« [映] アニタ ~世紀のセクハラ事件~ | トップページ | [ド] フーディーニ&ドイルの怪事件ファイル ~謎解きの作法~ »

2016年11月28日 (月)

[映] ヒトラー暗殺、13分の誤算

 1939年、ドイツのミュンヘンで実際に起きたヒトラー暗殺未遂事件を企てたのは、1人の家具職人だった…

Elser_2
 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールでヒトラーが毎年恒例の記念演説を行うことを知った家具職人エルザーは、会場に自作の時限爆弾を仕掛ける。すぐにその場を離れるが、行動を怪しまれたゲシュタポによって連行されてしまう。留置場で爆発音を確認したエルザーだったが、彼が爆弾の設計図を持っていたことから逮捕され、尋問されることに。しかも、爆発の13分前にヒトラーは退席していたことを聞かされたのだった…

  エルザー役にクリスティアン・フリーデル。人妻でエルザーの恋人エルザ役にカタリーナ・シュットラー。エルザーを尋問するネーベ役にブルクハルト・クラウスナー。ミュラー役にヨハン・フォン・ビューロー。先日の「顔のないヒトラーたち」ではいい役だったのにね。

 冒頭でいきなり暗殺失敗したエルザーは、逮捕され拷問されてしまう。彼がどういう人物で、なぜ暗殺を実行するに至ったのか、回想シーンというかたちで次第にわかってくる。この描き方、「スラムドッグ$ミリオネア」に似ているか。

 エルザーは器用な男だ。時計職人として働いていたが、実家が破産状態となり急遽戻ることに。家具職人として働きながら、音楽家として酒場で演奏したりもする。彼の故郷はスイス国境に近いのどかな田舎町。みんなのんびりと暮らしていたが、そんな場所にも次第にナチスが浸食。共産党員の友達は連行されて強制収容所送りに。ヒトラーの台頭に危機感を募らせるエルザーは、暗殺を決意する。

 暗殺が成功していたら… と思う。世界は間違いなく変わっていただろうに。

|

« [映] アニタ ~世紀のセクハラ事件~ | トップページ | [ド] フーディーニ&ドイルの怪事件ファイル ~謎解きの作法~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/64556671

この記事へのトラックバック一覧です: [映] ヒトラー暗殺、13分の誤算:

« [映] アニタ ~世紀のセクハラ事件~ | トップページ | [ド] フーディーニ&ドイルの怪事件ファイル ~謎解きの作法~ »