« [映] スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム | トップページ | 川崎生活の思い出に »

2020年4月18日 (土)

[映] ビリーブ 未来への大逆転

 WOWOWで放送。実話に基づいた作品とのことで、1970年代に男女平等裁判に挑んだ女性弁護士の物語。

On-the-basis-of-sex
 1956年、ハーバード・ロースクールに入学した数少ない女性ルース・ベイダー・ギンズバーグ。年上で先にこの大学のロースクールで学んでいた夫マーティンに続いて入学したルースだったが、直後にマーティンがガンを発症。夫の看病と育児、夫の分の授業を受けるなど過酷な生活を持ち前のガッツで乗り切ったルース。
 2年後、マーティンのガンが寛解し、ニューヨークの法律事務所で働くことに。夫を支えるため、コロンビア大学で単位を取得、その単位でハーバードの学位を得ようと交渉するが却下されてしまい、コロンビア大学に移籍することに。その後、主席で卒業するが、どこの法律事務所でも雇ってもらえず。やむなく、ラトガース大学で学生に講義をする道を選ぶ。
 1970年、マーティンが持ち込んできた案件に興味を持ったルース。それは、働きながら母親を介護するために介護士を雇うことにしたモリッツという男性が、独身であることを理由に所得控除を受けられないと言うもの。これは男性の性差別だと考えたルースは、訴訟を起こし、性差別を是正する第一歩にしたいと考えるが…

 ルース役にフェリシティ・ジョーンズ。マーティン役にアーミー・ハマー。ルースの旧友でアメリカ自由人権協会(ACLU)のメンバー、メル役にジャスティン・セロー(The leftoversのケヴィン)。ベテラン女性弁護士役にキャシー・ベイツ。ロースクールの学長役にサム・ウォーターストン(The Newsroomのチャーリー、ゴッドレスの保安官)。最後に本物のルース・ベイダー・ギンズバーグ本人がちょっとだけ出演。最高裁判事まで務めた人らしい。

 すごいなー、こういう人がいたから今のアメリカがあるんだろう。アメリカって意外と保守的で、女性は家庭を守るもの的考えが長く女性を束縛していたとのこと。なるほどね、「ハンドメイズ・テイル」の思想って、あながち突飛ではないのだろう。夫を支えつつ自らの信念も曲げずに闘う姿はなんとも頼もしいし、そんな妻を支える夫マーティンも素晴らしい。ルースさん、87歳でご存命らしい。

|

« [映] スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム | トップページ | 川崎生活の思い出に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [映] スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム | トップページ | 川崎生活の思い出に »