« [映] ポリス・ストーリー/REBORN | トップページ | [ド] ナイト・マネジャー »

2020年4月 5日 (日)

[映] バイス

 去年のアカデミー賞で、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した作品。ノミネートはたくさんされてたんだけどね… ブッシュ大統領の時に副大統領を務めたディック・チェイニーの伝記映画なのだが、彼の役をクリスチャン・ベールがやったと言うことでとても話題になった。確かに、似ても似つかないのに…

Vice
 エール大に合格しながらも、酒癖が悪く退学になり、電気工として働いていたディック・チェイニー。婚約者のリンに、このまま飲んだくれていたら別れると迫られ、一念発起。連邦議会のインターンとして下院議員ラムズフェルトの元で働くことに。政治について学んだ彼は、次第に頭角を現し、企業の要職などに就いた後、立候補をすることになったジョージ・W・ブッシュから副大統領を打診される。お飾りだった副大統領というポストに、権力を持たせるよう約束させ、大統領となったブッシュを巧みに操って権力を握る…

 チェイニー役にクリスチャン・ベール。妻リン役にエイミー・アダムス。ラムズフェルド役にスティーヴ・カレル。ブッシュ役にサム・ロックウェル。チェイニーの次女メアリー役にアリソン・ピル(ニュースルームのマギー、ピカードのジュラティ博士ほか)。国防副長官ウォルフォウィッツ役にエディ・マルサン(レイ・ドノヴァンのテリー)。チェイニー副大統領の首席補佐官リビー役にジャスティン・カーク(Jack&Jillのバート、Weedsのアンディなど)。コンドリーザ・ライス役にリサ・ゲイ・ハミルトン(ザ・プラクティスのレベッカ)。語り部のカート役にジェシー・プレモンス(ブレイキング・バッドのトッド、Fargo2のエド)。

 かなり長いのでなかなか見る気力が出なかったのだが、実に興味深かった。まさに2001年の同時多発テロの時、ブッシュ政権で副大統領をしていたチェイニー。若い頃はアルコールでかなり失敗をやらかしていたらしい。だが当時から付き合っていた恋人リンが彼を立ち直らせ、お尻をたたいてあそこまで上り詰める手助けをしたらしい。彼女なくしてはいまのチェイニー氏はいなかっただろう。

 学業にはあまり向かなかったようだが、政治には長けていたらしい。一時は政界から身を引いていたが、ブッシュから副大統領候補の打診を受け、ちょっと考えて引き受けることに。副大統領は完全にお飾りというか、大統領に何かあった時のバックアップでしかないので、ほぼ出番はないと馬鹿にしていた座。だが、ブッシュを巧みに操り、権限が副大統領のもとに集まるように仕向ける。ブッシュ政権を影で操っていたのは彼だったのか。

 それにしても、実在の人物にそっくりなメイクアップでびっくり。クリスチャンベール、相当太ったのだろうけど、それでも全然似ていない彼をそっくりにしたメイクアップは、受賞にふさわしいね。




|

« [映] ポリス・ストーリー/REBORN | トップページ | [ド] ナイト・マネジャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [映] ポリス・ストーリー/REBORN | トップページ | [ド] ナイト・マネジャー »