とで入り口が違っていたコンサートホール。そんな場所で演奏することを拒否した彼ら。それがきかっけで、人々の意識も変わり始める。

 この作品のプレミアを見たポールとリンゴの映像も話題だった。特にポールは、52年前に、映画「ハード・デイズ・ナイト」のプレミアの時に来ていたのと同じジャケットを着ていたことも話題に。同じ服が着られるってのもすごいが、ちゃんととってあるってのもすごいし、なにより、たくさんあるだろう服の中から、それが選べる(視野に入る)というのもすごいと思う。

 今までビートルズの映像はいろいろ見てきたが、彼らの演奏はやっぱり力強い。お互いの演奏が聞こえなくてもビッタリと合うチームワーク、そして絶妙のハーモニー。いつも一緒で仲が良かった4人の、一番楽しかった時代だろう。当時の思い出を語るポールの表情からもよくわかる。

 ビートルズファンは必見だが、ファンでない人にもぜひ見て欲しい。ビートルズの素晴らしさを感じて欲しい。良かった、本当に良かった。ロン・ハワード監督素晴らしい。

|

« [ド] アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件 | トップページ | 映画のあとは中華「ロンフーダイニング」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/64240366

この記事へのトラックバック一覧です: [映] ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years:

« [ド] アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件 | トップページ | 映画のあとは中華「ロンフーダイニング」 »