« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月29日 (火)

[ド] ゲーム・オブ・スローンズ第七章:氷と炎の歌

 7月に待ちに待った第七章が始まった!と思ったら、もう終わっちゃった… 今シーズンは全7話。でも、内容の濃い7話。以下、ネタバレ含むので、未見の方は要注意。

Got7
 ついに故郷に戻ってきたドラゴンクイーン、デナーリス。北のホワイト・ウォーカーの脅威にいち早く気づいたジョン・スノウは、ウィンターフェル城に戻った後、城をサンサに任せ、デナーリスと手を組むべく出発。ブラン、アリアもウィンターフェルにたどり着き、スターク集合。
 一方、子供たちをすべて失いながらも王となったサーセイは、デナーリスとの対決に備えて強引に同盟国を増やす。

 ついに最終決戦が近づく。再集結したスタークの絆の強さを見せつけてくれる最終話に感動。ここで、今までずっと裏工作をしていたあの人退場。

 すったもんだの末、デナーリスに忠誠を誓うことにしたジョン。デナーリスとの間に絆が… でも彼はまだ自分の出生の秘密を知らない… ってことで、最終話ではっきりするジョンの素性。そうだったのー

 ホワイト・ウォーカーをなんとかしないと、覇権争いしてる場合じゃないってことをサーセイに伝えるべく、策を講じるジョンたち。ホワイト・ウォーカーの存在をやっと信じたサーセイだが、自分は関わらずに済ませようと悪巧み。相変わらず自分のことしか考えてないサーセイ。さすがのジェイミーもこれを機にサーセイを見放したのか?

 そして最後のシーンは、まさかの… ヤバい、かなりヤバい…

 第八章が最終シーズンになるとのこと。あーん、来年まで待てないよ~、でも終わっちゃうのもヤだよ~ 夫はついに原作本を買い始めた。私も読まなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

[映] セルフレス/覚醒した記憶

 余命宣告を受けた大富豪が、頭脳だけ若い肉体に転送するというSF。割と展開が読めちゃう系かな…

Renaissances
 大富豪のダミアンは、余命半年という宣告を受ける。そんな彼に、謎の研究所を運営する科学者オルブライトが現れ、「脱皮」という方法があることを伝える。それは、クローン技術で作った肉体に、頭脳だけ転送するという方法。大金を払い、死を偽装して脱皮することにしたダミアンは、新しい肉体を得て人生を謳歌。だが、一日に一度必ず飲むようにしていた薬を飲み忘れたことから、意外な事実を知ってしまい…

 ダミアン役にベン・キングズレー。新しい肉体役にライアン・レイノルズ。オルブライト役にマシュー・グード(グッド・ワイフのフィン・ポーマー、ダウントン・アビーのヘンリー・タルボット)。ダミアンの娘役にミシェル・ドッカリー(ダウントン・アビーのメアリー)。ダミアンの友人役にヴィクター・ガーバー(エイリアスのジャック・ブリストウ、イーライ・ストーンのジョーダン・ウェザースビー)。マデリーン役にナタリー・マルティネス(CSI:NYのジェイミー・ロヴァート、APBのテレサ・マーフィ)。

 余命がわずかでほかの肉体に何らかの形で頭脳だけ転送、脳みそだけ移植とか、昔読んだ本で頭だけすげ替えるとかあったな、設定はありがち。それをどこまで膨らませたストーリーにできるかの問題だと思うのだが、これは想定内の展開。

 頭脳を転送し、新しい肉体を得たモノの、この肉体は実は訳ありで… って副題からバレバレじゃん。その事実を知ってしまったらもう結末は見えてるでしょう。そもそもが極悪人だったわけでもないし。途中で、ちょっと意外なエピソードもあったが、これも想定内。それでもまぁ面白かったけど、もう一ひねりあってもよかったかなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] バイオハザード:ザ・ファイナル

 シリーズ6作目にして最終章ということらしい。1作目、2作目は見たと思う。3作目くらいまで見たかな? と思っていたら、3以外は全部見たらしい…(^_^;) 最終話、見るつもりは全くなかったのだが、いつの間にか録画されていた(夫の仕業??)ので、とりあえず鑑賞。

Resident_evil_final
 T-ウィルスが蔓延し、アンデッドで埋め尽くされた世界。人工知能レッド・クイーンから、ある事実を告げられたアリス。それは、48時間後に人類抹殺計画があること。だが、その前にラクーンシティにある研究施設ハイブにある薬剤を散布すれば、T-ウィルスに感染したアンデッドを全滅させることができるという。アリスはこの薬剤を手に入れるべく、最後の闘いに挑む。

 アリス役にミラ・ジョヴォヴィッチ。クレア役にアリ・ラーター(ヒーローズのニキ)。ドック役にオーエン・マッケン(ナイト・シフトのTC)。ドクター・アイザックス役にイアン・グレン(ゲーム・オブ・スローンズのジョラー、ダウントン・アビーのカーライル郷)。ローラがチョイ役で出演して話題になったね。出てきたー、あ… 退場… みたいな。

 冒頭で、なぜこういう事態になったのかが語られるので、これまでのことをなーんも知らなくても大丈夫。ってことは、今までの作品なくてもよかった??? 1作目とコレだけでいいかも??

 まぁ、この作品のウリはゾンビとの戦闘シーンなので、そういう意味で言えばこれでいいのかな。全速力で走ってくるゾンビってヤだよね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

パスタビーノ 「ハシヤ」

 シネマワンで映画鑑賞後、ランチはどこへ行こうか。立川駅北口ばかり歩いていたので、南口へ行ってみよう。フェイスブックの友人に教えてもらったお店を探して、初の南口へ。

 お店の名前もうろ覚えで行ったのだが、あったあった。パスタのお店なのだが、ちょっと変わったパスタのお店。11:30頃行ったのだが、すでに待っているお客が2組。でもまぁ、早いし、待つか。

Dsc00528_2
Dsc00514_2               待ってる間に見つけてしまったのだ…

Dsc00517_2               ワインがたくさん、大衆食堂の雰囲気

 待っている間にメニューを渡され、先にオーダー。食べ終わったお客がどんどん出て行くし、回転が早い。お店の中はイタリアの大衆食堂の雰囲気。(行ったこと無いけど) ウェイトレスさんの動きも無駄が無くスピーディ。すぐに席につけた。

Dsc00512_2
 たらこが無性に食べたかったので、たらことイカのパスタ、そしてガーリック風味というのに惹かれた夫が、チキンと中国野菜のパスタ。ランチはサラダと飲み物がセットだって、うれしいね。待ってる間にランチケーキも見つけちゃったので、これも後で追加。

Dsc00516_2
Dsc00518_2
Dsc00520_2
 たらことイカのパスタ、美味しい~、たらこたっぷり。イカは火が通り過ぎていない感じで、柔らかくてgood。ガーリック風味の方は、中華の炒め物がパスタに乗ってる感じ。ご飯と食べたい気もしたが、これはこれで美味しい。チキンも野菜もたっぷりだ。

Dsc00521_2
 そして追加オーダーのケーキ、クラシックショコラも濃厚でうまかった。ちょっと甘かったけど、美味しかったからいいもん。

 お店を出て気づいたのだが、お店の前で、持ち帰り用のパスタを500円で販売していたらしい。そうか、これが一番お得かも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] ELLE

 映画館の宣伝で気になっていた作品、さっそくシネマワンにて鑑賞。スリラーとか書いてあるし、興味津々だったのだが、やっぱりフランス映画ね…

Elle
 ゲーム会社の敏腕社長ミシェルは、ある日、自宅で覆面男に襲われ、レイプされてしまう。だが、何事も無かったかのように振る舞い、翌日から普通に出勤。その後も、ミシェルを監視しているかのようなメールが続き、友達には打ち明けるが、警察に届けることもせず、自ら犯人捜しを始めるが…

 ミシェル役にイザベル・ユペール。60代とは思えない妖艶な美しさだが、この作品の中では50代くらいの設定??? 元夫役にシャルル・ベルリング。隣人役にロラン・ラフィット。友人役にアンヌ・コンシニ。息子役にジョナ・ブロケ。

 ミシェルが警察に届けないのは、警察を信用していないから。かつて子供の頃にある出来事があり、辛い体験をしたことが原因らしい。でも、引き続きストーキングされているのに、たいして怖がる様子もなく、淡々と生活し、仕事し、犯人捜しをするミシェル。この冷徹さも過去の出来事が原因らしい。

 ストーリー展開は確かに奇抜で、面白いといえば面白い。だがどうもつじつまが合わないというか、疑問点が多すぎる。この人は結局何がしたかったのか。犯人に復讐したいというのならわかるが、彼女の行動はこれまた不可解だ。

 結局、ミシェルはやりたいようにやり、周りが振り回されている感じがするが、それでも不思議と慕われるミシェル。この美しさのせいか。美人はやっぱり得だな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

メロディオン

 別宅生活にもだいぶ慣れてきたが、やはり何かと不自由なことがある。ピアノがないのもその一つ。ウクレレは持ってきたが、さすがにピアノを持ってくるわけにはいかず。純粋にピアノが弾けないというのもつらいが、ウクレレで曲のアレンジをするときの音取りに、鍵盤がないと不便なのだ。

 安いキーボードを買おうかといろいろ探してみたが、それなりの金額になる。MIDIキーボード(それ自体は音が出ないが、音源の入ったパソコンにつなぐと音が出るタイプ)ならお手頃価格で見つかるのだが、パソコン立ち上げてないと使えないというのもちょっと不便。

 いっそのこと、気になっていたアコーディオンを買ってしまおうか?? とも思ったのだが、それこそかなり高価。安物を買って失敗するのもイヤだし、なにより音がデカそう。アパートでは弾きにくい。

 自宅の鍵盤ハーモニカ(息子のお下がりピアニカと、弟のお下がりメロディオン)を持ってくればいいか?とも思ったが、ピッチがかなり高いので、ウクレレと合わせるにはちょっと面倒。しかもやっぱり音がデカい…

 いろいろ考えつつ、ネットサーフィンしていて、いまどきの鍵盤ハーモニカ、ピッチも正確で、持ち運びしやすそうなものを見つけた。デザインもかわいい。すごくお手頃価格なのを見つけたのだが、もう1クラス上のものに一目惚れで、即刻ポチってしまった…

Dsc0050625
 さっそく届いたメロディオンを吹いてみる。音はデカすぎず、ピッチも結構正確でいい感じ。見た目がすごくかわいらしくて気に入った。吹き口が堅い形状記憶ホースで、その位置で固定されているので左手でホースをつかんでいなくてもいい。持ち運び用のケースも軽くてかわいい。

 ポール・マッカートニーの "Another Day" ウクレレ弾き語りに、メロディオンで効果音を入れてみる。

 この曲アレンジの際の音取りにも使ってみた。ピアノと違って、息吹き込まないと鳴らないってのが、やっぱりちょっと面倒ではあるが… やっぱり鍵盤はありがたい。

************** 2017.09.19 追記 ***************

 もうちょっとメロディオンの出番を増やして、「Eleanor Rigby」 も演奏してみたので、よかったら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

[映] ベイビー・ドライバー

 立川がいっぱいだったので、すんごく久しぶりにバルト9にて鑑賞。すごいね、一日に本作を何度も上映しているようなのだが、どの回もほぼ満席。ゆいいつ少々空きがあった朝一の回へ。

Baby_driver
 強盗の運転手として働く天才ドライバー、ベイビー。幼い頃事故で両親を亡くした上、事故の後遺症で耳鳴りに悩まされている彼は、常にiPodで音楽を聴いている。ある日、行きつけのダイナーのウェイトレス、デボラに一目惚れ。仕事からも足を洗い、まっとうな人生を歩もうと決意するが…

 ベイビー役にアンセル・エルゴート。強盗団のボス役にケヴィン・スペイシー。強盗のメンバー役にジョン・ハム(MAD MENのドン・ドレイパー)、ジェイミー・フォックス、ジョン・バーンサル(ウォーキング・デッドのシェーン)、エイザ・ゴンザレス(テレビ版フロム・ダスク・ティル・ドーンのサンタニコ)。デボラ役にリリー・ジェームズ(ダウントン・アビーのローズ)。

 ベイビーは天才ドライバー。冒頭のシーンからものすごいテクニックで暴走。聴く音楽にはすごくこだわりがあり、常にノリノリ。前半、ミュージカルかと思うくらい、音楽と映像がリンクしている。だが彼には悲しい過去が。幼い頃事故で両親を亡くしたという設定、「SUITS」のマイクにちょっと似てるか。

 そんな彼が強盗の手先としてドライバーをしているには訳がある。だがついに最後の仕事を終え、やっと足を洗えることになり、ダイナーのウェイトレス、デボラとも恋に落ち、明るい未来が… と思いきや、そう簡単に足を洗えるはずもなく… という展開だ。

 ベイビー役のアンセルがなんとも純情な感じでキュート。リリー・ジェームズみたいな綺麗でお嬢様風(これはほかの作品から来た偏見か)な子がダイナーのウェイトレスやってるとか、彼氏いないとか、ちょっと設定的には無理がある気もするが、まぁいいか。

 なんと言ってもカーアクションがすごい。音楽がノリノリ、大御所俳優が脇を固めているし、面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

[ド] ビッグ・リトル・ライズ #7 最終話

 海辺の街での事件を描いた作品、最終話。子供のイジメをきっかけにママ友たちの間に不穏な空気が流れ、次第にエスカレート。どうなってしまうんだろうと思っていたら… 原作小説があるのね。

Biglittlelies
 富裕層が住む海辺の街に、シングルマザーのジェーンと息子ジギーが引っ越してくる。ジェーンは、仕切り屋のマデリンと親しくなり、マデリンの友達セレステとも親しくなる。だが、ジギーの入学初日、同級生のアマベラに暴力を振るったと名指しされてしまう。そのことから、アマベラの母レナータから酷いバッシングを受けるようになるジェーン親子。ここで、マデリン派と、レナータ派でバトルが勃発。 

 ジェーンは、何かから逃げてこの街にやってきた様子。次第に明らかになる彼女の過去。セレステにも秘密があり、彼女の夫はDV男。マデリンにも秘密がある。レナータはキャリアウーマンで、そのことで自分が嫌われていることを知っている。彼女たちが、子供たちの問題をきかっけにモメ始めたのだからちょっと面倒くさいことになる。

 学校のパーティの夜、何が起こったのか、最初はよくわからないのだが、誰かが殺されたらしいことがわかる。誰が殺されたのかは、実は最後までわからないのだが、この保護者間のもめ事が関係するのか、しないのか、何が起こったのか全くわからず、しばらくはこのもめ事に付き合うしか無い。

 女のもめ事って結構やっかいで、子供まで巻き込んでどうなってしまうんだろう?? と思ったら、最後の最後で、なんなのこの爽快な最終話。いろいろなエピソードが最後にすべて解決。すべてはこの1シーンのためにあったのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

カラオケ大会初参戦!?

 フェイスブックの知り合いから、カラオケ大会に誘われた。ビートルズ(ソロも含む)に特化したカラオケ大会らしく、もう10年以上続いているとのこと。声をかけてもらったのはすごくありがたいけれど、一人で参加ってのがちょっと不安でしばらく考えた。でもまぁ、歌うだけだし、周りもみんなビートルズファンなわけだし、なんと言っても楽しそう。参加してみるか。

 体調が不安だったので、前日の晩に参加表明。よかったらウクレレも持ってきてねーなんて言われちゃったけど、えー、スコアないと弾けないしなー、とりあえず持って行くけど…

 大塚駅前のとあるカラオケボックスが会場とのことで、少し早めに大塚駅に行って近くでランチ。パスタのお店に入ったのだが、ここ、量が多すぎ…

Dsc00408_2         パスタの種類いろいろあるみたいなので入ったのだけれど、
         ランチセット(サラダとドリンクバー)のパスタは種類が限られていて…


Dsc00404_2            ドリンクバーはコーヒーと紅茶しかなくてちょっと残念

Dsc00406_2            迷った挙げ句、カルボナーラにしたのだけれど、
            2/3量で頼んだにも関わらず、すごい量…
            美味しいのだけれど、ソース少なすぎでカスカス…
            パスタ量少ないのにカスカスってどういうこと!?


