« [ド] ウィッチャー | トップページ | [映] ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ »

2019年12月29日 (日)

[映] デンジャラス・ディール 詐欺師の逆襲

 なんかすごいスリリングな映画を想像していたのだが、あまりパッとしなかったな…

Pocket_listing
 LAで不動産会社に勤めるやり手営業マン、ジャック。トップの成績を誇っていたが、社長ロンに気に入られたため、息子アーロンに妬まれ、ハメられてしまう。やむなく退職、騙されて投資したおんぼろマンションに住み、家賃収入で細々と暮らす。1年後、美女ラナとちょっと変わり者の夫フランクから突然、豪邸を売る手伝いを頼まれたジャック。再び不動産の仕事に戻ることになるが…

 ジャック役にジェームズ・ジャーディ。ラナ役にジェシカ・クラーク。フランク役にロブ・ロウ。ロン役にバート・レイノルズ。アーロン役にアーロン・フェイヒー。ジャックの友人トミー・ボーイ役にアダム・ワイリー(ピケットフェンスのザッカリー!!)。

 IMDBの評価が高かったので見てみる気になったのだが、はっきり言って面白くなかった。と言うか、面白さがわからなかった。詐欺師の逆襲って副題が付いているが、ってことはこの主人公が詐欺師ってこと? あおって不動産を高く売りつけるんだから詐欺師みたいなもんか。でも成績トップで天狗になっていたところをハメられてしゅんとしてしまい、おんぼろマンションの家賃収入で細々と暮らすことに満足指定し待っていたジャック、復讐に燃えてきたわけではない。舞い込んだ仕事に偶然相手が絡んできただけだし… ってかそもそもフランクとラナの夫婦って謎過ぎだし、なんで彼に依頼したのかもわからんし。

 主役の人、全く知らないし、演技もうまくないし、なんだかな。

|

« [ド] ウィッチャー | トップページ | [映] ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [ド] ウィッチャー | トップページ | [映] ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ »