« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月25日 (木)

[ド] NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち

 WOWOWで始まったドラマ。セックス・アンド・ザ・シティのもうちょっと若い子版って感じかな。舞台はNYの女性誌編集部。こちら、実在の女性誌コスモポリタンの元編集長がモデルだそう。
 

 歴史ある有名女性誌「スカーレット」の編集部で働く、入社4年目の仲良し女子ジェーン、キャット、サットン。念願のライターに昇進したジェーンは、挫折を味わいながらも編集長の指導でライターとしての自信を付けていく。ソーシャルメディア・ディレクターのキャットは、イスラム教の女性写真家と知り合い、自身のセクシュアリティについて考え始める。敏腕編集者のアシスタントをしているサットンは、役員のリチャードと密かに突き合っている。そろそろアシスタントを卒業したいと考え始める。

 ジェーン役にケイティ・スティーヴンス。キャット役にアイシャ・ディー。サットン役にメーガン・ファヒー。編集長ジャクリーン役にメロラ・ハーディン(名探偵モンクのトゥルーディ)。役員のリチャード役にサム・ペイジ。

 人気のドラマのようなのだが、さすがに若いね(^o^; 20代女子の恋愛事情って、さすがにもう親目線なので、視点は編集長。この編集長が、きびしいながらもとても理解ある、いい人物。困っているジェーンをうまく導いている辺り、こういう上司いたら働きやすいだろうなと思う。実際、コスモポリタンの元編集長がモデルだそうで、制作総指揮ということなので、やっぱり編集長目線なのだろう。

 がんばれ20代女子!

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

[ド] The Crossing/未来からの漂流者

 スーパードラマTVで始まったドラマ。アメリカ・オレゴン州の小さな漁師町のビーチに大量の遺体がうちあげられ、それは未来からの漂流者だったと言うストーリー。#1を見た感じではちょっと「The Event」に似てるかな。


 アメリカ・オレゴン州の小さな漁師町ポート・ケイナン。保安官のジュードは、ビーチに遺体が打ち上げられたと言う連絡を受け現場へ。そこには複数の遺体があるばかりか、生存者も。そして海を見るとそこには大勢の遺体が… 数百人の遺体と47人の生存者。彼らの話を聞くと、未来のアメリカから、戦争を逃れてやってきたと言う。国家安全保障捜査局(HSI)の管轄となり、現場から閉め出されてしまったジュードだったが…

 ジュード役にスティーヴ・ザーン(マインド・ゲームのクラーク)。相棒ネスター役にリック・ゴメス(恋するブライアンのデイヴ・グレコ)。HSIのレン捜査官役にサンドリーヌ・ホルト(ホステージのサンドリーヌ、Homeland7のシモーヌ)。漂流者のリース役にナタリー・マルティネス(CSI:NY9のロヴァート)。

 平和な田舎町に突如やってきた未来からの漂流者。HSIが現場を仕切り始めたため、閉め出された保安官ジュードだが、彼はかつて都会の警官だったらしい。何かがあって静かな田舎町にやってきたと言う設定。妻子がいるが離婚していて、息子とはたまにしか会えない。そんな彼の元へ、リースが助けを求めてやってくる。リースの娘は他の生存者たちと一緒に保護されたが、リースだけはぐれて漁船に保護され、単身で娘を探しにやってきた。そして彼女には超人的な能力が…

 未来で何があったのか。未来での出来事に登場する支配する者たちと言うのは、遺伝子操作によって超人的な能力をもつようになった者らしい。と言うことはリースも?? そして、もうすでに先にやってきた人たちがいることもわかる。さてどうなる?

 全11話のようなので、これで完結するのかな?

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

[ド] ウェントワース女子刑務所

 FOXで放送が始まったオーストラリアのドラマ。ちょっと古いみたいね、2013年に始まったドラマらしい。女子刑務所が舞台なのは「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」と同様だが、こちらはもっともっとシリアス。「OZ」の女版って感じかな。5話まで観賞。


 普通の主婦だったビー・スミス。だが夫からの暴力に苦しめられていた彼女は、ある日、夫を自殺に見せかけて殺害しようとしたが失敗。殺人未遂の容疑で起訴されてしまう。ウェントワース女子刑務所へ収監されたビーは、過酷な環境の中で生き残れるのか…!?

 ビー役にダニエル・コーマック。刑務所内のボス的存在フランキー役にニコール・ダ・シルバ。元ボスでジャックス役にクリス・マクウェイド。世話役のリズ役にシーリア・アイルランド。ドリーン役にシャリーナ・クラントン。用心棒のブーマー役にカトリーナ・ミローズビック。看守長が死亡したため、後任の看守長になったエリカ役にリーアナ・ワルスマン。副看守長のヴェラ役にケイト・アトキンソン。元看守長メグの夫で看守ウィル役にロビー・マガシヴァ。

 ビーは普通の主婦だった。夫の暴力に耐えかね、発作的に殺そうとするが失敗。ウェントワース刑務所へ。この刑務所、かなり自由な感じで、テレビを見られたりコーヒーを飲めたり。個室がいくつかまとまって一つの監房になっているようで、この監房単位でチームのようになっている。そして同じチームにはボス的存在のフランキーが。フランキーはレズビアン、ドラッグの仕切っていたりして怒らせると怖いが、忠誠を誓えば守ってもらえる。そんなところへ、元のボス、ジャックスが独房から出てきたため、権力抗争勃発。さらに、看守長が何者かに殺害され、夫ウィルは犯人捜しに躍起になる。後任の看守長エリカにご執心のフランキー、まんざらでもない感じのエリカ。

 シーズン1が10話、シーズン2~6が12話、シーズン7も10話まで決まっているらしい。そうか、まだ続いているのか!

| | コメント (0)

[映] ゲティ家の身代金

 実際にあった誘拐事件を元にした作品。富豪が狙われるってのはわかるけど、身代金をケチるってのもすごいな…


 石油王ゲティの孫ポールが誘拐された。身代金は1700万ドル。だが母親ゲイルは離婚し、ゲティ家とは疎遠になっていた。ゲティに身代金の支払いを頼みに行くゲイルだったが、断られてしまい… ゲティは元CIAのチェイスに交渉役を頼むが、身代金を払うつもりはなく…

 ゲティ役にクリストファー・プラマー。ゲイル役にミシェル・ウィリアムズ。チェイス役にマーク・ウォールバーグ。ポール役にチャーリー・プラマー。ゲティの弁護士?役にティモシー・ハットン。

 ゲティの息子は甲斐性なしでゲイルと離婚。ゲイルが子どもたちを育てていたが、ゲティは孫のポールを気に入って、おそらく後継者にしたいと考えていたのだろう。だがゲイルが離婚後親権を取ったことで疎遠になってしまう。そしてポールが誘拐され、身代金を払えないゲイルはゲティを頼るが、払わないと突っぱねると言う設定。いろいろ複雑な思いがあるのはわかるが、全く払う気がないと言うのは人としてどうなのか。

 ゲティの言い分 →孫は他にもたくさんいて、1人に払うと他も狙われる と言うのもわからないではないが、どうやらゲティ氏は根本的にケチなようだ。美術品などにはお金を使うが、それも値切ったりしているし、とにかく無駄なお金は払わない徹底ぶり。そうだからこそそこまでの富豪になったのかもしれないが、やはり人としてどうなのか。

 そういう意味では、なるほどなな結末。やっぱり一番大切なのは人間関係だと思うよ。

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

[ド] GOOD BEHAVIOR/グッド・ビヘイビア

 ダウントン・アビーのメアリーお嬢様でお馴染み、ミシェル・ドッカリー主演のアメリカドラマ、AXNで一挙放送。


 刑務所から出所したばかりの女性レティは、ウェイトレスとして働いていたがクビに。お金のために高級ホテルの客室に盗みに入る。だがある部屋で物色している間に客が戻ってきてしまい、慌ててクローゼットに隠れる。戻ってきた男たちは、妻殺しを依頼する男と、請け負う殺し屋だった… 2人の会話を聞いてしまったレティは、ターゲットの女性を助けるか否か悩んだ結果、助けることにするが…

 レティ役にミシェル・ドッカリー(ダウントン・アビーのメアリー)。殺し屋ハビエル役にファン・ディエゴ・ボト。アルゼンチンの俳優さんだそう。初めて見たけれど、惚れたー 格好良すぎる- レティの保護観察官クリスチャン役にテリー・キニー(OZのマクマナス)。レティの母エステル役にルシア・ストラス。レティの息子ジェイコブ役にナイルズ・ジュリアン・スティール。FBI捜査官役にアン・ダウド(Left Overのパティ)。

 レティは悪い人間ではない。だが我慢強い方ではなく、自制心がないと言うのか、依存症だ。アルコール依存症であり、ドラッグ依存症であり、そして万引き依存症だ。辛いことがあると酒に逃げる。ドラッグや酒をやめようとすると、万引きで気分を晴らす。この辺は病的。犯罪歴があるために、息子は母親エステルが育てている上に、接近禁止令もとられており、近づけない。だがなんとか更生して、息子と暮らしたいと願っている。

 そんな中、仕事を失い、再び盗みをする。そこで偶然、聞いてはいけないことを聞いてしまう。そのまま逃げることもできたのだが、殺されてしまう女性のことを考え、黙っていることができなかったレティ。彼女を助けるために、殺し屋ハビエルに近づき情報を得て先回り。女性を救ったつもりだったが… と、どう展開するのか全く予測の付かないストーリー。

 ハビエルにも物語がある。次第にハビエルと親密になるレティ。2人の間に奇妙な絆が。ミシェル・ドッカリーがアメリカ人役(しかも盗癖、アル中、ドラッグ依存という役)ってのも驚きだが、彼女の演じるレティは複雑なのにとっても魅力的。そして、殺し屋ハビエルがまた、なんとも魅力的な男性なのだ。

 シーズン1の10話を一挙放送、一気に観賞。シーズン2も10話あるようなので、早く見たいなー

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »