« [映] フォードvsフェラーリ | トップページ | [ド] コードネーム:ウイスキー・キャバリエ ふたりは最強スパイ »

2020年1月17日 (金)

[映] ジョジョ・ラビット

 こちらもアカデミー賞作品賞にノミネートされている作品。イオンシネマ新百合ヶ丘で上映が始まったのでちょっと遠征。第二次大戦中、ヒトラーに憧れ、ヒトラーを空想上の友達にしている10歳の少年が、自宅にユダヤ人少女が匿われていることを知ってしまい… と言うストーリーだが、なんともコミカルに描かれている。オープニングにビートルズの「I wanna hold your hand」のドイツ語バージョン、エンディングにデヴィッド・ボウイの「Heroes」のドイツ語バージョンが使われている。作品賞の他に、助演女優賞(スカーレット・ヨハンソン)、脚色賞、衣装デザイン賞、美術賞、編集賞にノミネートされている。そうか、スカーレット・ヨハンソンは「マリッジ・ストーリー」で主演女優賞、この作品で助演女優賞にノミネートされているのね…

Jojo-rabbit
 第二次大戦中のドイツ。母ロージーと2人暮らしの10歳の少年ジョジョは、ヒトラーに憧れ、空想上の友達もヒトラー。ヒトラーユーゲント(ナチス青少年団)の立派な隊員になることが夢。ついに念願叶ってヒトラーユーゲントの合宿に参加することになって張り切るが、心優しいジョジョは、ウサギを殺すよう言われたものの実行できず。臆病者のジョジョ・ラビットとからかわれる。なんとか汚名返上しようと手榴弾投げを勝手に実行するが、失敗して負傷。隊からはずされてしまう。自宅療養していたジョジョは、亡くなった姉の部屋で物音がすることに気づき、隠し部屋を発見。中にユダヤ人の少女エルサがいるのを見つけてしまう…

 ジョジョ役にローマン・グリフィン・デイヴィス。母ロージー役にスカーレット・ヨハンソン。エルサ役にトーマシン・マッケンジー。ユーゲントのクレンツェンドルフ大尉役にサム・ロックウェル。部下のフィンケル役にアルフィー・アレン(ゲーム・オブ・スローンズのシオン・グレイジョイ)、ミス・ラーム役にレベル・ウィルソン。ジョジョの家を捜索に来たディエルツ大尉役にスティーブン・マーチャント(エキストラのダレン)。そしてジョジョの空想上の友達ヒトラー役にタイカ・ワイティティ。彼が監督だ。

 ジョジョはヒトラーに憧れる少年。ユダヤ人は怖くて角が生えていると本気で信じている。そう教わったからだ。ヒトラーユーゲントに入るため、張り切って合宿に参加するが、武器の使い方とか殺し方とかを教わる合宿、心やさしいジョジョには明らかに向いていない。それなのになぜヒトラーに憧れるのか。

 母ロージーはこっそりユダヤ人少女エルサを匿っている。ジョジョには姉がいたが、亡くなっているらしい。その子と同じ年頃のエルサに娘の姿を重ねている。そんな母親に育てられながら、なぜジョジョの思考はヒトラー憧れになるのか。真実を伝えると息子が危険になるから? そういう思想を持っていると目を付けられるから?

 エルサを見つけてしまったジョジョは、最初は怖い生きものだと思い込んでいたが、次第に打ち解け、自分たちと何も変わらないことに気づく。知らないことから起こる誤解って怖い。大人は本音と建て前を使い分けられるけれど、子どもは純真だ。教わったことを素直に信じてしまう。

 とてもコミカルに描かれているが、戦争中の、とても悲しい話だ。

|

« [映] フォードvsフェラーリ | トップページ | [ド] コードネーム:ウイスキー・キャバリエ ふたりは最強スパイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [映] フォードvsフェラーリ | トップページ | [ド] コードネーム:ウイスキー・キャバリエ ふたりは最強スパイ »