« [映] アイ・アム・マザー | トップページ | [映] アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル »

2019年6月16日 (日)

[映] 復讐のドレスコード

 子どもの頃に同世代の少年を殺したと疑われながら町を去った女性が、母親の介護のために町に戻った事から起こる騒動を描く。舞台はオーストラリアだ。

The-dressmaker
 オーストラリアの田舎町ダンガターへ、25年ぶりに戻ったティリー。彼女は少年スチュワートを殺したと疑われたまま町を去り、寄宿学校へ行った後、世界を転々としていたのだった。認知症の母モリーの面倒を診るために戻ってきたのだったが、25年前のことを覚えている住民も。ティリーが着ている服が話題になり、自身でデザインして仕立てたものとわかり、仕立ての依頼が舞い込むように。そして近所に住む男性テディと親しくなるが…

 ティリー役にケイト・ウィンスレット。テディ役にリアム・ヘムズワース。モリー役にジュディ・デイヴィス。巡査部長役にヒューゴ・ウィーヴィング。

 町中全員知り合いというような、かなりの田舎町。25年前の事件は当然みな知っており、ティリーのことをよく思わないものもたくさんいる。それでもめげずに母親の面倒を診るティリー。そんな彼女に惹かれるテディ。ティリーの服が話題になり人気となる中で、25年前に怒ったことが少しずつわかってくる。

 シリアスなストーリーの割にはコミカルな描き方で、思いも寄らぬ方向にどんどん展開していく。逆境にもめげずに着実に自分の道を行くティリーに好感。テディは… アホやなぁ…

|

« [映] アイ・アム・マザー | トップページ | [映] アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [映] アイ・アム・マザー | トップページ | [映] アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル »