« [映] リトルアクシデント ー闇に埋もれた真実ー | トップページ | [映] 人生、サイコー! »

2019年5月 1日 (水)

[映] デビルズ・ノット

 こちらは2013年の作品で、実際に起こった事件を描いた作品。のどかな田舎町で、3人の少年が全裸の遺体で発見されると言うショッキングな事件を描く。真犯人はつかまっていないらしい。

Devils-knot
 1993年、アーカンソー州ウェスト・メンフィス。こののどかな田舎町で、3人の少年が失踪。捜索の結果、川から全裸の遺体で発見される。手足は縛られており、すぐに悪魔崇拝者だという3人の若者が逮捕される。若者はオカルト好き、ヘヴィメタファンだということで、悪魔崇拝者と決めつけられ、取り調べや裁判の過程で犯人に仕立て上げられていく。だが捜査に疑問を感じた調査員ロンは、弁護側に協力を申し出、調査に乗り出す。

 被害少年の母パム役にリース・ウィザースプーン。調査員ロン役にコリン・ファース。判事役にブルース・グリーンウッド。同じ年頃の少年を持つシングルマザー、ヴィッキー役にミレイユ・イーノス(米国版Killingのサラ・リンデン刑事)。

 これは怖い。何が怖いって、無実の青年があれよあれよと言う間に犯人に仕立て上げられてしまう。魔女狩りや魔女裁判を思い出す。ちょっと人と変わっているとか、ヘヴィメタのファンで奇抜な格好をしていると言うだけで、きっと悪魔崇拝者だから彼らが犯人に違いないと決めつけてしまう。少年たちは靴紐で手足を縛られていた。これは犯人しか知らない事実。だが無理矢理自白を強要された青年たちはロープで縛ったと証言する。明らかに矛盾する証言だが、自白したと言うことで刑が確定。

 真犯人はつかまっていないそうだが、明らかにあやしい人物が… こういうことを無くして欲しいね。

|

« [映] リトルアクシデント ー闇に埋もれた真実ー | トップページ | [映] 人生、サイコー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [映] リトルアクシデント ー闇に埋もれた真実ー | トップページ | [映] 人生、サイコー! »