« [映] Dearダニー 君へのうた | トップページ | [映] 「僕の戦争」を探して »

2016年10月 4日 (火)

[ド] 殺人を無罪にする方法

 エミー賞やゴールデン・グローブ賞にノミネートされていて、気になっていた作品。Dlifeで放送が始まった。侮れないね、Dlife。グレイズ・アナトミーやスキャンダルの制作陣によるリーガル・サスペンス。

How_to_get_away_with_murder
 ロースクールで教鞭を執るアナリーズは、敏腕弁護士として実践もこなしているやり手。教室での厳しい講義に加え、学生たちを実際の裁判に駆り出し、教育。担当中の事件に関わらせ、優秀と見込んだ生徒5人を選びだし、彼らを実践で使う。
 3ヶ月後。大学キャンパスがお祭り騒ぎの夜、法学生のコナー、ミカエラ、ウェス、ローレルたち4人は、アナリーズの自宅から他殺体を運び出していた…

 アナリーズ・キーティング役にヴィオラ・デイヴィス。ウェス役にアルフレッド・イーノック。コナー役にジャック・ファラヒー。ミカエラ役にアヤ・ナオミ・キング。ローレル役にカーラ・スーザ。アッシャー役にマット・マクゴーリ。アナリーズの夫サム役にトム・ヴェリカ。

 まず、4人の学生が死体をどう処分するかでモメているところからはじまる。何があったのかは定かではないが、他殺体があり、凶器がある。それを処分すべきか否かでもめている。結局、凶器の血を洗い流して元の場所に起き、死体を処分することに。

 それからさかのぼること3ヶ月前、彼らはロースクールに入学、厳しいと有名なアナリーズ・キーティング教授の授業をとった生徒たちだとわかる。アナリーズは、教鞭を執る傍ら、弁護士としての仕事もしており、現在進行中の事件に生徒を巻き込む。その中から、優秀と認めた生徒5人を選び、実践で積極的に使う方針だ。冒頭の4人は、そのメンバーとわかる。なぜ4人なのかは不明。

 この死体が誰なのかは、#1の最後にわかるのだが、何が起こったのかはまだ不明。現在と過去とが同時進行で描かれるのだが、この描き方、「クワンティコ」に似てる。

 アナリーズは、殺人を無罪にする方法を生徒たちに教えている。証人の信用を落とし、証拠をかすませ、他の犯人の可能性を指摘する。強引に無罪にするのだ。これ、今放送中の「アメリカン・クライム・ストーリー」のOJシンプソン事件とも重なる。金さえあれば、無罪判決も買えるのか。

 シーズン1、2、3それぞれ15話。すごく楽しみ。

|

« [映] Dearダニー 君へのうた | トップページ | [映] 「僕の戦争」を探して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/64300370

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] 殺人を無罪にする方法:

« [映] Dearダニー 君へのうた | トップページ | [映] 「僕の戦争」を探して »