« [映] エージェント・ウルトラ | トップページ | ストリングラフィ・コンサートと戸隠そば »

2017年1月13日 (金)

[ド] ジキル&ハイド

 イマジカBSで放送のイギリスのドラマ。おなじみのジキル&ハイドの50年後の物語。ジキル博士の孫にあたるロバートが主人公だ。

Jekyll_and_hyde
 1935年セイロン。小さな村の診療所で、養父のと共に医師として働くロバート・ジキル。ある日診療所に車が激突、下敷きになった少女を怪力で助けたロバート。そのことで一躍ヒーローとなるが、そのニュースを聞きつけたロンドンの弁護士から連絡が。ロバートは、ジキル博士の唯一の遺産相続人であるとわかる。実の親について何も知らされていなかったロバートは、真相を調べるために単身ロンドンへ。

 ロバート役にトム・ベイトマン。彼の秘密を知る人物ガーソン役にドナルド・サンプター。リリー・クラーク役にステファニー・ハイアム。MIO(MI-5の類いの超常現象部門らしい)のメンバー役にリチャード・E・グラント。

 1885年がジキル博士とハイド氏がいた時代らしい。ハイド氏は深夜誰かと口論の末相手を殺害し、逃亡。ジキル博士は、自分の遺産をハイド氏に相続させたらしいが、行方不明(そりゃそうだ)だったので、その息子に相続権が。その息子は戦争か何かに行ったらしく、そこでセイロンのドクターと知り合い、その息子であるロバートを引き取ることになったらしい。つまりロバートはジキル博士の孫に当たる。

 何も知らずに育ったロバートは、好青年だ。だが、診療所での事故をきっかけに、怒りで人格が変わるようになってしまう。怪力になり、凶暴、無敵だ。ヒーローとなったことで、ニュースを聞きつけたロンドンの弁護士が、ジキル博士の子孫が見つかったとばかりに、ロバートをロンドンに呼び寄せる。まだジキル博士の真相には気づいていないが、そのうち知るのだろう。

 ロンドンで、頻繁に変身するようになったロバート。ついに自分で制御できなくなり、別人格のままバーで暴れる。そこでバーの経営者ガーソンと知り合うのだが、どうやら彼は何か知っている様子。

 一方、なにやら邪悪なモンスターがたくさんいるらしい。それらを退治する組織MIOなるものも存在し、ロバートの存在に気づいている。

 さてロバートはこれからどうするのだろう。MIOと闘うことになるのか。自分の正体を知ったらどうするのだろう。コントロールできるのか。邪悪街道まっしぐらなのだろうか。

 今のところシーズン1のみで全10話。ロバートの豹変ぶりがものすごい。楽しみだ。

|

« [映] エージェント・ウルトラ | トップページ | ストリングラフィ・コンサートと戸隠そば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/64759236

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] ジキル&ハイド:

« [映] エージェント・ウルトラ | トップページ | ストリングラフィ・コンサートと戸隠そば »