 いよいよ会場へ。ウクレレの練習でカラオケボックスに行ったことはあるが、歌ったことはない。子供らが小さかった頃に家族で行ったことが一度だけあったか? そのときはビートルズの曲なんてそんなに無かったので、子供の曲を歌った気がする。とにかく、こういう場は初めて、なにより、一人でマイク持って歌うのは初めて。

Dsc00411_2
 緊張して会場に到着すると、もう大半のメンバーはおそろいで、準備万端。まずは一人ずつ自己紹介して1曲ずつ歌う。みなさんお上手。それもそのはず、バンドをやってるという方がほとんど。なるほどね… 

Dsc00413_2
Dsc00414_2
 その後も、順番に思い思いの曲を歌う。唯一コードを覚えてる「Till there was you」でウクレレ弾き語りをしようかなと思っていたのだが、すでにエントリーされてる方がいらしたので、演奏に合わせて地味にウクレレ弾いてみた。あとはなんかスコア開いてるヒマないので、歌に集中。みんなでコーラスを付けたり、マラカス振ったりしながら楽しいひとときを過ごした。

 4曲くらい歌ったかなぁ、コーラスも付けさせてもらったり、コーラス頼んだり。会は続いていたけれど、夕飯の支度もあるし、一足お先に退席。

 この会、第二部もあるそうで、夜、ライブハウスで楽器を持ってのセッションになるらしい。そっちの方が興味あるけど、さすがに日曜の夜はちょっと出にくい… 明日も朝早いし。こういう楽しみ方もあるのかと思う。友達とカラオケってのもアリだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

[映] フレンチ・ラン

 アマゾンTVにて視聴。48時間レンタルで500円ってちょっと高いかと思ったが、なかなか面白かったのでヨシとする…

Bastille_day
 天才的スリのマイケルは、パリでやりたい放題。だが、女性のバッグを置き引きし、携帯だけ拝借してバッグを捨てたところ、爆発。4人が死亡する事件に。マイケルはテロ容疑者として追われるハメに。CIAのアウトロー捜査官ブライアーはマイケルを捕獲、尋問するが、テロリストと思われる男らに襲撃されてしまう。マイケルの話を信じたブライアーは、マイケルに協力させ、事件の真相を追う…

 ブライアー役にイドリス・エルバ(刑事ジョン・ルーサーのジョン・ルーサー)。マイケル役にリチャード・マッデン(ゲーム・オブ・スローンズのロブ・スターク)。犯罪に利用された女性ゾーイ役にシャルロット・ルボン。ブライアーの上司カレン役にケリー・ライリー(犯罪捜査官アナ・トラヴィスのアナ)。警察の幹部?ガミュー役にジョゼ・ガルシア。

 上司の言うことを全然聞かない捜査官ブライアー。だが見当違いの上司に対して、ブライアーの読みは正しい。おまけに俊敏な動きでアクションめっちゃ格好いい。

 スリのマイケルは、なんだか「ホワイト・カラー」のニールを思わせる。容姿端麗、悪い奴じゃないんだけど… スリの腕はピカイチ。何ても先を読んだスリのシーン、お見事。

 テロリストたち、実は… という流れは、ダイ・ハードを思わせる。犯罪手口は今どきの犯罪だなぁ、時代を感じる。テンポもいいし、なかなか楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

[映] イット・フォローズ

 何系の映画か全くわからず視聴。冒頭から衝撃のシーンで… そうか、サスペンス・スリラー系ね… 不条理サスペンスかな。

It_follows
 大学生ジェイは、最近知り合った彼氏ヒューとデートで、初セックス。だがその直後、彼に薬をかがされて意識を失う。目覚めると椅子に縛り付けられていた。何者かに追われていると恐れているヒューは、「それ」をセックスでジェイに移したと言う。他の人には見えない何者かが彼らを常に追い、殺されるまで終わらない。「それ」を避けるには、他の人に移すしか方法はなく、移した相手が死んでしまえば、また自分のところに戻ってきてしまうらしい。それ以来、毎回姿を変える何者かがジェイを追ってくる…

 ジェイ役にマイカ・モンロー。妹ケリー役にリリー・セーペ。友人ポール役にキーア・ギルクリスト、グレッグ役にダニエル・ゾヴァット、ヒュー役にジェイク・ウィアリー。

 冒頭のシーンで、「それ」に襲われたと思われる女性のシーンがあるので、「それ」が本当に恐ろしいモノだと言うことがわかる。これ、怖いよー。他の人には見えないから、見分けはつく。けど、1人で居るときは気が抜けない。

 「それ」は常に徒歩なので、逃げる時間はある。だが、毎回姿を変えるので、気が抜けない。異様なほど力があるし、撃ったりしてもやっつけられない。退治法が見つからない限り、逃げ続けなければならない。他の人に移すと言う手もあるが、他の人が同じ目に遭うわけだし、その人が死んでしまったら戻ってくるので、やっぱり気が抜けない。ジェイは1人悩むが、友人たちが彼女を助けてくれる。

 愛だなぁ、好きな人のために犠牲になる覚悟があるか。若い彼らはそこまで深く考えていないだけかもしれないが、でも友達のためにここまでできるって、すごいね。本物の友情だね。そんなところに感動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] トゥルー・ストーリー

 ねつ造記事で仕事を干されたジャーナリストと、自分の名を語る容疑者との対決。実話らしい。

True_story
 ニューヨークタイムズの記者マイケル・フィンケル。途上国で過酷な労働を強いられている少年を取材した記事が話題になるが、ねつ造とバレてしまう。そのことで仕事を干されてしまったマイケルは、モンタナ州へ戻る。
 その頃、妻と子供3人を殺した容疑者ロンゴが逮捕される。ロンゴがマイケル・フィンケルの名を語っていた事から、彼に興味を持ったマイケルは、彼を取材。独占記事を本にしようと考えるが…

 マイケル役にジョナ・ヒル。ロンゴ役にジェームズ・フランコ。マイケルの妻? 元妻? 恋人?ジル役にフェリシティ・ジョーンズ。マイケルの上司役にグレッチェン・モル(ボードウォーク・エンパイアのジリアン)。マイケルのロンゴの存在を教えた人物役にイーサン・サプリー(マイ・ネーム・イズ・アールのランディ)。検事?役にロバート・ジョン・バーク(ゴシップ・ガールのバート・バス)。

 ロンゴがなぜマイケルの名を語っていたのか。おそらく彼はマイケルを利用しようとはじめから狙っていたのだろう。仕事を干されていたマイケルはこの話題に飛びつく。ロンゴの話を興味深く聞き、独占取材をする。これは本になると考えて彼に文章の書き方などを教えたりするのだが…

 最後になにかもう一ひねりあるのかと思ったが、そうでもなかった。ロンゴがなぜ妻子を殺害したのかなどは不明のまま。なんとなく煮えきらない感が残るが、とりあえず正義が勝ったのかな??? 後半の盛り上がりに欠けたのがちょっと残念だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

[映] ザ・ブリザード

 実話を元にした作品とのこと。冬の海で嵐に巻き込まれてタンカーが真っ二つに。彼らを助けるために向かった沿岸警備隊員たちの物語。

The_finest_hours
 沿岸警備隊員のバーニーは、恋人からプロポーズされ、結婚を決意。そのことを上司に報告しようとした矢先、猛烈な吹雪と高波に襲われた巨大タンカーが難破したと言う連絡が入る。真っ二つになってしまった船尾側に残された乗員を助けるべく、小型救助艇で救助に向かったバーニーたちだったが…

 バーニー役にクリス・パイン。恋人ミリアム役にホリデイ・グレインジャー(ボルジア家のルクレツィア)。バーニーの上司役にエリック・バナ。タンカーの乗組員役にケイシー・アフレック、ベン・フォスター、グレアム・マクタヴィッシュ(アウトランダーのドゥーガル)、ジョッシュ・スチュワート(サードウォッチのフィニー、DIRTのホルト)、アブラハム・ベンルビィ(ERのジェリー)。

 小型救助艇で嵐の中、救助に向かうって言っても、タンカーの乗員は32人。全員乗れんの??? やっとの思いで到着したので、何度も行き来できるとは思えないし… とハラハラしながら鑑賞。バーニーの過去とか、恋人とのエピソードとか、全体的に中途半端な感じがちょっと残念だが、タンカー側の生き残り策、救助艇側の決死の活動ともに見応えあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

高倉町珈琲

 特に予定もない休日。のんびりフェイスブックを眺めていたら、高倉町珈琲という喫茶店チェーンが、ビートルズカフェだということを知った。店内には写真などが飾られ、ビートルズの曲が流れているらしい。いいなぁ、一度行ってみたいなぁと思っていたら、思いのほか近くにあることがわかる。京王線で数駅先の「若葉台」駅の近く。駅前にショッピングセンターなどもあるようなので、平日に一人でちょっと行ってみるかなーと調べていたら、今から行こう!と張り切る夫。

Dsc00210_2                隣に座ってウクレレ弾いてみようか

 駅前は新しく整備された感じの広々とした造り。ダイソーなどの入ったショッピングセンター、大型電気店、なぜかテレ朝の建物、そしてコーチャンフォーってなんだろうと思ったら大型書店!! 書店と文具があり、すごい広さ。ドトールもくっついてるし、ここで一日過ごせそう。

Dsc0021325                  なんかちょっと不思議な建物

 そこからさらに少し進んだところにあったあった、高倉町珈琲。一見、普通の喫茶店チェーンだけど…

Dsc0022625
 おおっ! たしかにあるある!!

Dsc00227_2
Dsc00229_2
Dsc0023025
Dsc00231_2
 あちこち写真を探してしまう。トイレにもあるある!!

Dsc00285_2
Dsc0028625               リンゴファンはこちらの個室へどうぞ…

Dsc0028825
 ランチはパスタとドリアをシェアして、こちらパンケーキが美味しいという話だったので、パンケーキもオーダー。

 まずは紅茶とコーヒー。

Dsc00235_2
Dsc00240_2                     こちらたっぷりサイズ

 ドリアはまぁ普通だったけど、パスタは生パスタで美味しかったー、昨日の生パスタよりこちらの方が美味しい。そしてパンケーキ。

Dsc00248_2
Dsc00253_2

Dsc00267_2
 これ、すごい卵の香り。思っていたパンケーキと全然違って軽くてふわふわ。ふっくら卵焼きに粉が入りました~って感じかな。さすがにちょっと食べ過ぎた感はあったけど…

 駅前も計画的に造られた広々とした感じでいいね。大抵のものは揃いそう。大型書店と文具店にも感激した。近いし、時々行っちゃおう。

************** 2017.09.13 追記 ***************

 ビートルズファンのNちゃんと再訪。

_1120005_2
 駅前のサックスおじさんの後ろに、猫ちゃんいたのね、気づかなかった!

 ランチメニューは定期的に変わっているようで、Nちゃんはキノコとサツマイモのリゾットドリアなる不思議なものを、私は前回食べ損ねたビーフシチューをオーダー。

_1120010_3              ちっちゃな器にビーフシチューちょっぴりと、
              サラダと雑穀米 ヘルシーな分量ではある


_1120021_2              こちらもすごく惹かれたんだけど、
              サツマイモってのがちょっとひっかかって…


 ビーフシチューはメニューの写真とはずいぶん違って、ほんの少しでちょっとガッカリ。シチューは少々甘めかな、お肉も多くはなかったけれど、柔らかくて美味しかった。リゾットドリアは、ぽってり系のリゾットの上にホワイトソースな感じだった様子。Nちゃん小食なのでパンケーキは無理と判断。パスタとパンケーキを半分ずつシェアする手もあったなと後で気づいたが、でも最近ランチでパスタが続いていたからな。

_1120025_2
 ポイントカードがもう半分ほどたまって、クッキーとドリップコーヒーをもらった。ちょっとうれしいぞ(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

[映] ジョン・ウィック:チャプター2

 足を洗ったはずの殺し屋ジョン・ウィック、再び闇の世界へ…

John_wick_chapter2
 ロシアン・マフィアから愛車を取り戻し、平穏な生活に戻ったジョンの元へ、今度はイタリアン・マフィアのサンティーノが。殺しの依頼をされ、断ったものの、血の契約を持ち出されやむなく引き受けることに。だが今度はサンティーノによって懸賞金がかけられてしまい…

 ジョン役にキアヌ・リーヴス。サンティーノ役にリッカルド・スカマルチョ。姉ジアナ役にクラウディア・ジェリーニ。組織の支配人役にイアン・マクシェイン(デッドウッドのアル)。用心棒カシアン役にコモン。ホームレスの組織???キング役にローレンス・フィッシュバーン。車屋さんの友人役にジョン・レグイザモ。組織のフロント係?役にランス・レディック。

 ううむ、アクションの音がすごいおなかに響くのはシネマツーだから? ジョン・ウィックは孤独な元殺し屋だが、孤立無援ってわけではない。組織のシステムを利用してた。だけど、今度は懸賞金かけられて周りは全員敵に。今度こそ孤立無援になっちゃったねー。続編もあるのかなー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »