« [映] マイ・ファニー・レディ | トップページ | 富士山を見に! 前編 「薩埵峠(さったとうげ)」 »

2016年12月 2日 (金)

[映] パリ3区の遺産相続人

 パリを舞台に、父の遺産として高級アパルトマンを相続したものの、そこに住む老婦人に年金を払い続けなければならないと知った金欠男の物語。フランス伝統の不動産売買制度ヴィアジェなるものを初めて知った。

My_old_lady_724x1024
 亡くなった父から、パリの一等地にある高級アパルトマンを相続した男マティアス。3度の離婚で金欠の彼は、ニューヨークの住まいを引き払ってパリへ。広大なアパルトマンに喜ぶマティアスだったが、そこには元所有者である老婦人マティルドが住んでいる上に、彼女が亡くなるまでの間、毎月2400ユーロを支払い続けなければならない、「ヴィアジェ」と言う契約だと知る。アパルトマンを売り払ってその金でなんとか暮らそうと考えていたが、相続したのが負債だと知って困り果てたマティアス。さらにマティルドの娘クロエが現れ、家賃が支払えないのなら出ていくよう言われ…

 マティアス役にケヴィン・クライン。マティルド役にマギー・スミス。クロエ役にクリスティン・スコット・トーマス。

 ケヴィン・クライン久しぶりに見たが、変わっていなくてうれしいね。ピアノと歌も少しだけ披露してくれている。

 パリにアパルトマン持ってるなんて、なんて素敵。喜んでやってきたマティアスは、それが特殊な契約だと知ってガッカリ。元所有者に年金のように家賃を支払い続けるって、元所有者が早死にすれば購入者は得をするが、長生きすれば損になる。言わば賭けだ。

 どうやら父親との関係はよくなかったらしいマティアス。自分にわざわざ負債を残したのかと、ますます父を恨む。金を工面するために、その契約後とアパルトマンを売る方法がないか調べ始める。だが、マティルドの娘クロエは、母が亡くなってしまえば住むことはできず、屋敷を失う。なんとかこの屋敷を手に入れて残したい。自分が屋敷を買うとマティアスに申し出るが、もっと高値で売りたいマティアス。出会いがまずかったようで、犬猿の仲だ。

 そんな中で、あることが転機となって、彼らの気持ちに変化が。流れが変わる。

 考え方次第で、相手への気持ちがこうも変わるものか。やっぱりパリには恋する男女が似合うね。

|

« [映] マイ・ファニー・レディ | トップページ | 富士山を見に! 前編 「薩埵峠(さったとうげ)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/64573711

この記事へのトラックバック一覧です: [映] パリ3区の遺産相続人:

« [映] マイ・ファニー・レディ | トップページ | 富士山を見に! 前編 「薩埵峠(さったとうげ)」 »