« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月28日 (木)

[映] スイス・アーミー・マン

 ダニエル・ラドクリフが死体役という作品。タイトルの意味は、この死体がまるでスイス・アーミー・ナイフのように万能で役に立つと言うところからきたのだろう。かなり奇想天外なストーリーだ。

Swiss_army_man
 無人島で1人遭難した青年ハンク。絶望のあまり自殺を考えていた矢先、ビーチに男性が流れ着いたのを見つける。すぐに蘇生を始めるがすでに死亡しており、再び絶望。だが、この死体にはガスがたまっており、死体にまたがるとおならの噴射でジェットスキーのように… 別の場所にたどり着いたハンクと死体のサバイバルが始まる…

 ハンク役にポール・ダノ。死体のメニー役にダニエル・ラドクリフ。最後に少々人が出てくるが、登場人物はほとんどこの2人。

 メニーがどういう人物だったのかはまるでわからないが、ハンクがどういう人物なのかは次第にわかってくる。なぜ無人島に居たのかは不明だが、自殺を考えていたハンクが、死体のメニーの登場、そして彼?と支え合うことで生きる希望を見いだし、サバイバルを成功させる。

 だけど… 遭難していたようだが、ちょっとおかしな点も多い。ハンクは死体相手に会話しているが、明らかに妄想だろう。それにしても、最初からずっと死体役なんて、前代未聞だろうな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

[映] メイズ・ランナー:最期の迷宮

 まず最初に突っ込み入れさせてもらいたい、「どこが迷宮やねんっ」。メイズ・ランナーの3作目で、完結編。1作目は確かに迷路を脱出だったのでメイズ・ランナーでいいと思うが、2作目は砂漠、そして3作目は謎の都市で、どこにも迷路は出てこない。

Maze_runner3
 秘密組織WCKDに捕らわれた仲間ミンホを取り戻すため、移送中の列車を襲撃するトーマスたちだったが、そこにはいなかった… 一方、ミンホは隔離地域ラスト・シティに運ばれ、ウィルスの抗体開発のための実験台にされようとしていた…

 キャストは前作までとほぼ同じかな。ブレンダ役のローサ・サラザール、バトル・エンジェルのアリータに似てるなーと思って見ていたのだが、まさに彼女だった!(ポスターで真ん中あたりに立ってる女性ね)

 うーん、2作目を見てからずいぶんと時間が経ってしまっていたので、設定やキャラクターを忘れてしまった… 冒頭の列車襲撃のシーンはなかなか見応えがあったが、あとはなぁ… かなり長い作品なのだが、後半はちょっと残念な感じだなー やっぱり1作目が一番面白かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] アリータ:バトルエンジェル

 原作は日本のコミックだそう。富裕層が暮らす天空都市と、廃棄物の町アイアンシティに二分された未来を舞台に、くず鉄の山から拾われたサイボーグの少女の活躍を描く。

Alita
 没落戦争から300年。富裕層が暮らす天空都市「ザレム」と、そこから排出された廃棄物で荒廃した「アイアンシティ」に二分された世界。アイアンシティに暮らすサイバー医師のイドは、ある日くず鉄の山からサイボーグ少女の胸から上を発見。頭部に損傷がなかったので、自分の娘用だったサイボーグの体とつなぎ合わせ再生。目覚めた少女は過去の記憶を失っていたため、アリータと名付ける。アリータは外の世界で青年ヒューゴと知り合い、親しくなるが…

 アリータ役にローラ・サラザール。でもCGだよね、目が異様にデカいもん。イド役にクリストフ・ヴァルツ。彼の元妻で医者?シレン役にジェニファー・コネリー。その上司ベクター役にマハーシャラ・アリ。ヒューゴ役にキーアン・ジョンソン。年配ハンター戦士役にジェフ・フェイヒー。

 アリータがあまりにもかわいらしく、そのくせあまりにも強くて圧倒された。サイボーグってことでやられてもまた再生するからねぇ… 怖いもんなしじゃん。

 アリータは過去の記憶を失っているが、少しずつ、自分が戦士であったことを思い出す。天空都市にいる黒幕の存在もあり、続編ありそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

[ド] ロシアン・ドール:謎のタイムループ

 自分の誕生日パーティを抜け出した女性が事故で命を落とすが、直後にまた誕生日パーティに戻り… と言うタイムループもの。Netflixオリジナルドラマ。主役は「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のニッキーことナターシャ・リオン。

Russian_doll
 36歳の誕生日、友達の家でパーティをしてもらうナディア。トイレで一服した後、いろいろ楽しんだ後、帰宅して仕事をし、タバコを買いに外へ出るが車にはねられて死亡。だが次の瞬間、友達の家のトイレに逆戻り。少々取り乱しながらもパーティを抜け出した彼女だったが、また事故死してトイレに逆戻り… タイムループにとらわれ、誕生日から抜け出せない…

 ナディア役にナターシャ・リオン(オレンジ・イズ・ニュー・ブラックにニッキー)。友人マキシーン役にグレタ・リー。アラン役にチャーリー・バーネット(シカゴ・ファイアのミルズ)。ベアトリス役にダーシャ・ポランコ(オレンジ・イズ・ニュー・ブラックのダヤナラ)。

 最初はタイムループの理由をドラッグのせいだと考えるが、どうやら違うらしいとわかる。繰り返すたびに少しずつナディアの状況が見えてくる。数日前から買ってるネコが行方不明だということ、元彼の存在、母親が36歳で亡くなっていること。原因はパーティ会場である建物じゃないかと、建物を調べてみたりするが…

 キャラ的にはオレンジ・イズ・ニュー・ブラックのニッキーそのまんまな感じ。ネコがどう絡んでくるのか(または関係ないのか)、なぜ毎回死んでしまうのか、この状況から抜け出せるのか。

 シーズン1は全8話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

[ド] ダーティ・ジョン -秘密と嘘-

 Netflixで配信中。実話に基づいた作品とのこと。

Dirty_john
 ニューポートビーチに住む裕福なインテリアデザイナー、デブラ。結婚に失敗し、独身だった彼女は、出会い系サイトで知り合った男性ジョン・ミーハンと知り合い、恋に落ちる。家族には反対されるが、彼に夢中のデブラは、こっそり結婚してしまう。

 ジョン役にエリック・バナ。デブラ役にコニー・ブリットン(スピン・シティのニッキー)。娘ヴェロニカ役にジュノ・テンプル。母役にジーン・スマート(サマンサWho?のレジーナ)。弁護士オニール役にジェフ・ペリー(ナッシュ・ブリッジスのハーヴェイ、スキャンダルのサイラス・ビーン、グレイズ・アナトミーのザッチャー)。弁護士役にアラン・ラック(スピン・シティのスチュワート)。

 麻酔医だというジョンの紳士的な振る舞いにすっかり騙されてしまうデブラ。だが最初から何かうさんくさいものを感じている娘たち。母に忠告するも、恋は盲目。彼の言うことをすっかり信じて結婚までしてしまい、2人で生活を始めるが… と言う展開。実話というのが怖いね。

 次第にわかるジョンの素性。これまでにもいろいろやらかしてきたのに、うまく法の目をかいくぐってきたらしい。どうなってしまうんだろうとハラハラしながら観ていたが、まさかこんな結末とは…

 シーズン1は全8話。シーズン2も決まっているみたいだけど、別のお話になるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

[ア] 約束のネバーランド

 アニメはまず見ないのだが、たまたま"息子その2"と一緒に今視聴中なので。初めてアニメマーク[ア]を使ってみる(^o^;。(カテゴリーは海外ドラマに入れちゃったけど)

