« [映] パトリオット・デイ | トップページ | [映] ワンダーウーマン »

2018年6月 2日 (土)

[ド] マーベラス・ミセス・メイゼル

 アマゾン・プライムTVオリジナル作品。なんとなく#1を見てみたら! これは面白い!! 1950年代のニューヨークを舞台に、裕福な新妻が、ひょんなことから人生が一変し、コメディアンになると言うストーリー。

Marvelous_mrs_maisel
 1958年ニューヨーク。ハンサムなジョエルと結婚し、裕福な家庭で順風満帆だった主婦ミッジ。日中は仕事をしながら夜な夜なライブハウスにスタンドアップコメディアンとして出演している夫を支えるため、全力を尽くしていたある日。全くウケなかったことに落ち込んでしまったジョエルは、突然離婚を切り出し、家を出て行ってしまう。不倫していたことを聞かされ、呆然としたミッジは、酔った勢いでライブハウスへ。自分の境遇をステージで語ったところ大ウケ。それを見ていたライブハウスの従業員スージーから意外な提案を受ける…

 ミッジ役にレイチェル・ブロズナハン。ジョエル役にマイケル・ゼゲン。ミッジの父役にトニー・シャルーブ(名探偵モンクのモンク)。スージー役にアレックス・ボースタイン(「MADtv」でお馴染み)。

 ミッジは完璧主義らしい。結婚して4年間、おそらく素顔を夫に見せたことは一度も無い。彼が寝た後にメイクを落とし、起きる前に起きてばっちりメイクする。髪型も学生時代から全く同じ、体型も全く変わらないように毎日管理。夫がちょうど良い時間に出演できるように店に料理を貢いで頼み込んだり、夫の出演中もお客がどのくらいウケたか、何にウケたか、ばっちりメモをして管理。家の中も常に秩序があり、完璧な妻だ。

 想像するに、ジョエルはそんな完璧な妻に息苦しさを感じたのだろう。ささいなことをきっかけに離婚を切り出し、愛人の元へ。突然のことに呆然とするミッジ。

 とはいえ、彼女の両親は裕福なユダヤ人らしく、両親も、ミッジたちも高級マンションに住んでいる。おそらく生活には困らないのだろう… (と思ったら、なんと! のんきにしては居られないことが#2で発覚) 世間体を気にして動揺する両親。自分は被害者なのに、慰めてももらえないミッジは、酒をあおって夫の出演していたライブハウスへ。自分の境遇をステージで語ったところ大ウケ。なるほど彼女の話はテンポもいいし、面白い。ジョエルなんかよりずっと才能がある。そのことに気づいたスージーが、彼女に、スタンドアップコメディアンとしてやってみないかと誘いをかける…

 とここまでが#1。これは面白い! シーズン1が8話、シーズン2が10話の予定で、シーズン3まで決まっている。楽しみ。

|

« [映] パトリオット・デイ | トップページ | [映] ワンダーウーマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/66787327

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] マーベラス・ミセス・メイゼル:

« [映] パトリオット・デイ | トップページ | [映] ワンダーウーマン »