« 音楽教室発表会2016 in 富士市 | トップページ | [ド] ダウントン・アビー6 #10 最終話 »

2016年10月12日 (水)

[映] ザ・ウォーク

 高層ビルにロープを張って綱渡りをした男の物語。と言うのは知っていたが、ビルの間を渡るだけでどうやって話を展開するのかなと、全く期待していなかった。だがこれはすごい。実話ってのもすごい。ロバート・ゼメキス監督。

The_walk
 子供の時に見たサーカスの綱渡りに惹かれ、綱渡りを始めたフィリップ。そして芸人になるべくパリに上京し、大道芸人として生計を立てるように。そんなある日、ニューヨークに世界一の高さを誇る2つのビル、ワールド・トレード・センターが建設中でアルことを知る。そのビルの間にロープを張って綱渡りをすることを夢見るように…

 フィリップ役にジョゼフ・ゴードン・レヴィット。彼の師匠パパ・ルディ役にベン・キングズレー。フィリップの協力者アニー役にシャルロット・ルボン、ジャン・ピエール役にジェームズ・バッジ・デール、アルベール役にベン・シュワルツ。

 フィリップがいかにして綱渡りをするようになったのか、ワールド・トレード・センターで綱渡りをすると言う突飛な計画を思いついたのか、そしてそれを実行に移したのかが描かれている。前代未聞の偉業を成し遂げたフィリップの物語であると同時に、ワールド・トレード・センターの物語でもある。

 まだ建設中のワールド・トレード・センター。開業する前に実行することにこだわっていたフィリップ。工事中に作業員に扮して徹底的に調査し、計画を練る。ロープを張るだけでも大変な作業だと言うのは、これ見て初めて知った。

 渡り始めてからもいろいろある。ただ向こう側のビルへ渡って終わりではないのだ。映像を見ているだけでも足がすくむ。映画館で見たらもっと怖かっただろうな。

 彼が渡ったこのビルはもう無い。見終わって不思議な余韻が残った。

|

« 音楽教室発表会2016 in 富士市 | トップページ | [ド] ダウントン・アビー6 #10 最終話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/64340039

この記事へのトラックバック一覧です: [映] ザ・ウォーク:

« 音楽教室発表会2016 in 富士市 | トップページ | [ド] ダウントン・アビー6 #10 最終話 »