« [映] レディ・プレイヤー1 | トップページ | [ド] ガンパウダー »

2018年4月23日 (月)

[映] リリーのすべて

 2016年のアカデミー賞で助演女優賞を受賞した作品。世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人リリーの物語。実話だったとは!

The_danish_girl
 1926年コペンハーゲン。若き画家夫妻アイナーとゲルダは結婚して6年目。才能を認められ始めたアイナーに対して、なかなか評価してもらえないゲルダはいらだちを感じていた。ある日、女性モデルが遅れたため、アイナーに代役を頼んだゲルダ。始めてストッキングをはいたアイナーは、自分の中の女性を自覚する。シャイでパーティ嫌いなアイナーに、別人に変装して出かけることを提案したゲルダは、彼を女装させる。それ以来、女装にのめり込むアイナー…

 アイナー役にエディ・レドメイン。ゲルダ役にアリシア・ヴィカンダー。モデルのウラ役にアンバー・ハード。

 アイナーは、大人になって始めて自分の中の女性に目覚めた訳では無く、子供の頃からなんとなく違和感を感じていたらしい。普通に結婚し、セックスし、生活していた彼は、女装をきっかけに、自分は男性ではないと気づく。この時代、相当悩んだことだろう。世界初となる性別適合手術に踏み切るのだが、成功するのかどうかも全くわからない手術である。その勇気は計り知れない。

 ゲルダの思いは複雑だ。愛する夫が女性の心を持っていると知っても彼を支え続けるが、二人の関係は変わる。とっても女性的な繊細さを持っているアイナーに対し、男性的な大胆さを持つゲルダ。でもやっぱりゲルダは女性で、アイナーに頼りたい部分もあったはず。

 悲しい結末だと思うのだが、アイナーはリリーになることができて幸せだったのかな。

|

« [映] レディ・プレイヤー1 | トップページ | [ド] ガンパウダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/66642523

この記事へのトラックバック一覧です: [映] リリーのすべて:

« [映] レディ・プレイヤー1 | トップページ | [ド] ガンパウダー »