 そもそもこのアニメの存在を知ったのは、先日、池袋サンシャインの展望台へ行ったのがきっかけ。そこは昔の展望台とはずいぶん様変わりしていて、イベントスペースとなっていた。そこで展示されていたのが、このアニメとコラボしたゲーム。まぁ謎解きゲームのようなモノで、中高生が楽しむような内容なのだが、我らおばさん2人組もちゃっかり参加。帰宅後、その話を"息子その2"にしたら、そのアニメがアマゾンプライムTVで見られることに気づいたらしい。

_1220737ro_640x481
 ストーリーは孤児院が舞台で、ここで暮らす12歳までの少年少女と、彼らの面倒を見る寮母さん、通称ママが、仲良く暮らしているのだが、ある日、年長の2人が偶然、この孤児院のとんでもない秘密を知ってしまい… と言う展開。この孤児院、子どもたちは生きて外へは決して出られない。里親に引き取られると外に行った者は、鬼の食料?になるために出荷されてしまうのだ。つまりここは鬼の食料を供給するための農場、子どもたちは家畜? そこで、なんとか出荷される前にこっそり逃げだそうと画策する物語なのだ。

 フジテレビ系で放送中で、元は少年ジャンプの連載らしい。とりあえずは結末気になるからねぇ、"息子その2"と楽しみに見ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

[映] トレイン・ミッション

 原題は"The commuter"と言うことで、通勤者って感じか? 電車通勤の保険セールスマンが事件に巻き込まれると言うストーリー。でもこのセールスマン、ただ者じゃ無い…

The_commuter
 保険セールスマンのマイケル・マコーリー。今日もいつものように出勤し、いつものように仕事をするが、突然解雇されてしまう。今後の住宅ローンや息子の学費に頭を悩ませつつ、いつもの通勤電車に乗った彼の前に、謎の美女が。この電車に乗った、ある人物を探し出せば10万ドルの報酬と言われ…

 マイケル役にリーアム・ニーソン。妻役にエリザベス・マクガヴァン(ダウントン・アビーのコーラ)。謎の美女役にヴェラ・ファミーガ(ベイツ・モーテルのノーマ・ベイツ)。マイケルの警官時代の同僚マーフィ役にパトリック・ウィルソン。通勤客仲間のウォルト役にジョナサン・バンクス(ブレイキング・バッドのマイク)。警官時代の上司役にサム・ニール。電車の乗客の1人役にシャザド・ラティフ(スタートレック・ディスカバリーのタイラー)。

 マイケルは元警官というのがポイントね。しかも金に困っていると言うことで、利用されたと言う設定だ。ついついこの謎の女のゲームに乗ってしまう訳だが、(乗らないと映画にならないし) 言われたとおりに相手を見つけるだけでなく、その目的をも突き止め… と言うスリリングな展開。結末もいいね。

 作中では60歳という設定だが、実際は60代後半。謎の美女役ヴェラは30代半ばって言われてたけど、実際は40代半ば。役者って化けるねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

[ド] カウンターパート/暗躍する分身

 閑職についている初老の男性が、ある日突然、並行世界の存在、そして自分とそっくりのもう1人の自分の存在を知らされると言うストーリー。第一話を見ただけじゃ、なんだかさっぱりわからないけれど、なんか陰謀の匂いが… カウンターパートと言うのは、対応相手とかの意味らしい。

Counterpart
 ベルリン、国連の諜報機関、情報伝達部で勤続29年のハワード・シルク。妻エミリーは交通事故で昏睡状態となり、毎晩病院へ見舞いに行く日々。情報伝達部での退屈な仕事に飽き、戦略部への転属を願い出るが、彼には向いていないと却下されてしまう。そんなある日、上司に突然呼び出されたハワードは、自分とそっくりの人物と対面させられ驚愕。並行世界からきたと言うもう1人のハワードは、並行世界から来た暗殺者を阻止するためにハワードの協力が必要だという。暗殺のターゲットは、妻エミリーだった…

