« [映] ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 | トップページ | 二子玉川で映画とランチ »

2017年9月18日 (月)

[映] エイリアン:コヴェナント

 シネマシティで見るつもりだったのだが、12:00過ぎの回しかないので、初めて二子玉川の109シネマズへ。前作「プロメテウス」をちゃんと見ておいた方がいいということで、アマゾンTVにて再視聴して臨んだ。

 

Alien_covenant

 

 


 大規模移住計画を実施するため、惑星オリガエ-6を目指して宇宙船コヴェナント号に乗り込んだ2000人の入植者たち。ポッドで眠りについている間、アンドロイドのウォルターが管理していたが、ニュートリノ嵐に襲われ船の太陽光パネルが損傷を受ける。宇宙船のクルーが起こされるが、船長は事故で亡くなってしまう。代わりに船長となったオラムは、謎の電波を受信、近くに生存可能な惑星を発見し、オリガエ-6へ行く代わりに、この惑星へ行くことを決断。惑星に降り立つと、そこにはアンドロイド、デヴィッドが…

 

 アンドロイドのデヴィッドとウォルター役にマイケル・ファスベンダー。船長の妻ダニエルズ役にキャサリン・ウォーターストン。急遽船長となったオラム役にビリー・クラダップ。ほかのクルー役にデミアン・ビチル(アメリカ版「ザ・ブリッジ」のマルコ・ルイズ)、ジャシー・スモレット(Empireのジャマール)など。冒頭のシーンで、若い姿で出てくるウェイランド役にガイ・ピアース。プロメテウスで老けメイクだったのはこのためね。最初の船長役はジェームズ・フランコだがクレジットには出てこない。ポッドから出ないうちに死んじゃうからか。ノオミ・ラパスも、ちょっとだけ出演。

 こちらでもアンドロイドが重要な役割を果たしている。今回は、旧型デヴィッドと、新型ウォルターの一人二役のマイケル・ファスベンダー。自由意志を持つようになったデヴィッドに対し、従順なウォルターの対比が、顔の表情で演じ分けられていてすごい。

 いやはや、これは… エイリアン誕生秘話だね。そういうことかーって感じなのだが、となと、「エイリアン」第1作目はこの後ってことになるよね!?

 それにしても、謎は多い。そもそもデヴィッドはなぜ彼らの技術に詳しいのか。そして、人類の創設者である巨大な宇宙人は、何のために人類を作ったのか。作っといてなんて抹殺しようとしたのか。なぜ自らが開発した(と思われる)生物でやられてしまったのか。彼らの目的は何だったのか。(この辺はプロメテウスの謎であるのだが、未解決のまま)

 謎が深まってしまったが、続編で全て解決されることを期待…

|

« [映] ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 | トップページ | 二子玉川で映画とランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] エイリアン:コヴェナント:

« [映] ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 | トップページ | 二子玉川で映画とランチ »