« [映] LOOP/ループ -時に囚われた男- | トップページ | ローストビーフ2019 »

2018年12月31日 (月)

[映] ダウンサイズ

 人間を13cmに小さくすれば食糧難も環境問題も解決!? と言うコメディ。

 

Downsizing

 

 


 人間を1/14に縮小すると言う画期的な技術が発明される。小さくなれば、お金をかけずに豪邸に住むことができる。ゴミも減る。環境問題も食糧問題も一挙に解決! 友達が夫婦でダウンサイズ化を実行したのを目の当たりにし、妻オードリーと共に優雅な生活を夢見てダウンサイズ化を受けることを決意したポールだったが…

 

 ポール役にマット・デイモン。妻オードリー役にクリステン・ウィグ。ダウンサイズ後の隣人ドゥシャン役にクリストフ・ヴァルツ。友人役にジェイソン・サダイキス。ダウンサイズ化の広告塔?夫婦役にニール・パトリック・ハリスとローラ・ダーン。清掃員ノク・ラン役にホン・チャウ。

 

 これ、劇場に見に行こうと思っていたのだが、あまりに評価が低かったのでやめた作品。結構面白かった。ダウンサイズ化して起こるであろう不具合(小動物とか昆虫とかと遭遇したらひとたまりも無いとか、今まで普通に手に入っていたものが手に入らないとか)をコミカルに描くのかなと想像していたのだが、それはあまり大きな問題として取り上げられていない。

 

 むしろ、ちょっとした誤算から起こる、行き先のわからないポールの人生の旅?みたいな作品か。「アントマン」的な、ちっちゃくなるとこんなことが大変ってことを見て笑うコメディを期待してると外されたと感じるかも。

 

 ちょっと考えただけでも、ここまでダウンサイズ化されてしまうことが本当にいいことなのかは疑問。元に戻れない上に、今までのつながりを全て断たなくてはならない。まぁ会えないこともないが、あらゆる面で違いすぎて、例えば話をするだけでも結構大変だ。

 そんな生活を選んでしまったポール、最初は後悔ばかりしていたが、ある出来事をきっかけに前向きになると言うストーリーは素敵。清掃員のノク・ランの強烈な個性がこの作品を面白くしていると思う。ちっちゃくなる生活を選ぶというのは、何かしら引き返すことの出来ない生き方を選ぶと言うことのメタファーだね。もうちょっと高評価がついてもいいと思うな。

|

« [映] LOOP/ループ -時に囚われた男- | トップページ | ローストビーフ2019 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ダウンサイズ:

« [映] LOOP/ループ -時に囚われた男- | トップページ | ローストビーフ2019 »