« [ド] ブルックリン・ナインーナイン | トップページ | [ド] ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ »

2019年9月30日 (月)

[映] ホテル・ムンバイ

 アド・アストラを見に行こうとシアタス調布の上映時間を調べたら、午後しかない。基本、映画館へは午前中に行くことにしている(午後だと睡魔に襲われる)ので、午前中にやっているところ、できれば早い時間帯… と探していたら、多摩センターのイオンシネマがヒット。よし、多摩センターへ行くぞと他の上映作品を見ていて、ホテル・ムンバイを見つけた。なんかこっちの方が面白そう!? でも上映は11:55~ってずいぶんと中途半端な時間帯…

 結局、早めに行って早めのランチを食べ、初のイオンシネマ多摩センターへ。こちら、プレミアシートなる、ちょっとゆったり目のシートが無料で選べる! だけど、あまりに快適すぎて、しかもお腹いっぱいで、始まって早々に睡魔に… でもすぐに覚醒。ハラハラドキドキの展開だ。実際に起こったテロ事件を描いた作品とのこと。

Hotel-mumbai
 2008年インド、ムンバイ。5つ星ホテル「タージマハル・パレス・ホテル」のレストランで働くアルジュンは、いつものように職場へ出勤。靴を片方忘れてしまい、上司から怒られるが、職務をこなしていた。その頃、テロリストたちが数名ずつに分かれてレストランなどを襲撃し始める。ホテルに大勢の観光客などが逃げ込んできて事態に気づいたホテルマンたち。あっと言う間にホテル内にもテロリストが侵入。無差別に銃撃を始め、修羅場と化した… アルジュンたちは客を守るべく、安全な場所へ避難させるが、警察の特殊部隊はデリーからやってくると言う…

 アルジュン役にデヴ・パテル。彼、ずいぶんと背が高いのね… ホテルの客役でジェイソン・アイザックス、アーミー・ハマー、ナザニン・ボニアディなど。

 いやはや、これは緊張の連続というか、ハラハラドキドキで手に汗握ると言うか… その場から逃げ出した方がいいのか、その場に隠れていた方がいいのか、判断がすごく難しい。しかものんびり考えている余裕はない。そんな中、アルジュンたちホテルマンはお客たちを救うために最善を尽くす。

 海外で旅行中にテロにあったらどうすれば良いのだろう? ホテルで食事中にテロリストが来たら? ホテルの客室でシャワー中だったら? 街中のレストランで食事中だったら? ちょっとした行動の違いが生死を分ける。運もある。そんなことを考えさせられた。けど… 神の名の下に銃撃しまくってるけどさ、そんな事許す神はいないし、いるとしたらそんなの神じゃないよ! 目を覚ましな!!

|

« [ド] ブルックリン・ナインーナイン | トップページ | [ド] ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [ド] ブルックリン・ナインーナイン | トップページ | [ド] ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ »