« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月27日 (日)

[映] スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方

 発掘観賞、第六弾。コメディアンが多数出演していて、コメディとなっているが、あまり笑えないな。ある出来事がきっかけで精神的にもろい双子の姉弟の物語。2014年の作品。

The_skelton_twins
 バスタブで手首を切り、自殺を試みたマイロ。偶然にもご近所さんに発見されて未遂に終わるが、その知らせを聞き、病院に駆けつけた双子の姉マギーも、薬を飲んで自殺を試みる直前だった。10年ぶりの再会となった2人だったが、しばらくマギーの家に居候することになったマイロ。楽しいこともあったが…

 マギー役にクリステン・ウィグ。マイロ役にビル・ヘイダー。マギーの夫ランス役にルーク・ウィルソン。マイロの元恩師で交際相手?のリッチ役にタイ・バーレル。

 マギーは完璧な夫がいるにも関わらず、浮気がやめられない。マイロは学生時代の恩師リッチと関係を持ち、リッチはそれが原因で職を追われ、マイロはそれが心の傷になっている。2人は仲の良い双子だったが、子どもの頃、辛い出来事が。それが2人の心に陰を落としているのだろうか。

 時にコミカルなのだが、彼らの現状を見るととても笑えない。彼らの問題は、どうも私にはよくわからないなぁ。双子の兄弟(姉妹)って特別な存在だと思うのだが、男女の双子の場合はまたちょっと違うのかなぁ? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] ウォールフラワー

 発掘観賞、第五弾。壁の花って、パーティで1人ぽつんと壁にたたずむ女の子だと思っていたのだが、こちら主人公は高校生男子。辛い体験が原因で精神的に不安定で、友達もいない1人の高校生が、立ち直る様子を描く。2012年の作品。

The_perks_of_being_a_wallflower
 ちょっとシャイな少年チャーリーは高校生になるが、友達を見つけられず。唯一話せるのは文学の先生くらい。そんな寂しい高校生活を送っていたが、フットボールの試合観戦中に、ちょっとだけ勇気を出して上級生パトリックに声をかけたことから、彼の義妹サムやその仲間たちの仲間に入れてもらうことに。それ以来、充実した高校生活を送るが…

 チャーリー役にローガン・ラーマン。チャーリーの父役にディラン・マクダーモット(ザ・プラクティスのボビー・ドネル)、母役にケイト・ウォルシュ(プライベート・プラクティスのDr.アディソン・モンゴメリー)。パトリック役にエズラ・ミラー。サム役にエマ・ワトソン。セラピスト役にジョーン・キューザック。アンダーソン先生役にポール・ラッド(アントマンね)。

 とてもいい雰囲気の素敵な作品だったなぁ。パトリックとサムは、両親の再婚で兄妹になったので、元は他人。相性抜群、ツーカーの仲だ。サムには彼氏がいるし、パトリックにも彼氏がいる。チャーリーはサムに恋をするが、彼氏がいるので遠慮している。サムへのプレゼントがビートルズの「Something」のシングルレコードって、すごくイキだな。

 居場所を見つけたチャーリーは、とても楽しい高校生活を送るのだが、実は彼には悲しい過去が。それがトラウマとなり、精神的に不安定になることがある。そんな彼らの微妙な関係が、すごくいい雰囲気で描かれている。

 アメリカの高校生って人間関係難しそう。でも上級生と親友になれるって、日本の高校ではちょっと考えられない状況ね。エマ・ワトソンがスペシャル・キュートだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] 僕が星になる前に

 自宅のハードディスクに録画したままになっていた作品を発掘鑑賞、第四弾。こちらは2010年のイギリスの作品。ってことで、ベネディクト・カンバーバッチ若っ。

Third_star
 29歳のジェームズは末期がん。残された時間を有意義に過ごそうと、親友のデイヴィ、ビル、マイルズの3人と、世界一好きな場所であるウェールズのバラファンドル湾へキャンプ旅行をすることに。童心に戻って旅を楽しむ4人だったが、時には喧嘩になることも。そして目的地付近で、病状が悪化するジェームズだったが、旅を続けると言い張る…

