« 神代植物公園と深大寺そば「松葉茶屋」 | トップページ | [映] ジェーン・ドウの解剖 »

2018年5月 6日 (日)

[映] アバウト・タイム ~愛おしい時間について~

 ちょっと前の作品だけど、そういえば自宅のブルーレイレコーダーに録画したまま見てなかったなと思い出し、アマゾンプライムTVで視聴。タイムトラベル能力を持つ家系だということを知った青年の恋愛事情・人生観を描いたロマンティック・コメディ。

About_time
 イギリス南西部のコーンウォールに生まれ育ったさえない青年ティム。21歳の誕生日、父親から重大な事実を告げられる。それは、この一家の男たちはみなタイムトラベル能力があると言うこと。その後ロンドンではたくことにしたティムは、素敵な女性メアリーと出会い恋に落ちるが、能力を使って知人を助けたために彼女との出会いがなかったことに。どうしても諦めきれず、能力を駆使してメアリーと再び恋に落ちる…

 ティム役にドーナル・グリーソン。メアリー役にレイチェル・マクアダムス。ティムの父役にビル・ナイ。母役にリンゼイ・ダンカン。妹役にリディア・ウィルソン。初恋の相手シャーロット役にマーゴット・ロビー(パンナムのローラ)。

 素敵な作品だなー。タイムトラベルできることを知ったら、どうするだろう? 過去に戻れたら何をするだろう? いろいろな可能性があると思うし、悪用するヤツだっているだろう。だが、ティムも父親も、時間を有効に使うことだけを考えて利用しているところがすごく好感持てる。

 戻れるのは自分の時間枠の中だけなので、自分が産まれる前や未来には行かれない、自分に子供ができたら、それ以前に戻ると、違う子供が産まれてくる可能性があるなど、ちょっとしたお約束がある。なので、ある意味リアルなタイムトラベルで、あり得そう!? こんな能力がちょっとあったらいいななんて思える。けど、なんで男だけに遺伝するんだろうね…

 タイムトラベルの設定は身の丈に合ったと言うか、現実的レベルのもので、ストーリーも身近な内容だ。恋をして結婚して子供ができて… そんな日常の中のちょっとした失敗を、ちょっと戻って修正する。そんな毎日でも、避けられない出来事が起こる。タイムトラベルができても不死身になったわけではない…

 日々を大切にすごそうと言う内容が、心温まるストーリーで描かれた素敵な作品。

 

|

« 神代植物公園と深大寺そば「松葉茶屋」 | トップページ | [映] ジェーン・ドウの解剖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/66690525

この記事へのトラックバック一覧です: [映] アバウト・タイム ~愛おしい時間について~:

« 神代植物公園と深大寺そば「松葉茶屋」 | トップページ | [映] ジェーン・ドウの解剖 »