« [ド] ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー | トップページ | [ド] クイーンズ・ギャンビット »

2020年11月11日 (水)

[ド] プロディガル・サン 殺人鬼の系譜

 WOWOWで始まったドラマ。父親がシリアルキラーである主人公が、プロファイラーとなって殺人事件に挑むと言うストーリー。羊たちの沈黙とかハンニバルにちょっと通じるものがあるけど、自分の父親がシリアルキラーって設定はかなり衝撃的。タイトルのプロディガル・サンと言うのは放蕩息子という意味らしい。

Prodigalson  FBIのプロファイラー、マルコムは、シリアルキラーを見つけて追い詰めるが、説得している最中に保安官によって射殺されてしまったことから、怒って保安官を殴り、解雇されてしまう。その後、知り合いの警部補ギルに頼まれ、ニューヨーク市警の殺人事件の捜査に協力。その犯行現場に足を踏み入れたマルコムは、遺体の状況を見て、かつてあった連続殺人事件の模倣と見抜く。そしてその犯人こそ、マルコムの父親だった…

 マルコム役にトム・ペイン(ウォーキング・デッドのジーザス)。父で外科医のシリアルキラー、マーティン役にマイケル・シーン。母役にベラミー・ヤング(スキャンダルのメリー・グラント)。警部補ギル役にルー・ダイアモンド・フィリップス。NY市警の刑事役にオーロラ・ペリノー(ハロルド・ペリノーの娘さんらしい)、フランク・ハーツ。

 マルコムは、自分の素性がバレることを恐れて名前を変えている。しばらくは刑務所の父に面会して犯行について聞いていたようだが、10年前に会うことをやめた。だが今回の事件がきっかけで再び会うことに。シリアルキラーに他の事件について助言を求めると言うのはまさに羊たちの沈黙のハンニバルとクラリスのよう。だがこちらは実の親子ということで、心はもっと複雑。マルコムは心に傷を負っている。父の犯行を知り、通報したのは少年だったマルコムらしく、そのときやってきた警官がギルで、それ以来の付き合いのようだ。

 シーズン1が20話。2も決まっているらしい。さて、どんな事件が待ち受けるのか。

|

« [ド] ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー | トップページ | [ド] クイーンズ・ギャンビット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [ド] ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー | トップページ | [ド] クイーンズ・ギャンビット »