 ジェームズ役にベネディクト・カンバーバッチ。デイヴィ役にトム・バーク(マスケティアーズのアトス)。マイルズ役にJJフィールド。ビル役にアダム・ロバートソン。海辺で出会った謎のおじさん役にヒュー・ボネヴィル(ダウントンアビーのグランサム伯爵)。

 ジェームズに残された時間はわずか。その少ない時間を、親友と過ごしたいと言うのはわかる。一番好きな場所へ行っておきたいと言うのもわかる。けど… ジェームズの目的というのが、私には理解できなかった。そういう考え方もあるのか… とも思ったが、友達にも迷惑がかかるし、家族の思いだってあるわけで… うーん、やっぱりわからないなぁ。そういう立場になればわかるのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

[映] ドゥームズデイ

 同じく録画しっぱなしだった作品を発掘鑑賞。ゾンビモノかなと期待したがちょっと違った(^o^;。2008年のイギリスの作品。

Doomsday
 スコットランドのグラスゴーで殺人ウィルスが蔓延。イギリス政府はこれを制圧することができず、最終手段としてスコットランドを城壁で封鎖。それから27年後、根絶したと思っていたウィルスが、ロンドンで見つかってしまう。ところが、全滅したと思っていたスコットランドの城壁内では生存者がいることがわかる。治療薬が開発されたのだと考えた政府は、女性兵士イーデンをリーダーとするチームを送り込み、治療薬を手に入れようとするが…

 イーデン役にローナ・ミトラ(ラストシップのレイチェル・スコット)。この人、顔が苦手だったんだけど、この頃はめっちゃ綺麗。なにかやった?? 壁の中のケイン博士役にマルコム・マクダウェル。ハッチャー首相役にアレクサンダー・シディグ(DS9のドクター・ジュリアン・ベシア)。首相の右腕カナリス役にデヴィッド・オハラ。イーデンたちのボス?役にボブ・ホスキンス。イーデンのチームのノートン軍曹役にエイドリアン・レスター(華麗なるペテン師たちのミッキー)。ケイン博士の娘役にマイアンナ・バーリング(イン・ザ・ダークのヘレン)。

 これは、アクションを見せるための作品ね。イーデンがめっちゃ格好いい。無敵。ストーリー設定としては謎が多すぎるし、イギリス政府のやり方は酷すぎると言うか、あり得ない… でもイーデンのアクション、カーチェイス、ナイスバディを存分に見せてもらったので、まぁいいか。あの義眼、なかなか便利ね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] インサイド・ミー

 こちらも、かなり前からHDDに録画したままになっていた作品。適当に選んで見たら、「危険な情事」の逆バージョンみたいなやつだった…

Plush
 弟ジャックと曲を作ってロックバンド「Plush」でブレイクしたヘイリー。カーターと結婚、双子を妊娠出産したことで家事育児に忙しく、音楽を離れていた間に、弟ジャックが薬物過剰摂取で亡くなってしまう。失意のヘイリーは、新曲も酷評されて落ち込む。そんなとき、ジャックの代わりに雇ったギタリスト、エンゾに優しくされたことから、彼と不倫関係に… だが彼は訳ありだった…

 ヘイリー役にエミリー・ブラウニング。エンジェル・ウォーズのベイビードールだね。もう可愛すぎ。双子を出産してあの体型とか、ないし!! エンゾ役にゼイヴィア・サミュエル。カーター役にカム・ジガンデイ。弟ジャック役にトーマス・デッカー。突然やってきたシッター、カミラ役にフランシス・フィッシャー。

 これはBだね。エンゾが怪しいってすぐにわかっちゃったし。カミラが誰なのかもわかっちゃったし。危険な情事そのまんまやんって感じだけど、いいの、エミリー・ブラウニングめっちゃかわいいから許す。そして、最後は… やるときゃやるのだ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ

 タイトルがすごく気になって、ずいぶん前にWOWOWで放送していたのを録画していたのだけれど、見ないまま数年が経過… 他に何も見るものがなかったので、やっと視聴。50年代末のスウェーデンの海辺の小さな町が舞台で、ある少年の物語。85年の作品。

My_life_as_a_dog
 少年イングマルは、病気の母と兄と3人暮らしで、父親は仕事で遠方に出かけたまま戻ってこない。そんなある日、母の病状が悪化し、兄弟は別々に親戚の家に預けられることに。田舎の叔父の家に行くことになったイングマルは、愛犬シッカンを連れて行くことができず、病院へ預けることに。母と離れて寂しい思いをしつつも、村での暮らしは結構楽しく…

 イングマル役に アントン・グランセリウス。村で友達になった少女サガ役にメリンダ・キナマン。気づかなかったのだが、彼女、「犯罪心理分析官インゲル・ヴィーク」のインゲル・ヴィークなのね!!

