« ジャズコンサート と 洋麺屋「五右衛門」 | トップページ | [映] リジェネレーション »

2017年1月19日 (木)

[映] THE WAVE/ザ・ウェイブ

 去年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされていた、ノルウェーの作品。フィヨルドの美しい地で大津波が発生すると言う災害サスペンス。

The_wave
 ノルウェーの景勝地ガイランゲルフィヨルド。この地で、津波警戒センターで働く研究員クリスチャンは、石油会社に転職を決め、家族で都会に引っ越すことに。出発の前日、職場へ行くと、地下水の減少が。何か不吉なものを感じつつ、職場を去ったクリスチャン。だが、出発当日、山の亀裂が収縮していることを知る。そしてそれは岩盤崩壊の前兆だと気づくが、時すでに遅し…

 クイスチャン役にクリストッフェル・ヨーネル。妻イドゥン役にアーネ・ダール・トルプ。息子ソンドレ役にジョナス・ホフ・オフテブロ。

 クリスチャンは地質学者らしい。津波警戒センターで働く研究員だ。美しいガイランゲルに家族とともに住んでいたが、何しろ田舎である。子供たちのために、都会で働くことを決意したのだろう、転職を決める。出発しようとしたまさにその日、フィヨルドの岩盤崩壊に気づく。

 だが、津波警戒センターも、安易に警報を出せないらしい。なにしろ景勝地。観光客が減ってしまうと死活問題ということで、ギリギリまで様子を見ると言うスタンス。難しい問題である。クリスチャンも、絶対崩れるとは言い切れない。ついに明らかな前兆が現れたときは、すでに遅かった…

 こういう津波もあるのかと思う。フィヨルドなので、湖のように狭くなっている海水に、巨大な岩盤が崩れて落ちると、80mにも達する津波が街を襲う。崩れてから津波到達までわずか10分。

 じわじわとくる恐怖。そしてやってくる津波。そこからはもうあっという間の出来事で、どこに逃げるか、どう逃げるかが生死を分ける。

 でもなぁ、そういう場所だったら、10分で逃げられる高所をあらかじめ見つけておくべきだと思うなぁ。それか80m以上の場所に住むとか。いつ崩れてもおかしくない場所なら、なおさらだ。他にもそういう場所がたくさんあるんだろうか。美しい大自然。侮ってはいけない。

|

« ジャズコンサート と 洋麺屋「五右衛門」 | トップページ | [映] リジェネレーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/64783921

この記事へのトラックバック一覧です: [映] THE WAVE/ザ・ウェイブ:

« ジャズコンサート と 洋麺屋「五右衛門」 | トップページ | [映] リジェネレーション »