« [ド] キング・オブ・メディア | トップページ | [ド] サバイバー: 宿命の大統領 »

2018年11月12日 (月)

[映] マザー!

 なんとも不思議な作品。何かのメタファーなんだろうとは思ったが、よくわからず、解説記事を探した(^o^;

 

Mother

 

 


 郊外の一軒家に住むことになった詩人と、その若き妻。作品がなかなか書けない夫を支えつつ、まだ未完成の家を、住みながら直している妻。ある日、見知らぬ男が訪ねてくる。外科医だというこの男は、図々しくも泊まりたいと言い始めるが、なぜか快く泊めることにする夫。そして翌日、今度はその男の妻がやってきた上に、家の中でやりたい放題。さらに彼らの息子たちまでもが押しかけ、大げんかを始め…

 

 詩人役にハビエル・バルデム。妻役にジェニファー・ローレンス。訪ねてきた男役にエド・ハリス。その妻役にミシェル・ファイファー。彼らの息子たちの役でブライアン・グリーソンとドーナル・グリーソン。その後いろいろな人がやってくるのだが、クリステン・ウィグも登場。

 

 なんだかわからないまま、次々とやってくる訪問者たちによって、理不尽に家が荒らされていき、妻が精神的に追い詰められる。終盤はあまりの惨状に全く意味がわからず… 最後のシーンで状況が飲み込めたものの、わからない感満載のまま終わる。

 これ、あまり書いてしまうとネタバレしてしまうので書かないが、どうも宗教的な意味合いがあるらしい。解説を読んで初めて、なるほどね… いろいろな解釈ができるのかもしれない。そういう意味では深い作品なのかも。

|

« [ド] キング・オブ・メディア | トップページ | [ド] サバイバー: 宿命の大統領 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] マザー!:

« [ド] キング・オブ・メディア | トップページ | [ド] サバイバー: 宿命の大統領 »