 イングマル少年は、よくいる感じのいたずら坊主だ。まだまだお母さんに甘えたいお年頃。でもお母さんは病弱で、彼のエネルギーをうまく扱えない。お父さんはずっと不在だが、そんな中、お母さんの病状が悪化。親戚の家へ預けられることに。大好きなお母さんと離れて寂しいと思うのだけれど、そんな様子は見せず、その場をエンジョイする。辛い境遇だと思うのだけれど、ボクは恵まれている方だと、常に前向き。

 12歳? ちょっと性に目覚めると言うか、興味を持ち始めるお年頃ってことなのか、そういう描写も出てくるけど、ほのぼの系。今みたいに情報あふれてないからね、いい時代かも。

 見方によっては悲しい物語だと思うのだけれど、悲壮感はない。イングマルはくよくよしない。考えても仕方が無いから。そんな彼がなんともいじらしいし、健気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] トゥームレイダー ファースト・ミッション

 トゥームレイダーはコンピュータゲームが元らしい。アンジェリーナ・ジョリーの作品が記憶に残っているが、本作は、リブート版のゲームを映画化したものだそう。個人的にはこっちの方が好きだなー

Tomb_raider
 バイク便のバイトで生計を立てているララ。父リチャードは日本へ行ったまま失踪して7年。大企業クロフト社の経営者であったことから、彼の死を認めて遺産を相続するよう求められていたが、認めたくないララ。父の遺品の中に、古代日本の女王・卑弥呼に関する資料を見つけたララは、父失踪の手がかりを探すため、卑弥呼の墓があるとされる無人島を目指すが…

 ララ役にアリシア・ヴィカンダー。父リチャード役にドミニク・ウェスト(アフェアのノア)。無人島で墓を探しているインフィニティのリーダー、ヴォーゲル役にウォルトン・ゴギンズ(Shieldのシェーン)。香港で船を持っているルー・レン役にダニエル・ウー。クロフト社を任されているアン・ミラー役にクリスティン・スコット・トーマス。質屋のオヤジ役にニック・フロスト。

 卑弥呼はすごい力を持っていたそうで、墓を暴いてその力を手に入れようとする悪い奴らインフィニティから人類を守るため、墓の場所を記した資料は破棄するようララに遺言したリチャード。だが、破棄せずに父を探しに行ったララ。インフィニティに墓の場所を知られ、内部へ… って辺りはレイダースだね。

 卑弥呼の墓が無人島にあるってのも妙な話だけど、そこへ行くのに香港から行くって… 謎すぎ。それに日本の無人島ならそこへ上陸するには日本の許可がいるはずで、そこにすでにインフィニティ(アメリカ人?イギリス人?)がわらわらと上陸していてすでに7年も経つって、日本無防備すぎだろ…

 と言う突っ込みどころはたくさんありそうだが、まぁいいか。ララ役のアリシア・ヴィカンダー可愛いし、アクションを堪能した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

[ド] ブラック・ミラー

 テクノロジーの進化と、それによってもたらされる問題点を描いたようなオムニバスSFシリーズ。Netflixオリジナル作品ってことなんだけど、最新のシーズン4から順に並んでいるので、何も知らずに夫はシーズン4の#1を見たらしい。並びに気づいた私はシーズン1の#1~3を見た後、続いて出てきたのを見たら、シーズン4の#2だった(-_-;) この並び、なんとかしてほしい。けど、たまたま、シーズン1の#3と、シーズン4の#2はちょっとつながりがあると言うか、共通とも思える装置が登場。興味深い。

Black_mirror
1-1 「国家」
 国民に人気の英国スザンナ妃が誘拐された。犯人は、スザンナ妃の釈放の条件として、首相がブタと性行為をする映像の生中継を要求。犯人捜しが始まるが…