 ハワード役にJ.K.シモンズ。同じ人物の役だけど、全然性格が違うので、一人二役だね。妻エミリー役にオリヴィア・ウィリアムズ(ドールハウスのデウィット、ホテル・ハルシオンのレディ・ハミルトン)。#1ではエミリーの甥っ子?役でジェイミー・バンバー(バトルスター・ギャラクティカのリー・”アポロ”・アダマ)がちょい役出演。

 並行世界の話もいろいろあると思うが、これは30年前に東ドイツの科学者が実験でミスして並行世界への通路を開いてしまったと言う設定。それ以来、それぞれの世界に違いができたらしい。なので、ハワードこちらとあちら、ある時期までの体験は全く同じだ。にも関わらず、こちらのハワードは優しいが閑職に甘んじている平凡な男なのに対し、あちらのハワードは頭脳明晰でアクションもこなすスパイのような男。この違いはなんなのか??

 血中コレステロール値にも違いがあるそうで(^o^;、遺伝子や育った環境だけでなく、その後の食生活が大きく影響しているって言いたいんだろうな。

 あちらのハワードは、こちらのエミリーの暗殺を阻止するためにやってきたと言う。なぜこちらのエミリーなのか。あちらのエミリーはすでに亡くなっているからと言う説明だったが、実は元気でピンピンしていることがわかる。これはどういうことなのか。あちらのハワードの真の目的はなんなのか。

 あちらのハワード登場によって、意識が少し変わったこちらのハワード。協力して欲しいんなら、昇進させろとごねる。自分にもこういうことが出来たはずと言う思いが芽生えたのだろう。

 まだまだ謎が多いが、面白そう。シーズン1と2がそれぞれ10話ずつ。どんな展開になるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

[ド] キリング・イヴ

 グレイズ・アナトミーでお馴染みのサンドラ・オー主演のドラマ、WOWOWで放送開始。イギリスのMI5で働くイヴが、ひょんなことからMI6でエージェントとして働くことになる。

Killingeve
 英国保安局MI5で働くイヴは、ある殺人事件のデスクワークをすることに。事情を聞き、犯人は女性だと気づくが、全く取り合ってもらえず。証人への事情聴取を勝手に進め、独自の捜査を開始するが、イヴの保護下で証人が殺されてしまったことで、クビになってしまう。だが彼女の読みは正しく、その行動力や洞察力が評価され、MI6のエージェントとして、犯人を追うことに。

 イヴ役にサンドラ・オー(グレイズ・アナトミーのDr.クリスティーナ・ヤン)。殺し屋ヴィラネル役にジョディ・カマー。イヴの上司となるキャロリン・マーテンズ役にフィオナ・ショウ(ハリー・ポッターシリーズのペチュニアおばさん)。

 MI5とMI6の違いがよくわからなかったのだが、なるほど、MI6の方がCIAっぽい感じ? イヴはそもそもMI5で働いていたが、事務職。仕事を物足りなく感じていた様子。彼女はちょっと変わっているが頭脳明晰。常にいろいろなことを同時進行で考えているマルチタスクな人間。夫はポーランド人だそうで、とてもやさしくお弁当まで作ってくれるよき夫。イヴの方が男性的だ。

 そして事件の犯人は謎の組織の美人殺し屋ヴィラネル。その容姿から、誰にも疑われずターゲットに近づく。だがどうやらサイコパスのよう。彼女にはボスがいて、彼の指示で動くわけだが、慣れなのか自信なのか、ちょっと反抗的になりつつある。

 イヴはヴィラネルを追うことになったわけだが、#1ですでに対面、そうとは知らずに。あとでわかるのかなー。

 シーズン1、2共に8話で、今のところ計16話。サンドラ・オー・ワールドが全開だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

[ド] キャッスル・ロック

 スティーブン・キング、JJエイブラムスが制作総指揮と言うドラマ、WOWOWで一挙放送。なんと、あのショーシャンク刑務所が出てくる~!!

