« [ド] リミットレス | トップページ | [映] バンクラッシュ »

2016年11月 1日 (火)

[ド] 犯罪心理分析官インゲル・ヴィーク

 WOWOWで一挙放送した北欧サスペンスドラマ。ベストセラー小説が原作だそうで、スウェーデン版クリミナル・マインドと言った感じかな。

Modus
 スウェーデン国家警察の元プロファイラー、インゲル・ヴィーク。かつてFBIでも仕事をしていたが、娘たちと過ごす時間を大切にするためスウェーデンに戻り、心理学研究の仕事をしている。
 クリスマス休暇中、インゲルは妹の結婚式に出席するため、娘たちや元夫と共に、ストックホルムのホテルに宿泊。その晩、同じホテルに泊まっていた料理研究家が男に刺し殺される事件が発生。インゲルの長女スティーナが偶然その現場を目撃してしまう。だがスティーナは自閉症で、そのことをうまく説明することができず。
 同じ頃、郊外で女性主教が刺殺される事件が発生。捜査担当となったスウェーデン国家警察のイングヴァールは、インゲルに捜査協力を依頼。

 インゲル・ヴィーク役にメリンダ・キナマン。イングヴァール役にヘンリク・ノーレン。

 インゲルは元プロファイラー。犯罪者の心理を分析するのが仕事で、FBIにもいたらしい。その辺、サラッと語られるだけで、ちょっとわかりにくいが、FBI時代の友人に協力を依頼したりと顔が広い。夫とは離婚しているようだが、関係は悪く無さそう。娘が2人いるが、長女は自閉症なので、扱いがちょっと難しい。そんなこともあり、家族の時間を大切にしようと、FBIの仕事を辞めて、研究の道へ。

 なので、警察で働くと言うことは拒み、捜査に協力すると言う形にこだわる。シリアルキラーによる犯行があり、協力することになるが、スティーナが目撃者であることに途中で気づく。娘たちが危険にさらされることを恐れ、夫に預けて事件に専念する。

 本題の事件の内容だが、これはスウェーデンならではなのかな。日本人にはちょっとわかりにくい心理。いや、日本もそのうちそうなるのか???

 シーズン1が8話。シーズン2も決まっているらしい。丁寧に描いているとは思うが、クリミナル・マインドなら前後編の2話でテンポよく描けそう。なにより、名前が覚えにくい… タイトルがインゲル・ヴィークだが、誰がインゲル・ヴィークなのかわかるまでにしばらくかかった(^o^;。インゲル・ヨハンネ・ヴィークらしく、普段はインゲル・ヨハンネと呼ばれているのだ。

|

« [ド] リミットレス | トップページ | [映] バンクラッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/64428067

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] 犯罪心理分析官インゲル・ヴィーク:

« [ド] リミットレス | トップページ | [映] バンクラッシュ »