« [映] ボヘミアン・ラプソディ | トップページ | [映] マザー! »

2018年11月10日 (土)

[ド] キング・オブ・メディア

 巨大メディア企業の創業者と、その一族の骨肉の争いを描いたドラマ。HBOってことで期待高まる。スターチャンネルにて放送。

Succession
 ニューヨークの大メディア企業ウェイスター=ロイコ社。創業者にしてCEOのローガン・ロイの80歳の誕生日パーティに一族が集まる。引退を表明していたローガンの跡を継ぐことに内定していた次男ケンダルは、アジア系の企業買収に手こずっていた。そんな中、パーティの席で、引退はせずに会社に残ることを宣言したローガン。愕然とするケンダル…

 ローガン役にブライアン・コックス。次男ケンダル役にジェレミー・ストロング。長女シヴォーン役にセーラ・スヌーク。三男ローマン役にキーラン・カルキン(マコーレーの弟だね)。長男コナー役にアラン・ラック(スピン・シティのスチュアート)。ローガンの後妻マーシャ役にヒアム・アッバス。ローガンの姪の息子グレッグ役にニコラス・ブラウン。ローガンの右腕フランク役にピーター・フリードマン。

 感じとしては「ダーティ・セクシー・マネー」にちょっと似てるか。「ブルース一家は大暴走」をもっとシリアスにした感じか。メディア界の帝王ローガンは引退をほのめかし、ケンダルが跡を継ぐような雰囲気になっていたが、どうもそれが気にくわなかった様子。引退を先延ばしにして、他の仕事をしているローマンやシヴ、コナーを経営に関わらせたいらしい。自分が継ぐ気満々だったケンダルは呆然。そんな時、ローガンが倒れる… 果たしてこの会社、この一族はどうなるのか??

 独裁者のようなローガン。長男コナーは世捨て人のような感じだし、シヴは政界で仕事をしている切れ者、三男ローマンはしたたかで抜け目ないちゃっかり者。それに対し、次男ケンダルは自分に自信がないようで、父に認めてもらいたい気持ちが先走り、ちょっと頼りない。そこへ、マザコンの青年グレッグが転がり込んでくる。

 シーズン1は10話。シーズン2も決まっているらしい。さてどんな物語が展開するのか。

|

« [映] ボヘミアン・ラプソディ | トップページ | [映] マザー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] キング・オブ・メディア:

« [映] ボヘミアン・ラプソディ | トップページ | [映] マザー! »