Castlerocktv
 メイン州キャッスルロックにあるショーシャンク刑務所の所長を退職したレイシーが自殺。刑務所の長年使われていない棟で、檻に閉じ込められた青年が発見され、ヘンリー・ディーヴァーと言う名を告げる。
 死刑囚専門の弁護士ヘンリーは、刑務所から指名を受け、久しぶりに故郷のキャッスルロックへ戻るが、後任の所長ポーターはヘンリーが関わることを嫌がる。やがて刑務所では不可思議なことが起こり始める…

 ヘンリー役にアンドレ・ホランド。発見された謎の青年役にビル・スカルスガルド。ヘンリーの幼なじみモリー役にメラニー・リンスキー。ヘンリーの母役にシシー・スペイセク。ヘンリーの母の友人アラン役にスコット・グレン。刑務所の看守役にノエル・フィッシャー(シェイムレスのミッキー)。前所長のレイシー役にテリー・オクイン(LOSTのジョン・ロック)、その妻役にフランシス・コンロイ(シックス・フィート・アンダーのルース・フィッシャー)。

 ううむ、スティーブン・キングなので、オカルト系かなぁ? 化け物系?? この青年、何やら怪しく、恐ろしい力を持っている感じ。ヘンリーは白人家庭に引き取られた黒人の養子で、11歳の時に11日間失踪していたことがある人物。その直後に父親(牧師だったらしい)が瀕死の状態で発見され、直後に亡くなったが、ヘンリーは無事保護される。その間の記憶はないらしい。そのとき彼を発見したのがアランで、いま母親はアランと付き合っている様子。

 前所長はなぜ自殺したのか、この青年は何者なのか、なぜ監禁していたのか、ヘンリーの少年時代に何があったのか。

 シーズン1が10話、シーズン2も10話決まっているらしい。はたして謎はクリアになるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ド] コンドル ~狙われたCIA分析官~

 1975年の映画「コンドル」とその原作小説「コンドルの六日間」のドラマ化。WOWOWでシーズン1を一挙放送。映画版ではロバート・レッドフォード主演だったそうだが、この役を、ジェレミー・アイアンズの息子マックス・アイアンズが演じている。

Condor
 CIAの極秘組織「IEPデータ分析センター」で働く分析官ジョー・ターナー。ある日、親友でCIA職員のサムに呼ばれてCIA本部へ。2年前にジョーと同僚が開発したプログラムで、ある男がテロリストとして警告が出たためだった。男は何かを持ってアメフトのスタジアムへ向かっており、テロ犯として射殺すべきか否かの判断を迫られたジョーは、無実である可能性も考え、射殺はすべきではないとその場を立ち去る。だが男は射殺され、殺人ウィルスを散布しようとしていたことがわかる。
 さらに、他にも仲間がいるはずであること、犯行はまだ続くであろうことから、阻止するべく分析をすることになったジョーたち。だがIEPのオフィスが武装した2人組に襲撃され…

 ジョー役にマックス・アイアンズ。なかなかのイケメンだ。ジョーの義理の叔父ボブ役にウィリアム・ハート。民間軍事会社ホワイト・サンズ社の社員ネイサン役にブレンダン・フレイザー。久しぶりに見たけど、おっさんになっててショックー。ミラ・ソルヴィノや、ボブ・バラバンも出ているらしい。

 まだ1話しか見ていないのだが、スリリング!! 元の映画を知らない(見たことあるかもだけど覚えていないや)ので比較はできないが、肉体的訓練は受けていない分析官が主人公のあたり、「Rubicon」とちょっと似てるかも。オタクなのかと思いきや、自主的に運動していてなかなかのマッチョ。体力もあり、逃げ足も速い。そして頭脳明晰。

 シーズン1が10話、シーズン2も決まっているらしい。楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »