« 2017年8月 | トップページ

2017年9月22日 (金)

桜木町で中華料理「梅蘭」

 エリアコーディネーター委嘱式のため、桜木町へ。終了後、ちょっと遅い昼なので、軽く蕎麦でも食べようと、コレットマーレへ行ってみる。確か6Fって書いてあったなーとふらふらエスカレータを上っていくと、同じ地区のエリアコーディネーター仲間が! 中華料理「梅蘭」でランチとのことで、ご一緒させていただくことに。

Dsc01113_2
 窓際のお席に案内される。すごくいい場所ね、天気もいいし、見晴らし最高。

Dsc01102_2
 どうやら、焼きそばが名物らしい。表面パリパリで中にあんかけが入っている、アレだ。迷ったけれど、食べきれない気がして、無難な青椒肉絲セットに。お仲間が焼きそばにチャレンジ。

Dsc01109_2
 ランチにはスープがセットされているらしい。青椒肉絲セットには、ご飯、ザーサイと杏仁豆腐が付いていた。しかしこのボリューム… こういうのってさ、肉がちょっぴりだったりするけど、すごい、野菜より肉の方が多いくらい。もったいないけどちょっと残しちゃった。多過ぎ。ザーサイ辛すぎ。

Dsc01111_2
 焼きそばはこんな感じ。一口味見させてもらったが、なるほど、外側パリパリ。卵を絡めてカリカリに焼いているようで、卵の香りもいい。これ目当てに来る人がいるのもわかるね。

 ランチは、小さめの焼きそばと炒め物などがセットになったものもあるようで、そういうのにしてもよかったか。でもちょっと塩分過多か。お仲間は昼間っからビールを飲んでいたが、なるほどビールに合いそうなお料理ではあるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

近所で迷うの巻 ~パン屋探しの旅~

 比較的涼しい曇りの朝。今日は一日涼しいらしいということで、散歩にでも行ってみようと考えた。ちょっと歩いた場所にあると聞いたパン屋さんへ向かってみることに。

 目的地は府中街道沿いのパン屋さん「とめや」。街道の、ちょっと東側に出たので、少し西に歩けば到着するはずだった。でもあまりにもあっけなく到着してしまうので、ちょっと遠回りをしようと、裏道に入ってみることに。これが失敗だった…

 街道から少し北に向かって歩き、一本北側の裏道を西に歩いて南に出れば、街道に戻るはず。そう思って、裏道に入った。北にちょっと行き、西に向かって歩いたのだが、南に向かう道がない…

 街道に出る前に川を渡ったのだが、それらしき川を別の橋で渡ったつもりだったが、そのまま勘を頼りに歩いていたら、あるはずのない線路が…??? おかしいなと思いつつ、線路を渡り、歩くことしばし。いつまで経っても街道に出ない… おかしい…

 さらに歩いていると稲田取水所という施設が… 取水所って…?? そしてやっと見えた大通りに出てびっくり。多摩川沿いの道路に到達… それで取水所か。反対方向なんですけど… しばし呆然。

Dsc01083_2                      なんで多摩川!?

 とにかく反対方向ってことはわかった。なんとか元に戻るべく、反対方向に向かって歩く。途中、いい感じの小川が。でもよくよく周りの住所を見ると、中野島。それって隣の駅じゃん…

Dsc01091_2            この川沿い、公園みたいになってていい感じだった

 延々1時間以上歩いて、なんとか府中街道にたどり着いたが、最初に出た場所よりさらにずっとずっと東の方だった…

Dsc01093_2
Dsc01094_2
Dsc01097_2
 パン屋さんは、こぢんまりとしたお店で、オリジナリティーあふれる品揃え。生地もなかなか美味しい。コッペパンがウリのお店らしい。

 結局、2時間の散歩となってしまった訳だが、帰宅してグーグルマップを確認して納得。そもそも府中街道は東西にまっすぐではない。これが第一の勘違い。南東に向かっているので、私が北だと思った道はほぼ東。西に曲がったと思った道は北東。南に戻ったと思った道は北だった。曇りで太陽が全く見えないというのも迷った原因。方角を勘違いしたままどんどん進んでしまう。どの道も思い思いの方向に伸びており、東西とか南北にまっすぐという道は一つもない。川2本が交差して多摩川に流れ込んでいる。南北線も、東にではなく東南東に走っている。

 道、線路は東西南北にまっすぐという思い込み、川は1本という思い込みが招いた事態。もともと方向音痴だが、さすがにこれほど迷ったのはいつ以来だろう…? ロンドンで地下鉄降りて地図持ったまま反対方向に行った時以来か??

 やれやれ、どうやら6kmくらい歩いたらしい。次に出かけるときはタブレット持って行こう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

二子玉川で映画とランチ

 30分くらいで行かれる場所に映画館がたくさんあってうれしい。特にメジャーな作品だと、あちこちで上映しているので、どこへ行っても見られる。そう思っていたが、いざ「エイリアン:コヴェナント」見に行くぞ!と思ったら、お気に入りのシネマシティは昼過ぎの上映。午後だとどうしても睡魔に襲われてしまう危険があるので、できれば午前中に見たい。午前中に上映している場所を探したのだが、近くはどこも吹き替え。えー、なんでー?? それならばと、初めて二子玉川の109シネマズで見ることに。実は二子玉川って行くの初めてだ。

Dsc01049_3
 駅降りてびっくり。大きな建物がたくさんですごく賑やか。しかもすごくおしゃれな造り。人もすごく多い。キョロキョロしながら映画館へ。こちらもずいぶんとおしゃれで、ロビーも劇場みたいな造りになっていて、プロジェクションマッピングをやっていたりする。

Dsc01053_2             左手方面がシアター、右手がシアター風の待合所

Dsc01059_2           シートもちょっと高級感漂う 肘掛けが両側にちゃんとある!

 映画を見終わったらもう昼過ぎ。デパートはたくさんあるので、食べるところもたくさんあるが、人もかなり多い。それに高そう。すでに出遅れているので、その点でも不利。いっそのこと、ちょっと離れたところのお店を探そうと、駅の北側へ。ふらふら歩いていると、ちょっとおしゃれな通りを発見。「柳小路」というらしく、いい感じのお店がたくさんある。

Dsc01065_2                  ちょっと素敵な通り発見

Dsc0106825
 沖縄料理のお店を見つけたので入ってみた。

Dsc01070_2
Dsc01071_2
 こぢんまりした店内だが、お手頃なランチプレートがあったので2種類オーダーしてシェア。スープもついてお得。なかなか美味しかった。

Dsc01078_2              手前がゴーヤチャンプループレート
                  奥がラフテープレート どちらも美味

 ちょっとだけお買い物したが、あまりの人の多さに早々に退散。すごいなぁ、こんなに賑やかな街だったとは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] エイリアン:コヴェナント

 シネマシティで見るつもりだったのだが、12:00過ぎの回しかないので、初めて二子玉川の109シネマズへ。前作「プロメテウス」をちゃんと見ておいた方がいいということで、アマゾンTVにて再視聴して臨んだ。

Alien_covenant
 大規模移住計画を実施するため、惑星オリガエ-6を目指して宇宙船コヴェナント号に乗り込んだ2000人の入植者たち。ポッドで眠りについている間、アンドロイドのウォルターが管理していたが、ニュートリノ嵐に襲われ船の太陽光パネルが損傷を受ける。宇宙船のクルーが起こされるが、船長は事故で亡くなってしまう。代わりに船長となったオラムは、謎の電波を受信、近くに生存可能な惑星を発見し、オリガエ-6へ行く代わりに、この惑星へ行くことを決断。惑星に降り立つと、そこにはアンドロイド、デヴィッドが…

 アンドロイドのデヴィッドとウォルター役にマイケル・ファスベンダー。船長の妻ダニエルズ役にキャサリン・ウォーターストン。急遽船長となったオラム役にビリー・クラダップ。ほかのクルー役にデミアン・ビチル(アメリカ版「ザ・ブリッジ」のマルコ・ルイズ)、ジャシー・スモレット(Empireのジャマール)など。冒頭のシーンで、若い姿で出てくるウェイランド役にガイ・ピアース。プロメテウスで老けメイクだったのはこのためね。最初の船長役はジェームズ・フランコだがクレジットには出てこない。ポッドから出ないうちに死んじゃうからか。ノオミ・ラパスも、ちょっとだけ出演。

 こちらでもアンドロイドが重要な役割を果たしている。今回は、旧型デヴィッドと、新型ウォルターの一人二役のマイケル・ファスベンダー。自由意志を持つようになったデヴィッドに対し、従順なウォルターの対比が、顔の表情で演じ分けられていてすごい。

 いやはや、これは… エイリアン誕生秘話だね。そういうことかーって感じなのだが、となと、「エイリアン」第1作目はこの後ってことになるよね!?

 それにしても、謎は多い。そもそもデヴィッドはなぜ彼らの技術に詳しいのか。そして、人類の創設者である巨大な宇宙人は、何のために人類を作ったのか。作っといてなんて抹殺しようとしたのか。なぜ自らが開発した(と思われる)生物でやられてしまったのか。彼らの目的は何だったのか。(この辺はプロメテウスの謎であるのだが、未解決のまま)

 謎が深まってしまったが、続編で全て解決されることを期待…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

[映] ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

 シリーズ3作目、アマゾンTVにて視聴。原題が"Bridget Jones's Baby" ってことで、ついにブリジットが妊娠するという騒動。

Bridget_jones_baby
 43歳の誕生日をまた一人で過ごすことになったブリジット。テレビ局の敏腕プロデューサーとしてのキャリアを積んでいた彼女は、ダニエルが事故で死亡したという連絡を受け、葬儀に参列。そこに来ていたかつての恋人マークと再会するが、彼は既婚者に。
 親友に誘われて野外ロックフェスに参加、そこで出会ったジャックと一夜の関係を持つ。その数日後、友人の子供の洗礼式で再びマークと再会、離婚調停中と知り、彼への気持ちが再燃。そのまま関係を持つ。数ヶ月後、妊娠しているとわかるが…

 ブリジット役にレニー・ゼルウィガー。前作からずいぶんと年月が経っていて、その間に整形をしてまるで別人の容姿になってしまったレニー。その後、なんと、再び整形して元の顔に戻ったって言うからすごい。でもやっぱり以前とは目元がずいぶんと違う印象になった。マーク役にコリン・ファース。そしてジャック役にパトリック・デンプシー(グレイズ・アナトミーのデレク)。ブリジットのママ役にジェマ・ジョーンズ、パパ役にジム・ブロードベント。産科のドクター役にエマ・トンプソン。

 相変わらず愛情表現が下手くそなマークに対し、アメリカ人ジャックは実にうまい。気が利く。それにあの笑顔である。そりゃぁたまらないが、でもねぇ、よく知らない人だし。それに対し、マークが誠実なのはよくわかってるし、かつて愛した男だ。勝敗は見えている。

 どちらの子供かわからないというところで、二人の男性が張り合う様子がコミカルに描かれている。でも二人とも紳士だなー。3人で妊婦教室?に通うシーンは、ゲイカップルと代理母に見えるって、今どきだなー。

 過去のシーンも挿入されていたりして、比較しちゃうとやっぱりみんな年取ったなー。そりゃそうだよね、1作目は15年前。8年経って2作目、また7年経って3作目なので、もしかしてアラフィフになったブリジットも見られたりして!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

新百合ヶ丘で蕎麦「わかみや」

 アルテリオ映像館へ久しぶりに行ったら、結構ギリギリだったにも関わらず整理券は4番目。結局この日この回を鑑賞したのは10人ほどか。

Dsc0102725

Dsc01008_2
 映画を見終わってちょうどお昼。ここのところパスタばかりが続いていたので、蕎麦を食べようと事前に探しておいたお店へ。すぐ近くにある「わかみや」。

Dsc01013_2
 店の前ギリギリにドーンと車が2台停まっていて危うく通り過ぎるところ。狭い車の間を通り抜けて入り口にたどり着いたら、狭い店内満員。待っているお客さん2名。あちゃ~と思ったが、すぐにカウンター席が空いて座れた。蕎麦だから回転が早いよね。

Dsc01014_2              カウンターに8人くらい、座敷に2テーブル

Dsc01016_2
 メニューの種類はあまり多くない。やっぱ冷たいお蕎麦だよね~ 冷やしたぬき蕎麦ってヤツにしてみるかな。待ってる間に、お通しみたのが出てきた~

Dsc01015_2                ごま豆腐ならぬ、蕎麦豆腐みたいな感じ?
             もっちりした豆腐の中に、蕎麦の実が入っててうまし


 待つことしばし。なんかみんなちっちゃい天丼みたいの食べてる… よくよく聞いてるとミニ天丼付きなんたらって言ってる… でもメニューにないよね…?? 店内キョロキョロ見回してみたが、そういう表示ないし。なんだろう??

Dsc01020_2
 きたきた、冷やしたぬき。サラダ蕎麦みたいでなんか素敵。汁は少なめだけど美味しい!! 蕎麦はかなり細め。天かすはサクサクでいいアクセント。美味しかった~ 隣の席のお姉様方は、ミニ天丼にかなり苦戦して苦しそう(^_^;)。おなかのベルトを緩めてるの見ちゃったよ。

 大満足でお店を出たらもう車は出て行った後だったので、もう一度入り口を撮影。

Dsc01021_2
 ん? なんか書いてあるー

Dsc01023_2
 そうか、ランチだとざる蕎麦にミニ天丼かミニマグロ丼がつくのね!! 車の陰で見えなかったよ!! 次回はそれを狙うか。おなか空かせて行かないとね!!

 おなかが膨れたところで、ちょっと気になっていたODAKYU OXへ。アルテリオの真ん前にある。あまり広くないけど、2Fのカフェは、飲み物さえオーダーすれば、OXで買った食品を持ち込んで食べられるらしい。それいいね、パンも売ってたし。

Dsc0102625
 と思ってふと見ると、2Fにも出口が! しかも神社がある…

Dsc0102925
 木が鬱蒼と茂っていて、なんだろうとは思っていたが、そうか、神社なのか。

Dsc0103125
Dsc0103325
Dsc0103625
 なんともミスマッチな感じで面白い。

 その後、賑わっている駅の反対側であれこれお買い物して帰路につく。いいね、新百合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密

 アルテリオ映像館、会員になったのに、なかなか都合が合わなくてまだ1度しか見に行っていない… と思っていたところで、マイケル・キートン主演の気になっていた作品が上映ってことで、最終日にギリギリ鑑賞。混んでるかなーと思いきや、ガラガラ…

The_founder
 1954年アメリカ。ミキサーを売り歩く営業マン、レイは、ダイナーをまわっていたもののさっぱり売れず。そんなところへ、一度に6台も注文が入り驚く。間違いではと確認の電話をすると、8台に変更してくれとのこと。カリフォルニアにあるその店が気になり、長距離ドライブで行ってみると、大繁盛の様子。しかも、これまで見たこともない合理的なシステムで運営していることを知り、フランチャイズ化を提案するが…

 レイ役にマイケル・キートン。マックとディックのマクドナルド兄弟役にジョン・キャロル・リンチ、ニック・オファーマン。レイの妻役にローラ・ダーン。出資者の一人役にパトリック・ウィルソン。その妻役にジョアン役にリンダ・カーデリーニ(ERのサム)。

 レイはいろいろな物を売り歩いていたらしい。どれもうまくいかず、パッとしない生活を送っていた。仕事一筋で、ほとんど家にいない。妻は一人寂しい思いをしているが、あまり気にかける様子もない。やりたいようにやる、自分勝手な男に見えた。

 マクドナルド兄弟は、いろいろな失敗から学び、独自のスタイルを作った。極力無駄を省いて合理化したが、品質は落とさない。目が行き届かなくなることを恐れ、店舗数も増やさないと決めている。そんな彼らのやり方に目を付け、フランチャイズ化を提案するレイだったが、すぐに断られる。

 だがレイは諦めない。兄弟を説得し、品質は落とさないという約束で契約する。欲しいものは何が何でも手にするという強引なやり方は、トランプ氏にも通じる気がする。順調に店舗を増やしたが、利益が増えず、どうしたもんかと思っているところへ助け船。利益を上げる方法を教えてくれる人が登場。それは兄弟にとっては不利な状況となり…

 今のマクドナルドを見ると、当初の兄弟のポリシーである「合理的なシステムで早く商品を出す」というところは守られているんだろうが、「品質を落とさない」というところは完全に無視されちゃってるんだろうな。そんなことを思いながらの帰り道、ここにもあったね…

Dsc01041_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

コープのエリアコーディネーター研修と三越「英国展」

 別宅生活3ヶ月が過ぎた。こちらでは仕事をしていないので、毎日時間が自由。最初は、こちらの友達と遊んだりして忙しくしていたが、さすがに毎日遊んでいるわけにもいかない。何かできることはないかと思っていた時、生協のエリアコーディネーター募集という記事を見つけた。昔の地区委員のエリアがもっと広くなり、少し報酬をもらえるようになったものらしい。さっそく応募し、8月に面談、月末に決まった。そして9月に入り、いよいよ活動開始。まずは新任エリアコーディネーターの研修会へ。

Dsc00987_2
 場所は面談でも行った、本部のある桜木町のビル。ユーコープについて、そしてエリアコーディネーターの仕事についてざっと説明を聞いた後、グループに分かれて座談会。

Dsc00988_2
 コープ商品のお菓子を試食。といっても、午前中からお菓子を食べるってのもナンなので、みなさんほとんどお持ち帰りだったけどね… どうも同じエリアの新任の方はほかに見当たらず、私一人かな?? 偶然にも茅ヶ崎から来ている方、茅ヶ崎出身の方が同じグループにいて、ちょっと盛り上がる。

 昼過ぎに終わり、解散。偶然エレベーターで一緒になった方と話したら、辻堂からいらしているとのことで、またちょっと話が盛り上がる。そのまま、駅前でランチも付き合っていただいちゃった。

Dsc00992_2_2              サラダ、ドレッシングかけすぎー、酸っぱい

Dsc00995_2           ナポリタン リーズナブルなんだけど、これまた酸っぱい…

 さて、実はこの日の私のもう一つのイベントは、日本橋三越の「英国展」。ここに、ビートルズ関連グッズが少し出ているという話を聞いて、出たついでに寄ることに。やっぱり桜木町から日本橋ってちょっと時間かかるのね…

Dsc01003_2
Dsc01004_2
 7階の催事場が英国展。結構な賑わい。ユニオンジャックの商品を見ると欲しくなってしまうが、ぐっと我慢。うろうろしていると、あったあった、バッグみっけ。でもちょっと高い… ミラーもあるけど、使わないよね…

Dsc00999_2
 おぉぉ、ギターのフィギュアもあるぅー、でもこれも買えそうにない…

Dsc01002_2
 ん! マグカップ発見! ずっと欲しいと思って買いそびれていたマグカップ。これは買うしかないね…

Dsc01000_2
Dsc01007_2
 (^o^) 念願のマグカップ。しかもアビーロードでうれしいな~

 結局、食品売り場でお高いチーズも買ってしまったが、スコーンはぐっと我慢。その場で食べられるコーナーもあって、友達と来てたら食べてたなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

那須高原・最終日 買い物して帰る

 最終日。ちょっとお寝坊した上に、朝風呂へ行ってしまった夫。戻ってきてから朝食へ。

Dsc00928_2                    前日以上に食べてしまう…

 またたらふく食ってしまい、苦しい… 腹ごなしに中庭散策。日差しは強いけど風は冷たい。さすが那須高原。

Dsc00965_2
Dsc0096725
 最終日、本当は、小山市のフェイスブック友達が働く「いちごの里」へ寄ってお昼を食べようと思っていたのだが、思いのほか寝坊してしまったこと、朝食が遅い上に食べ過ぎたこと、レンタカーの返却時間が決まっていることから、寄ることを断念。ペニーレインでパンを買って途中のSAで食べることに。

 ペニーレインに着いてびっくり。駐車場大混雑。そうか土曜日か… なんとか駐車して店内へ。案の定大混雑。パンをどっさり購入して今度は道の駅へ。ここでは野菜と梨をどっさり購入。調布でレンタカー返す前にアパート寄らないとね…(^_^;)

 那須バイバイ… ナビをセットし、一路調布方面へ。途中、異様にショボいSAでパンをパクついたが、さすがにあまりおなか空いてなかったので1つずつ。SAで売ってた宇都宮餃子(冷凍)を購入。大きな渋滞にはまることも無く無事アパートへ到着。大量の荷物を下ろし、冷蔵庫にしまい、洗濯機を回してレンタカー屋さんへ。

 夕方帰宅し、ペニーレインの甘いパンをちょっとお味見。こちらは甘いパンの方が多いみたいだね。お食事パンがもうちょっと種類あるとうれしいなー

_1110975_2
_1110976_2                 まるでステンドグラスのよう!?

_111097725
 一番人気というブルーベリーパン、すごいね、ぐるぐるとブルーベリージャムが! なるほど美味しい。人気なのも納得。レーズンパンも美味しかった。宇都宮餃子も美味しかったよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那須高原・2日目トリックアートとロープウェイ

 那須高原2日目。前日は雨だったが、この日は雲が多いながらも晴れ。午後はもっと晴れてくるらしいということで、午後ロープウェイで、午前中はトリックアートを見に行くことに。

 まずは朝食で腹ごしらえ。ブッフェスタイルってありがたいよね、好きなモノを好きなだけ食べられる。和食系を選んでみた。去年は取り過ぎて苦しかったので、今回はサラダは我慢。
Dsc00705_2               このプレートいいねー、綺麗に盛れる!!

 支度してトリックアートへGO! なーんとなくショボい雰囲気ではあったが、こちらのトリックアート、ジャンルごとに3つの館があるそうで、名画のトリックアートを楽しめる「ミケランジェロ館」へ入ってみることに。

Dsc00740_2                建物の壁にもトリックアートが!
                でもちょっと薄くなってて残念だな


 入る前に、撮影のポイント、見方などを教えていただいてから中へ。平日だし、空いていたので、のんびりあれこれ考えながら撮影。

_1110847_2
Dsc00775_2
Dsc0081625                   トイレにもこんな遊びが

 撮影を堪能した後、どこかでお昼を食べてからロープウェイへ向かうことに。ネットで探したお店へ行く途中で、良さげなお店を見つけてしまったので、そこへ入ってみる。

Dsc0081925                 昼前だけど、すでに先客多数

_1110857_2                        照明も素敵

 パスタとピザのお店なのだが、ログハウス風の店内を仕切るのは、60~70代と思われるお姉様方。だからなのか、テキパキと動きに無駄が無く、早い。ピザとパスタのランチセットをオーダー。

_1110866_2_2                セットサラダのトマトがめっちゃ甘い

_1110872_2_2              キノコとベーコンたっぷりのガーリックパスタ
                  セットドリンクはマンゴーにしてみた


_1110871_2              生地がすごく美味しくて、耳がうれしいピザ

 キノコとベーコンのガーリックパスタ、めっちゃガーリック。シンプルだけどうまい。ピザは生地がすごく美味しい。サラダのトマトがすごく甘かった。地元のお野菜を使っているとのこと。よかったー、ここはアタリだったね(^o^)

 お次はロープウェイへ。山道をくねくね進んでいく。車を降りてびっくり。強風な上にものすごい寒さ… 寒いとは聞いていたが、ここまでとは… 厚手のパーカーを着て、スカーフを巻いていざロープウェイへ。強風のため、いつ動かなくなるかわからないので、山頂駅に着いたら遠くへ行かないようにというアナウンス。

_1110880_2               ロンドン地下鉄とおんなじ、釣り玉だ!

_111088925
_1110908_2
Dsc00865_2                   パノラマ写真撮ってみる~

 乗車時間は4分ほど。山頂駅から茶臼岳の方へ少し上ってみるが、強風と足下の悪さ、寒さで、途中までで断念。景色はいいけど、ほかに何にも無いので、駅からどこかへ行くって感じではないね…

 来る途中で見かけた殺生石という場所でちょっと写真撮影。硫黄の匂いがすごい。昔名ここで湯ノ花取ったりしていたらしい。お地蔵さんがたくさん。

_111092525
 この日は花金ってことで、仕事終わりの"息子その1"を拾って一緒に夕飯を食べようと計画していた。思いのほか早く見終わってしまい、調子が狂ってしまったが、とりあえず大田原市へ向かう。公園へ寄ったりしながら時間をつぶして"息子その1"の会社へ。門の前へ行くと、"息子その1"と一緒に友達が立っていた。両親が来るって話したらご挨拶する!と一緒に待っていてくれたらしい。うれしいね、友達がいるのね!

 普段着で出社している"息子その1"に少々戸惑いつつ、栃木和牛を食べるべく、和牛のお店「まつ坂」へ。

_111093425
 少々いいお値段ではあるが、普段スーパーのお惣菜と社食の"息子その1"にごちそう。ステーキは130g~ってことで、我らには多すぎるので… このセットを2人前と、単品メニューを頼んで、私と夫はステーキをシェアすることに。オーダーとりながら戸惑う店員さん(^_^;)

_1110944_2
 セットのサラダ、単品の牛たたき、肉豆腐がやってきた。セットの前菜もやってきた。

_1110948_2
 前菜にもたたきがちょっとだけついてるのね。このたたき、すごく美味しかった~。そしてやってきた、にくーっっ

_1110962_2
 150gってやっぱり結構なボリューム。ジュージューする音と香りに気分もあがる~。普段まず食べないであろうA5ランクの肉ってことで、柔らかくてジューシー。150gも食べられるの?? なんて言っていたが、いつも異様に食べるのが遅い"息子その1"が、もりもりとあっという間に完食したのにはびっくり。私と夫は半分ずつだったが、充分。しばらく話をしてから、"息子その1"を寮に送り、ホテルへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那須高原・1日目 「ペニー・レイン」

 毎年9月くらいに夏休みをとってハーヴェストクラブのホテルに泊まるのが恒例になっている。今年は"息子その1"が大田原市に住んでいるので、那須高原へ行ってみようということに。我らも神奈川に住んでいるので、多少行きやすいよね。

Dsc00555_2                今回レンタルしたのはうちのと同じフィット
                だけどずいぶんと進化していて戸惑う夫

 朝6:00、重い荷物をガラガラしならまず調布へ。こちらのレンタカー、24時間営業ってのがありがたい。手続きして車を借りて、ナビをセットし、いざ出発! まずは、那須高原のベーカリーレストラン、「ペニー・レイン」へ。こちら、ビートルズ色満載のパン屋さんにレストランもあるというウワサを聞いて、以前から気になっていたお店。

Dsc0054325           前にうっすら見えるのは、新宿のNTTドコモビルだよね

 首都高って狭いし建物近いのですごくスピードが出てる感じがして怖い… ナビが細かく指示を出してくれるのだが、ぼんやりしていた夫は走る車線を間違え、あたふた。少々遠回りとなったがなんとか東北自動車道へ。とりあえず難所を抜けたところで、SAに入って朝食。

Dsc00554_2                 えらく閑散としたSAだった…

 10:00過ぎかな、那須へ到着。まずは、道の駅、友愛の森へ。こちら、まんさいかんのような産直品販売所、飲食店、工芸ができる施設、観光案内所などのある道の駅で、平日の朝にも関わらず、結構な賑わい。採れたてのお野菜がたくさん売っていていいなー。でも今買ってもね… ということで、帰りにもう一度寄ることを決意。ここでは、近くの今牧場で作っているというチーズと、イチゴ大福を購入。夜食べるのだ。

 さて、次はいよいよペニー・レイン!! 平日の昼前だと言うのに、駐車場にはかなりの車。中に入ってびっくり、ベーカリーは人でいっぱい。レジ待ちの長蛇の列。中はビートルズ色満載で、グッズも売ってる!! とりあえずお昼を食べようと、奥のレストランへ。レストランはまだ数席余裕がある。店内の音楽は当然のようにビートルズ。展示品もみんなビートルズでキョロキョロしてしまう。

Dsc00613_2                 これがウワサの…

Dsc00582_2                こりゃやっぱり写真撮っちゃうよね…

Dsc0058625               店内こんな感じで、全部チェックしたいぞ

 
レストランのメニューは、ガッツリ系かなぁ、ハンバーグとかステーキとか、結構なボリューム。朝食食べてからそんなに時間経ってないし、メタボが気になるお年頃なので、無難そうなパスタ・ボロネーゼと、ハンバーググラタンをオーダー。

Dsc00601_2              パスタの量もすごいが、ソースの量もすごい

Dsc00602_2               ハンバーグが肉感いっぱいでうまし

 パスタの量に驚愕… でもソースもたっぷりで美味しい。グラタンは、グラタンよりハンバーグの方が多い気がする… 美味しかったけどおなかいっぱい。

Dsc0061725          あいにくの雨だったけど、テラスには屋根付きの場所もあって
              ペット連れでも気兼ねなくお食事できる


 お店にはテラスもあって、ペット連れの方たちには便利。ペット同伴のペンションや、ドッグランなどもあるらしい。

Dsc0067525
 チーズやパンのカットに使えるというナイフが売っていて、ちゃんとペニーレインって書いてある!! これは使えそうと購入。

 ずっとここにいたい気はしたが、そうも言ってられないので、次の目的地ステンドグラス美術館へ。ステンドグラスの展示と、パイプオルガンの演奏、オルゴールの演奏が楽しめる美術館だ。残念ながら中は撮影禁止とのこと。だが、同じ敷地内にセント・ミッシェル教会があり、こちらは撮影OKなので、先にそちらで撮影。

Dsc00633_2                        神聖な雰囲気

Dsc00643_2                  色合いが素敵だなー

 教会って縁が無いのだけれど、独特の神聖な雰囲気は素敵。残念なのは、肝心のステンドグラスが、近くないこと。ズームで撮影してみる。

Dsc00654_2              美術館の中が撮影禁止なのは残念だなー

 撮影しまくったのち、美術館へ。素晴らしいステンドグラスの数々。インテリアも素敵なステンドグラスのスタンドなどが飾られている。こちらの窓のステンドグラス、全てイギリス製の古い作品とのこと。建物の中を順路通りに進んでいくと、教会の造りが2カ所。パイプオルガンの演奏と、120年前のドイツ製オルゴールの演奏を堪能。オルゴールではドビュッシー、ショパン、そしてビートルズの「ヘイ・ジュード」の演奏を聴かせていただいたのだが、120年前の装置で聞くビートルズってのもまた不思議な感じ。

 その後、天然石でブレスレット作りをさせてくれる工房にお邪魔しようかなと思ったのだが、少々お値段が高めだったので断念。そのままホテルへ。これまで東急ハーヴェストクラブは伊東、箱根(2カ所)、浜名湖、山中湖と行ってみたが、ここほど難解な造りの場所はなかった… フロント棟の1Fが、宿泊棟の2Fになり、通路があったり無かったりで、大浴場へ行くにも一苦労… いや、部屋に戻るのに一苦労か。

Dsc0095125
Dsc00964_2             コテージもいいね 左側にちょっと見えるのが
                      我らの宿泊棟


 客室はとても広く、5人まで泊まれるお部屋。全体的にとっても上品な造りで、ペット同伴で宿泊できるお部屋や、コテージもある。中庭も素敵で、ペット連れて散歩も楽しそう。平日だって言うのに、駐車場はいっぱい。ゴルフ場があるのでゴルフに来ている人たちが多い感じ。お部屋でちょっと休んで、夕食へ。

Dsc0068425
 昼が重かったので、夜は蕎麦。ネットで調べた「天水」というお店へ。お蕎麦のほかに、海鮮丼などもあり、マグロの兜煮定食をやたらと勧められたのだが、那須高原で魚介ってのも違う気がして、やっぱり蕎麦。私はとろろ蕎麦、夫は天ざる。

_1110783_2               夫の天ざる 2山あって結構なボリューム

_1110786_2                      私のとろろ蕎麦
        冷たいのがよかったのだが、それだとつけとろろになってしまう
        (冷たい汁に浸った蕎麦はない)のでやむなく、温かい蕎麦


 とろろが結構な分量で、おなかがいっぱいになってしまって、完食できなかったのだが、つゆがすごく美味しい。やっぱり冷たい蕎麦が食べたかったなー、天おろし系作ってほしいなー。

 ホテルに戻って大浴場でのんびりし、少々迷いながら部屋へ戻って翌日の予定を立てる。夫は、地酒をいただきながら、私は野菜ジュースと清涼飲料水をいただきながら、イチゴ大福と、チーズをいただくことに。そうか、ナイフ、さっそく役に立つじゃん!!

_1110799_2               栃木に来たらイチゴ食べなきゃね!!
                  口開いてる系のイチゴ大福

21314530_1419545614807285_663667268                 買ってきたナイフ、さっそく役に立つ

 イチゴ大福はまぁ普通。チーズはかなり匂いがきつかったけれど、濃いね、味わい深い。疲れたー、食い過ぎたー
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

[ド] リプレイスメント ~全てを奪う女~

 イギリスのミニシリーズ、全3話。WOWOWで放送。産休で仕事を休む主人公と、代わりに雇われた女の確執。

The_replacement
 建築設計事務所で働くエレンは、仕事で大口の契約を取った直後、妊娠が発覚。数ヶ月後の産休に備えて、代わりの女性ポーラを雇うことに。やる気満々で積極的に働くポーラに軽く嫉妬を覚えつつ、引き継ぎを進めるエレンだったが…

 エレン役にモーヴェン・クリスティ。ポーラ役にヴィッキー・マクルア。エレンの夫イアン役にリチャード・ランキン。エレンの上司デヴィッド役にダグレイ・スコット(デスパレートな妻たちのイアン、フィア・ザ・ウォーキング・デッドのトーマス・アビゲイル)。

 #1では、やる気満々で積極的に仕事をこなすポーラに最初から嫉妬するエレン。ここでは、彼女がなぜそこまでポーラを目の敵にするのか全くわからない。これからしばらく仕事ができなくなる自分に対し、子育てが一段落してこれから仕事をバリバリこなせるポーラに八つ当たりしているとしか思えない。

 事件が起こるまではエレンが一人で騒いでいるだけに見えるのだが、次第にポーラの常軌を逸した点が視聴者にも見えてくる。エレンは本能的に何か感じとっていたってことかな。

 後半は、これでもかという嫌がらせ?が続き、どんどん追い詰められるエレン。でも見ていると、これはエレンの不注意もあったりして、脇が甘いなー ギリギリまでそんな感じで、最後はあっけなく解決。後半でエレンがもうちょっとうまく反撃したら面白かったのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

[映] ヤング・アダルト・ニューヨーク

 子供の居ない40代のカップルが、20代のカップルと親しくなり、感化される。いつまでも若いつもりで彼らに刺激を受けていろいろ真似てみたり。仕事面でも協力したりするのだが… というストーリー。原題は"While we're young"。

While_we_re_young
 ニューヨークに暮らすドキュメンタリー作家のジョッシュと、映画プロデューサー、コーネリアの40代カップル。子供は作らないと決めていたが、親しい同世代の友人カップルに最近子供が産まれ、彼らとの関係が今までとちょっと変わってくる。そんなとき、ジョッシュが講義をしていたアートスクールの聴講生カップル、ジェイミーとダービーと知り合う。20代のカップルだが、レコードやVHSビデオなどあえて古いモノを使ったおしゃれなライフスタイル。そんな彼らの今どきの暮らしに感化されるジョッシュたち。ジェイミーがドキュメンタリー映画を企画することになり、協力を買って出るジョッシュだったが…

 ジョッシュ役にベン・スティラー。コーネリア役にナオミ・ワッツ。ジェイミー役にアダム・ドライヴァー(Girlsのアダム)、ダービー役にアマンダ・セイフライド(ヴェロニカ・マーズのリリー)。

 子供は作らないと決めているジョッシュとコーネリア。だが最初からそうだった訳では無く、2度の流産を経験し、作らないことにしたらしい。おそらく本当は欲しいのだけれど、もうあんな思いはしたくないことから、必要ないと強がっている感じだ。

 同世代の友人カップルに子供ができたことで、彼らとの関係がちょっと変わってしまう。子供ができるとどうしても子供中心の生活になる。話題も合わなくなってくる。あり得る話だ。

 そんなとき、若いカップルジェイミーとダービーと知り合う。なんだかとっても自由に暮らしている彼らの生活すべてが今風。古いモノをあえておしゃれだと感じて取り入れる。彼らの真似をしていろいろやってみるけど、やっぱりちょっと無理が出てくる。

 ここからが本題。ジェイミーが思いつきでドキュメンタリー映画の制作を始める。軽い気持ちで手伝いを申し出るジョッシュ。それが思いのほか興味深い内容に展開。自分が作りかけで全然進まないドキュメンタリーを思い出してどんどん落ち込むジョッシュ。これだけ時間をかけてるのに全然まとまらないのに対して、計画もせず思いつきで気ままにやってるにも関わらず、どんどん素晴らしい作品へとなっていくジェイミーの才能に嫉妬し始める。

 ジョッシュの気持ちがわかるのと同時に、最近のテレビ番組の嘘くささと重なる。「ニュースの真相」ではとことん証拠にこだわったのに対し、ドキュメンタリー番組では面白ければいいのか。

 ジョッシュは仕事面ではパッとしないけれど、愛する奥さんがいる。結末で、彼らが選んだ道を応援したい。

 挿入曲もよかったな、絶妙のタイミングで流れたポールの「1985」、エンディングに流れたデヴィッド・ボウイの「Golden Years」、ポールの「Let'em in」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

[映] ニュースの真相

 2004年、ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑を報道した番組「60ミニッツ」。だがのちにその根拠となった証拠に疑惑が出てきて… という実話を描いた作品。これを見て何を感じるか。

Truth
 2004年。ジョージ・W・ブッシュ大統領が再選を目指してケリー候補としていたさなか、軍歴詐称疑惑の証拠を入手したCBSニュースのプロデューサー、メアリー。苦労の末番組を仕上げ、伝説的ジャーナリスト、ダン・ラザーの番組で放送。番組は大反響に。だがその直後、証拠が偽物であるというブロガーの指摘から、今度はメアリーたちが釈明に追われることに…

 メアリー役にケイト・ブランシェット。ダン・ラザー役にロバート・レッドフォード。メアリーのチームの元軍人チャールズ役にデニス・クエイド、マイク・スミス役にトファー・グレイス(70’sショーのエリック)、ルーシー役にエリザベス・モス(ホワイトハウスのゾーイ、MAD MENのペギー、トップ・オブ・ザ・レイクのロビン)。CBSの社長役にブルース・グリーンウッド。決定的な証拠を渡した元軍人役にステイシー・キーチ。メアリーの夫役にジョン・ベンジャミン・ヒッキー(キャシーのビッグCのショーン)。メアリーの上司?役にデイヴィッド・ライオンズ(レボリューションのモンロー、ザ・ケープのヴィンス)。メアリーを追求する側にダーモット・マローニー(CRISISのギブソン、シェイムレスのショーン・ピアース)。

 大物の疑惑を追及するのって難しい。なんと言っても大統領である。しかも金持ち。いろいろなウワサは元々あったけれど、それを報道番組で放送するとなるとまた違ってくる。証拠が必要で、不利な証言をする人はなかなか現れない。そんな中、やっと手に入れた重要証拠。それを持っていた人物は、これまで何度も脅され、身の危険を感じ、隠し持っていた。なので表には出たくない。情報源はなんとしても守ると約束して証拠を手に入れるメアリーだったが… というあたり、地味な展開ではあるが、実にリアル。

 これを見てどう感じるか。確かな証拠が存在しない以上、グレーな訳だが、こうやって映画になると… それが狙いなんだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] コロニア

 チリでカルト教団に捕らえられた恋人を救うため、教団に潜入する女性の物語。実際にあった出来事に基づいているらしい。

Colonia
 キャビンアテンダントのレナは、フライトでチリを訪れ、滞在中の恋人ダニエルと再会。ダニエルは、この地で活動家を支援していたため、反体制勢力として捕らえられてしまう。彼が連れて行かれた先は、コロニア・ディグニダという、カルト教団が生活する施設とわかり、単身で潜入することにしたレナ。

 レナ役にエマ・ワトソン。ダニエル役にダニエル・ブリュール。カルト教団のリーダー、シーファー役にミカエル・ニクヴィスト(ゼロ・アワーのホワイト・ヴィンセント、ミレニアムのミカエル)。

 怖いね、カルト教団。ここから逃げ出すというのは本当に大変なこと。しかも、集団生活をしているとはいえ、男女が全く別に暮らしているので、潜入したレナも、なかなかダニエルを見つけることができない。

 レナが潜入した意味あったんだろうか? とずっと思いながら見ていたが、なるほど。ちゃんと意味はあったね。なかなかスリリング。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