1-2 「1500万メリット」
 完璧なる管理社会で暮らす人々。個室は小さな部屋、与えられた仕事はひたすら自転車をこいで発電すること。唯一の楽しみは、部屋の壁の映し出される大型スクリーンを見ること。そこに映し出されるのは、作り物の映像ばかり… その生活から抜け出す唯一の手段はオーディション番組で勝ち抜いてスターになることだった。

1-3 「人生の軌跡のすべて」
 自分の見たものを全て録画できるチップを埋め込み、必要に応じて見ることができる近未来。しかし、過去の記憶(記録)にしばられるあまり…

4-1 「宇宙船カリスター号」
 勇敢で部下から慕われる、宇宙船カリスター号のロバート・デイリー船長。だが… 実はこれは仮想ゲームの中。コンピュータゲームの設計者ロバートは、カリスター社のCTO。湯友人ウォルトンと共に会社を立ち上げたが、CEOである彼に言われるがまま。腹いせに、彼のDNAからデジタルコピーを作成し、ゲームの中に取り込んで意のままに操っていたのだった。同様に、ロバートに意地悪をした人物たちのコピーが乗組員となり、カリスター号は構成されていた。そこへ、新人のナネットが加えられるが…

4-2 「アークエンジェル」
 シングルマザーのマリーは、幼い娘を公園へ連れて行くが、ちょっと目を離した隙に居なくなり、怖い思いをする。すぐに見つかるが、そんなことが二度と無いよう、最先端の監視チップを娘に埋め込む。それは、彼女の居場所がわかるばかりか、彼女の見た物すべてが記録されると言うシステムだった…

 それぞれ全く違う話なので、どこから見ても大丈夫。個人的には4-1の「宇宙船カリスター号」がツボだった。(これ、完全にスタートレック) イギリスの作品だそうだが、シーズン3以降はアメリカの俳優さんなので、アメリカに移ったのかな?? それぞれ問題提起をしていて、とても興味深い。突っ込みどころ満載だけどね…

 シーズン1は3話、シーズン2は4話、シーズン3と4は6話、シーズン5も決まっているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

[ド] YOU -君がすべて-

 あるストーカーの物語… Netflixにて配信中。

You
 本屋の店長ジョーは、店にやってきた小説好きの大学院生ベックに恋をする。彼女の名前を知ったジョーは、ネットを駆使して彼女の情報を集め始める。彼女に近づくため、邪魔者を排除し…

 ジョー役にペン・バッジリー(ゴシップ・ガールのダン・ハンフリー)。ベック役にエリザベス・ライル。ジョーの隣人の少年パコ役にルカ・パドヴァン。

 ペン・バッジリーがストーカーの役とは… とはいえ、ベックに恋したジョーは、ハタから見れば超のつく善人。隣人の少年パコには自分の過去を思い出すのか、とても優しく面倒を診ているし、彼氏としてもとても気の利く青年だ。

 なんとなくデクスターに似ているなと思う。目的は全然違うが、頭がよく、一見いい人だ。

 シーズン1は10話。2も決まっているらしい。果たして、2人の恋の行く末は…??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

ローストビーフ2019

 去年、一昨年とローストビーフ用の牛肉ですったもんだあったので、今年はどこに頼もうか考えた結果、少し離れたガッツのあるスーパーの精肉部にお願いしてみることに。12月上旬、買い物ついでに精肉部のおっちゃんに声をかけ、ローストビーフ用の和牛か国産牛肉を1kg買いたい旨伝えると、4000~5000円くらいになると思いますと言って、ささっとメモを取って承知しました~、私Yが承りました~ってことでオーダー完了。頼もしい。

 

 そして年末。夫に受け取りに行ってもらうと、ちょうど5000円くらいだったとのこと。

 

_1210982ro_640x481

 

 


 じゃーん!! いいじゃん、いいじゃん、形もいいし、ほぼぴったり1kg。お値段は今まで買ってた牛肉よりずっと安いけど、おいしそう。

 

 そしていよいよお正月、ローストビーフをいただく。

 

_1220125ro_640x481

 

 


 柔らかくておいしい!! 今までで一番安かったのに、近年で一番マトモかも… 去年もこのスーパーに頼めばよかった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »